× Q 翻訳訳語辞典
heave   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いきおい
   
with a tremendous heave heave: ものすごいいきおいで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
ふるえる
   
be heaving slightly as if one were out of breath: 荒い息のなかでこきざみにふるえている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
ほうりあげる
   
heave sb the length of the house: 天井高く(人を)ほうりあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127

持ち上げている
   
heave up sth: 〜を持ち上げている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 461
上下する
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
大きくふくれあがる
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
大波のように揺れ動く
   
heaving to and fro: かなたこなた大波のように揺れ動く ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 58
放り投げる
   
pick sb up and heave sb through the window: (人の)身体をひっつかんで窓の外に放り投げる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393
湧き起こる
   
heave with a surge of joy: 愉快の念が湧き起こる 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 91

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

heave up: めくれあがる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 5
heave to: ヒーブツー
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 146
the occasional heaving and cranking of a big building in ...: 〜のなかに立つ大きなビルのときおりのざわめき
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
heave to alongside the ...: 〜号に接舷する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 215
heave a long, deep sigh: 太い息をもらす
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 16
heave a groaning sigh: 悲鳴のような溜息をつく
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 58
heave a deep sigh: ああ、と深く息する
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 123
heave ... wide open: 〜を大きくあけ放つ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 208
heave ... down into a deep ravine: 〜を谷底に蹴落とす
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 428
feel light and heave at the same time: 軽いようでだるいようで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
slam the door with a tremendous heave: ものすごいいきおいでドアをしめる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
with a tremendous heave: ものすごいいきおいで
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 333
ツイート