× Q 翻訳訳語辞典
grasp   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜をとらえる
   
grasp things simultaneously in terms of both their aspects of A and B: 物事をAとBの両面においてとらえる 土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 10
〜をのみこむ
   
grasp the situation: 事態をのみこむ 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 179

つかまえられる
   
give a grasp of the most Japanese characteristics of all: 最も日本的な特色がつかまえられる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 6
つかむ
   
it is almost as if sth is trying to grasp one: 〜に、いまにも全身をつかまれそうな感じだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
grasp sb’s hand, squeeze tight: (人の)手をつかみ、ぎゅっと強く握る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 512
つまむ
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 328
とらえる
   
grasp it: それがなにか、はっきりとらえる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 134
とらわれている
   
be in the grasp of ...: 〜にとらわれている ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249
とる
   
grasp one’s sweatslimy hands: 汗でぬるぬるする(人の)手をとる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 138
のみこむ
   
seem unable to grasp sth: 〜をとっさにはのみこめぬらしい 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 29
grasp the significance of it all: ことの意味をのみこむ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 130
よくわかる
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 34
よく承知している
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 430

飲みこめる
   
begin to grasp what sb is trying to say: (人の)言おうとすることがだいたい飲みこめる 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 74
察する
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 93
思い出す
   
Confused, I tried to grasp it, but it had already been forgotten: あわてて思いだそうとしたが、もう忘れてしまっている 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 8
   
tearing one’s hands away from sb’s grasp: (人の)手から自分の手を振りほどく ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 146
break from one’s grasp: 手から抜け出る 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 48
拾い読みにする
   
can’t grasp the gist of ...: 拾い読みにする余裕もない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 140
知る
   
can grasp only the vaguest outlines: そのほんの輪郭を知るのがせい一杯だ 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 252
通じる
   
grasp the joke: ジョークが通じる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 189
把握
   
have a grasp of ...: 〜をしっかりと把握する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 226
把握する
   
grasp the problem: 問題の全貌を把握する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 45
把握する力
   
a canny grasp of ...: 〜を抜け目なく把握する力 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
理解
   
beyond one’s grasp: 理解の範囲をこえる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 33
理解する
   
grasp what sb have meant: (人の)言葉の真意を理解する トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 79
縋りつく
   
<例文なし> 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 91

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

grasp sth: (物事に)思いいたる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 42
stay outside one’s grasp: 手がとどかない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 133
remove ... from sb’s grasp: 〜を(人に)見せない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 211
hold sb in sth’s grasp: (人を)包みこむ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 225
have no clear grasp of ...: 〜がよく飲み込めていない
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 140
have a full grasp of the day that lay ahead: 今日の予定を完全に頭に入れる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 11
grasp sb’s hands in one’s own: (人の)両手をつつみこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
grasp sb’s hand firmly: (人の)手をしっかりひく
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 95
clumsily grasp one of one’s hands: ぎこちなく(人の)手をとる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 278
can grasp less than half of ...: 半ば訳がわからない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 191
be within our grasp: (人は)袋の鼠だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 416
be there for sb to grasp: (人の)手を待ち受けている
ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 126
grasp the complexities of sb’s nature: (人の)心の細かい襞に入っていく
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 29
grasp the hands extended to one: さしのべられた二本の手を握る
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 20
imperfect grasp of the art of elegance: ぎくしゃくした優雅
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 123
The unbroken trance still held me in its grasp: とめどない放心と酩酊とがぼくを包みこんだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 225
grasp a vivid sensation of ...: 〜の感覚をまざまざと握る
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 59
ツイート