× Q 翻訳訳語辞典
beating   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
殴る
   
give sb quite a beating: さんざん(人を)殴りつける ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 213
殴打
   
a savage beating: 手荒い殴打 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 176
   
distant beating of the military drums in ...: 〜で鳴らす軍隊の太鼓の音 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 337
虐待
   
beating and outright neglect: 虐待や遺棄 バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 46
鼓動
   
now-rapid beating of one’s heart: 速まる心臓の鼓動 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 578

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s blood beating: (人の)鼓動
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 423
with the good beating: がんと一発くらわして
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 37
have given sb a good beating: (人を)ピシピシやる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 143
everything is silent around me except the beating of sb’s heart: (人の)心臓の鼓動だけが大きく聞こえている
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 24
set sb’s heart beating faster: 胸がときめく
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 181
beating rain has endured through the night: 夜中、性こりもなく強い雨がつづいた
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 172
my heart was beating: 私の胸は高鳴った
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 29
one’s heart is beating like a triphammer: (人の)心臓は早鐘を打っている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
beating sb makes one bigger or toughter than sb: (人を)叩きのめすことで(人が)(人)よりもタフでビッグなんだという気になれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 565
one’s heart beating excitedly: 胸をときめかせて
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 97
hear one’s heart beating: 自分の動悸の音がする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 461
finally, after a minute or two of beating about the bush, one say ...: 言葉の上で、好い加減にうろつき廻った結果〜と聞く
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 247
beating about the bush: 婉曲な物言い
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 98
be beating a path to sb’s door: (人を)捜しまわって、訪ねてくる
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 75
after some beating about the bush: あれこれカマをかけてきたんで
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 241
one’s beating up of sb has been discreet: 慎重に(人を)叩きのめしたらしい
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 179
the steady, monotonous beating of her heart exasperates her: 自分の心臓の揺るぎない鼓動が癪に触る
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 180
feel one’s heart beating faster: 動悸が打ち出す
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 103
helluva beating: 殴ったり蹴ったり、めちゃくちゃに暴行を加える
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 24
only movement in ... is the beating of one’s pulse: (人の)心臓の鼓動だけがたしかに鳴っている。〜のなかで。
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 216
beating of one’s pulse: 心臓の鼓動
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 216
His heart was still beating like a triphammer: が、彼の心臓は依然として早鐘を打っている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
I gazed at the four small wings beating tragically in the net's fine mesh: はたはたとあえなく騒ぐちいさな四翅が寒冷紗の網をすかして見てとれた
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 72
ツイート