× Q 翻訳訳語辞典
spring   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
とびあがる
   
spring nimbly on shore: 身がるに岸にとびあがる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 324
とびかかってくる
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 146
とびだす
   
spring out: ぱっととびだす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 409
はずみ
   
there is a spring in one’s step: 足の運びにもはずみがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 136
have a spring in one’s step: (人の)足どりにははずみがある クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 119
ひらりととびうつる
   
spring from the boat: ひらりと岸にとびうつる ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 324

活力
   
sudden but without spring: 唐突なだけで活力のない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 62
元気
   
put the spring into sb’s stride: (人に)元気を吹きこむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 275
口にする
   
spring some of the questions one have planned to ask sb: (人に)しようと思っていた質問をいくつか口にする ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 113
   
they cover my yard each spring with fine yellow flowers: 春になると庭一面に黄色い花が咲き乱れる フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 106
it is late spring: 季節は春の終わりころだ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 281
in the small hours of a spring morning: 春の夜明け前 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 255
生まれる
   
be just another of those neighborhoods that have sprung up: このような〜の場所が、雨後の筍のように生まれる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 561
走る
   
spring an obstacle course: 障害物コースを走る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 157

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

until late spring: 夏になるまでのあいだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 59
spring water: ミネラル・ウォーター
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 65
spring up: 飛び起きる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 160
spring from ...: 〜は〜のためである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 133
spring at ...: 〜をめがけて飛びかかる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 132
spring around: あっちこっち脱線する
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 112
early spring: 早春
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 25
the trees spring into leaf: 樹々がいっせいに芽をふく
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 62
take a nimble spring upward: ヒラリと身軽く飛び上がる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 58
suddenly spring into activity, making frantic efforts to do: 狼狽して〜する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 273
spring the door open: ドアを打ち破る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 365
spring out of one’s seat: サッと立ち上がる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 301
spring on one’s knees: きりきり舞いする
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 269
spring it all on sb: (人に)いきなりわっと飛びつく
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 442
spring into the breach: すかさず割ってはいる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 247
spring into sb’s mind: ふいに胸に浮かびあがってくる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 55
spring back on rubber bands: 輪ゴムでひっかけて可動式にする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 27
spring away from ...: 〜から、とびすさって逃げだす
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 51
ready to spring into action at any moment: すぐにも動きだしそうな様子だ
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 25
make spring at sb: (人へ)飛びかかる
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 9
make a spring for ...: 〜にとびかかる
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 310
have sprung fully grown and totally lost: すっかり途方にくれてさまよい出る
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 14
a noble set of markings springs into view: みごとな指の跡が一揃い浮き出る
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 151
... spring from everyday language: 〜は日常語である
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 42
spring into action: 大活躍を演じる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 380
all spring: 春のあいだじゅう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
approach of spring: 春の近さ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 289
it is spring in ...: (場所に)春が訪れている
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 84
it is spring: 春が来る
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 19
Besides, she's going to Pontocho next spring: それに、ちいちゃんは来年の春から、先斗町へいかはんのどす
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 209
between spring and autumn: 春先から秋口にかけて
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 147
the blundering mechanisms that spring up in sth’s shadow: (物の)ぶざまな追随者
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 78
it have been a boring spring: 退屈な春を迎えている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
one bright morning in spring: うららかな春の朝
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 47
in a bright spring outfit: 鮮やかな色合いの春服を着て
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 211
with a broken rear spring: リア・スプリングのいかれた
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 239
Certainly there was something unusual about this spring's brilliance: だってこの春の花やかさは只事ではないのであった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 147
despite the chill of spring: まだ肌寒い春なのに
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 149
It was a cloudy, soft spring day: 花ぐもりぎみの、やわらかい春の日であった
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 6
the cold spring air: 冷え冷えとした春の空気
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 259
when spring have at last really come: 春も盛りとなった頃
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 138
spring some Mediterranean con on sb: 地中海式の舌先三寸で売り込みをかけてくる
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 125
be the main-spring of conversation in certain quarters of the town: 町の一角の話題は〜で持ちきりだ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 210
how desperately sb look forward to spring: (人が)どんなに春がくるのを待ちわびるか
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 154
the spring flowers die away: 春の花がしぼむ
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 62
all flows in the reverse direction to spring: 春とは逆に
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 169
This had rather disappointed Wilma, because it had been a boring spring: 退屈な春を迎えていたせいもあって、ウィルマはむしろものたりない思いだった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
during the spring through autumn of 19XX: 19XX年の春から秋にかけて
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 429
each spring: 春になると
one early spring day: 春まだ浅い日のこと
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 23
the poignancy of the spring evening: 春のよいのうれい
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 22
spring excitedly: ぱっと立つ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 94
have an extra spring: (人の)足どりは一段と軽やか
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 234
fairly spring in: まっさかさまに飛びこむ
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 102
it really feels like spring: なんとなく春めいてきた
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 31
flames spring up from ...: 〜から火の手が上がる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 89
the gracious spirit of spring: 快い春らしさ
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 44
be a spring-time in the haggard winter of sb’s life: 霜枯れ果てた(人の)生涯の冬に春の光をもたらす
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 65
forsythia that herald the approach of spring: 春の近さを思わせる連翹
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 289
transition from spring to summer here is almost immediate: 高山では、いっぺんに春から夏へ移ってしまう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 164
spring had indeed come: これこそ春だ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 14
in the mountains spring is inevitably late: 山の春はずっと遅れるのが定めだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 162
last spring: 今年の春
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 337
late spring: 晩春
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 16
in response to the lure of the spring sunshine: 春の日光にさそわれて
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 364
when the scents of late spring are mingling with the breath of early summer: 晩春の香りを初夏の息吹が入りまじった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 146
spring naturally to one’s mind: (人の)頭にひょいとうかぶ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 148
perrenial college campus in spring: いつもの春の大学の風景
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 188
pleasant spring day: うららかな春の日
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
spring prom: 春の学園祭
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 285
real vitality of spring: 本格的な春
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 164
save oneself by spring back: 跳びのいてのがれる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 45
spring only from the sheer passive acceptance: 事態をただただ受動的にうけいれているためである
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 133
sb was spring-loaded: (人が)せっかちだ
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 230
the water runs timelessly from it’s clear spring: 水は清らかな泉からこんこんと湧き出ている
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・解放の呪文』(Wind's Twelve Quarters ) p. 120
spring training: スプリング・キャンプ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
spring the trap: 火箭をひらく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 225
unwind in the inn’s hot spring bath: ゆっくり温泉につかる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 223
warm spring breeze: 心地の良い春の風
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 195
ツイート