× Q 翻訳訳語辞典
wretched   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いまいましい
   
be strike down by this wretched scourge of influenza: このいまいましい流感という病に倒れる セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 31
うとましき
   
wretched pedants: うとましき衒学者ども ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 52
つまらない
   
wretched misgivings: つまらない危惧 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 23
なさけなくも
   
the wretched truth: なさけなくも真実 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 285
みじめったらしい
   
the wretched Turkish kitchen: みじめったらしいトルコ人の調理場 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 509

哀れな
   
wretched old sinner: 哀れな老人 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 72
a wretched imposture: 哀れな付け焼刃 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 159
悪化
   
sb’s health is in wretched shape: (人の)健康状態はどうしようもなく悪化していく ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 524
因果な性分
   
feel wretched at not being able to feel ...: 〜と考えることのできない自分を、因果な性分だとおもう 吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 212
惨憺たる
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 100
惨澹たる
   
be wretched: 惨澹たる 安部公房著 ソーンダーズ訳 『他人の顔』(The Face of Another ) p. 8
情けない
   
wretched face: 情けない顔 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 7
駄目な
   
think one be a wretched failure: 自分は駄目な人間だと腐る フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 234
馬鹿
   
obsession with that wretched daughter: あの馬鹿娘にたいする親馬鹿ぶり ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 172
悲しい
   
begin in a wretched snuffling whine: 悲しい鼻声を出す 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
貧相な
   
remain as wretched as ever: 相変らず貧相なものにすぎない 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 344

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

be single-mindedly wretched: 一途に惨めな思いにひたる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 23
feel wretched at doing: 侘びしくなっちゃう
有吉佐和子著 タハラ訳 『恍惚の人』(The Twilight Years ) p. 100
a poor wretched life: ポンコツ人生
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 385
all the wretched misgivings: 今までのつまらない危惧
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 23
there is a smell of something old and wretched in the air: 饐えたようなかびっぽい臭いが空気の中にかぎとれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 166
I obviously presented a wretched face,: 私はよほど情けない顔をしていたらしく
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 7
be wretched: 打ちひしがれた気分だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 20
wretched-looking:どことなく貧相に見える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 477
wretched-looking:みすぼらしい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 19
ツイート