× Q 翻訳訳語辞典
loose   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いいかげんな
   
loose ends: いいかげんな情報 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 237
くだけている
   
The language of sb’s dictations is looser: (人の)言葉遣いはずいぶんとくだけている べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 4
ぐらぐらした
   
a loose window: ぐらぐらした窓 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 253
けだるい
   
feel loose: けだるくなる エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 172
じわりと
   
feel hot, loose tears behind one’s eyes: 眼の奥からじわりと熱いものがこみあげてくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
ずさん
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 52
だぶついた
   
loose pale flesh: だぶついた白い皮膚 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 172
だらんとした
   
a loose bed-gown: だらんとした寝室用部屋着 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 154
つなぎを解く
   
go to loose the beast: 馬のつなぎを解きに行く E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 57
はなす
   
loose sth: (物を)はなす オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 136
before sb can loose sb’s grip: 手を放すひまもなく セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 160
ほつれる
   
come loose at the seams: 縫い目がほつれてくる ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 68
まとまりのない
   
loose group: まとまりのない集団 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
ゆっくりくつろいだ
   
walks to and fro in one’s loose chamber-robe: ゆっくりくつろいだ部屋着のままで、部屋の中をぐるぐる回り始める ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 226
ゆったりした
   
looser trousers: もっとゆったりしたズボン デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 30
ゆるみ
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 284
ゆるやかに
   
sb’s hair loose and disappearing down sb’s back: 髪をゆるやかに後ろに流している フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 98

何かがつかえているわけでもない
   
It seemed loose: 何かがつかえているわけでもなさそうである フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 148
解きはなつ
   
loose sb from sb’s oath: (人を)言葉の縛めからときはなつ ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 85
形も定かならぬ
   
a loose hood: 形も定かならぬ頭巾 スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 43
軽く
   
close into loose fists: 拳を軽く握りしめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 106
   
be much too loose with one’s crime: やばい橋を渡ってるわりには隙だらけだ バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 176
口さがない
   
there’s been loose talk: 口さがない噂がひろがっていた マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 253
降り注ぐ
   
showers of starlight are let loose: 星の光が降り注ぐ カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 76
自由
   
go loose: 自由になる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 179
手に入れ損なう
   
But suppose he lost both?: しかし両方を手に入れ損なったら? レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 59
手に負えない
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 131
切り離す
   
cut ... loose: 切り離す トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
低下
   
loose morals: 道徳の低下 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 118
不得要領の
   
enquire in a loose and general way: 漫然と不得要領のききかたをする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 26
不明だった
   
loose ends: 不明だったこと ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 281
歩く
   
sb is a loose cannon: 歩く爆弾のような男だ バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 197
未解決
   
loose ends: 未解決事項 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
野放しに
   
shouldn’t be loose: 野放しにはしておけない ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 243
余裕たっぷり
   
look loose and jovial: 陽気で余裕たっぷりに見える トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 284
離す
   
