× Q 翻訳訳語辞典
constant   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いっかな
   
constant pain: いっかなひかぬ痛み ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 200
いつに変わらぬもの
   
<例文なし> ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 249
いつも
   
to sb’s constant regret: (人が)いつも嘆いているのは トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
become sb’s constant companion: (人)といつも生活をともにするようになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 270
お馴染みの
   
one’s constant visitor: お馴染みの来客 ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 58
かいがいしい
   
with sb’s constant attention: (人の)かいがいしい看護のおかげで ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 125
かわらぬ
   
the one constant thrust of ...: 〜というひとつだけかわらぬ前進力 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 387
くる日もくる日も
   
have constant daily reminders of ...: 〜をくる日もくる日も見せつけられる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 26
せわしなく
   
constant eye circuits: 目をせわしなく動かしている エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 107
たえず
   
in constant danger: たえず危険にさらされながら クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
feel a constant sense of risk: たえず危機感にさらされた状態にある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 34
たゆまざる
   
constant practice: たゆまざる稽古 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 28
ならい
   
change is the one constant of life: うつろいやすいは世のならいだ ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 108
ひっきりなしに
   
raise constant and momentous hell: ひっきりなしに大きな問題を引き起こす ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
one’s constant chatter: (人が)ひっきりなしにしゃべりつづけている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 229

継続的な
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 431
始終
   
there is constant doubt that ...: 〜という不安を始終抱く メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 91
be so revolted at these constant changes: こんなに始終かわるのには、反感を持つ スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 260
絶えざる
   
constant sound of flowing water: 絶えざる水音 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 153
絶えず
   
one’s need to do sth is constant: 絶えず〜する必要がある トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 52
be in constant dread of being done: 〜されるのを絶えず恐れている 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 21
絶えず〜を続ける
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 140
続けている
   
was like a constant masquerade: 仮面の生活を続けているようなものだ 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 150
多い
   
there is a constant demand for it: お座敷が多い 小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 17
年がら年じゅう
   
constant persecution: 年がら年じゅう、迫害を受ける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 115
頻繁な
   
a fairly constant stream of taxicabs: かなり頻繁なタクシーの往来 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 370

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

one’s love is strong and constant: 大恋愛
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 74
have constant headaches: 頭痛はおさまらず
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 29
constant gnawing jealousy: 一生嫉妬に苦しむ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 50
be constant: 〜は日常茶飯事だ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 437
there is a constant throb of ...: 〜がたえまなく動悸を打っている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 193
sb’s tears are constant: (人の)涙は乾く間がない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 37
maintain a constant stream of pleas and execrations: 綿々と訴える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 202
keep sth in a constant dither: (物には)つねに戦慄がたえない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 16
keep a constant vigil over sb: (人)から目を離さない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 204
have undergone constant change throughout the long ages up to the present: 長い年月の間に変化して今日に至っている
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 45
have to keep a constant watch on sb: (人から)一刻も目が放せない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 56
have a constant stream of visitors: 次から次へと来客がある
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 251
find the constant harping on ... tedious: 〜のことばかりなのにうんざりする
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 22
engage in a constant effort to do: しきりに〜しようとしている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 202
constant care is necessary: 用心が肝要だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 117
be not a constant: 一様でない
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 13
be involved in constant cutthroat competition: 日夜熾烈な競争に明け暮れする
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 56
be in constant motion: 少しもじっとしていない
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 155
be in constant attendance: 入りびたりになっている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『春の雪』(Spring Snow ) p. 9
be in a constant state of shame over ...: 〜が恥ずかしくてしかたがない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 344
be a constant struggle to do: 〜はいやというほど思い知らされている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 292
a lover’s desire for constant communication: 二人の交わりに一瞬たりとも空白をはさみたくないという、恋する者の心情
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 424
a constant trek that ...: 行列はきりもやらず、〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 152
a constant stream of A followed by B: AとBの繰り返し
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 107
sb’s life is a constant scrambling act: (人の)人生はたえまない自転車操業だ
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 89
there is constant emphasis on appearance: たえず外見を重んじる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 40
be a constant burring between sth and sth: 〜と〜のけじめがつかない
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 224
exert a constant pressure: 絶えず力を込めている
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 128
in constant flux: 移ろいやすい
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 9
There was a constant burring between professional matters and friendship: 仕事上の関係と私的な関係のけじめがつかなくなる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 224
burn with a constant impatience: 〜という焦燥が絶えずある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 197
be a constant irritation to sb: (人には)絶えず神経病みの種といった存在
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 14
be lulled by constant sound of flowing water: 絶えざる水音を守り唄に
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 153
constant masquerade: 仮面の生活を続けている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 150
those constant nuisance summonses: この迷惑千万な絶え間ない招集
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 104
the constant presence of sb: (人と)顔をつき合せていること
三島由紀夫著 サウンダーズ、シーグル訳 『暁の寺』(The Temple of Dawn ) p. 282
live in constant terror of sth: いつも戦々兢々として生きている
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 156
Tweet