loose sth: (物を)離す O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 57

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wrench sth loose: 思い切り音を立てて引っぱり出す
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
turn loose: 〜を発揮する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 95
on the loose: 野放しになっている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 359
loose wire: 接触不良だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 491
loose ends: 不始末
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 197
go loose: 箍が外れる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 310
cut sb loose: (人の)ロープを切る
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 368
cut sb’s loose: (人を)自由にしてやる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 140
cut loose: パアッと気楽にやる
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 187
cut loose: 援軍を断つ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 295
come loose: ずり落ちる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 442
break things loose: 局面を変える
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 430
break loose: はずれる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
be torn loose: ずたずたに引き裂かれる
be on the loose: 旅に出る
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 45
be loose: もろい
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 119
at loose ends: 暇なときに
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 273
a loose slew of ...: 大量の〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
with no loose ends: 何もかもきちんと辻褄を合わせる
want to tie that loose end up: いずれおとしまえはつける気だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 489
turn sb loose in ...: 〜に放り出す
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
turn loose one’s hold on sth: (物)への執着を捨てる
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 235
tie up some loose ends: 締めくくりをつける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 419
tidy up the loose ends of ...: 〜の始末をする
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 234
this sb be at ..., and might be loosed: 問題の(人は)、今〜にいるが、うっかりすると釈放されるかもしれぬ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 74
there are a lot of loose ends of things that ...: 〜ことの後始末なんかが山積みになっている
ハメット著 小鷹信光訳 『ガラスの鍵』(The Glass Key ) p. 161
the only loose end: 唯一気になったこと
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 535
the north wind is loosed: 北風が吹きはじめる
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 172
the north wind is loosed: 北風が吹き始める
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 239
the loose stones of the river bed: 石ころだらけの川原
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 294
sneer loose the power to cause sb mental confusion: うすら嗤いは(人の)心をかき乱さずにすみそうだ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 49
set loose a train of horrible thoughts: 心のなかに堰を切ったように次から次へと怖しい想念を流しこむ
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 102
plainly there is no time to be lost: 一刻もぐずぐずしてはいられない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 75
never loose one’s hold on sb: ことさら(人を)魅することもないではない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 99
manage to keep loose track of sb in the years after ...: 〜した後の(人の)消息を曲がりなりにも辿ることができる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 113
loose the specification for the mirrors: 鏡の規格を甘くする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
loose oneself in nature: 大自然に抱かれる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 146
loose folds of one’s face: 皮膚のたるんだ顔
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 129
let loose a rolling grin: 大きくニカッと笑う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 191
let’s try to control loose ends: つまらん面倒はしょいこまないことだ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 218
leave a lot of loose ends: あちこちにやりかけを残す
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 233
keep one’s day loose: 時間をあける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 152
jingle one’s loose change: 硬貨をじゃらつかせる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 16
hanging loose on her delicate neck: なよやかな首すじにほつれている
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 15
get all the loose ends tied up for sth: 〜の締めくくりをつける
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 191
dislike too loose a use of the word: この言葉がいい加減に使われることを好まない
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 95
cut loose from them: そこから逃げだす
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 137
completely loose one’s head: 大変非常識
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 50
can’t let sb loose: 手放す気にはとてもなれない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 55
be pretty much at loose ends: 糸の切れた凧に近い
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 57
be on the loose: 自由の身になる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 105
be on the loose: 大手を振ってる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 246
be lost in ...: 〜にかき消される
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 251
be lost amid ...: 〜に紛れる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 261
be lost again in recollection of the past: 追憶が(人を)しめつける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 187
be at a loose end: なにやら困っている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 212
be at a loose end: 暇をもてあましている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 174
be angling onto the loose rock of the shoulder: 車は路肩の砂利に乗りかかっている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
all hell was breaking loose in Jordan: ヨルダンの国情が騒然としていた
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 285
all hell breaks loose: 地獄を野放しにしたような騒ぎだ
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 216
all hell breaks loose: 天地がひっくり返る騒ぎが持ち上がる
a loose baggy fatigue uniform: だぶだぶとした作業衣
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 68
loose one’s appeal for sb: 飽き足りぬものを感じる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 322
set loose a bedlam: とんだ騒ぎになる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 251
real havoc broke loose: これは本物だと思われるような大騒乱が発生した
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 193
all hell breaks loose: 大混乱だ
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 26
cast the sail loose: 帆をとく
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 133
one’s clothes are a little loose-fitting: 着つけがゆる目だ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 198
all the loose ends: 糸のほぐれた部分
ハメット著 小鷹信光訳 『マルタの鷹』(The Maltese Falcon ) p. 150
Modern society and loose morals make a lot of demands on girls,: 現代社会のしくみと道徳の低下が女性に多くの要求を突きつけるからです
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 118
A faint breeze outside stirred a loose halyard above-decks: 甲板でゆるんでいる帆策を、かすかな風が揺らした
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 406
let sth hang loose on one’s shoulders: 〜も軽く肩に羽織る格好になる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 106
let sb loose on ...: (人の)手綱を放して〜にけしかける
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 121
have a loose logic: あまり厳密ではないがそれなりの方針がある
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 21
loose-limed Englishman: しなやかな身ごなしのイギリス人
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 179
same loose-lipped smile: 相も変わらぬしまりのない微笑
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 112
loose a lot of weight: とみに体重が減る
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 16
No loose ends, no messiness: 未解決事項もなし、ごたごたもなし
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 402
loose one’s nerve: 怖じ気がつく
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 74
Okay, let me see what I can shake loose for you at this end: では、こちらでなにか役に立てることがないか、心がけておきましょう
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 425
ツイート