× Q 翻訳訳語辞典
crude   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
おおまかな
   
crude guide-line: おおまかなガイドライン ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249
お粗末な
   
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 58
がさつ
   
be crude: がさつ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
がさつな
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 155
つたない
   
crude works: つたない作品 クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 142
ぶしつけ
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 71
わいせつで
   
crudest: 最高にわいせつで トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 114

悪い
   
a crude remark: 悪い冗談 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 345
下手くそに
   
a crude picture of a grinning Christ: 笑いかけているキリストの像が下手くそに彫られてある 村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 65
下品な
   
Usually I never say crude thing like that to girls: いつもの僕なら、女の子に向かって、そんな下品なことは絶対に言いやしないんだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 207
crude byplay: 下品ないたずら ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 79
a crude exhibitionist: 露出癖のある下品な女 カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 83
荒っぽい
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 74
荒削りながら
   
a crude cunning: 荒削りながらかけひきをしたこと ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 212
粗末
   
somewhere between naive and crude: 素朴とも粗末ともどちらともとれる 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 95
粗末な
   
crude net: 粗末な網 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 166
粗野な
   
<例文なし> 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 263
単なる
   
crude physical apparatus: 単なる物理的な道具立て ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 139
稚拙な
   
It was a crude and distorted image: 稚拙で醜怪な絵で、 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 229
不格好な
   
a crude parcel: 不格好な荷物 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 332
不器用に
   
pieces of tin fashioned into the crude likenesses of horses: ブリキを不器用にくりぬいて馬に似せたおもちゃ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
武骨
   
crude but effective enough: 武骨といえば武骨だけれど、なかなかすぐれた機能じゃありませんか スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 238
無遠慮に
   
be crude to say sth: 無遠慮に〜を口にする トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
野太い
   
crude military voices: 野太い軍歌 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 316
乱暴な
   
this crude method of treatment: こうした乱暴な治療 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 78
be crude as an attempt at reassurance: 乱暴な気休め 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 105
露骨な
   
crude jokes: 露骨な冗談 カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 58

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

too crude: 見え見えだ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 191
get very crude: なみたいていのことじゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 238
crude shoes: 基底部
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
be crude: 荒削りだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 405
the simple, almost crude style of fishing: 実にラフな釣り方
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 215
gloves sewn by a crude and uncaring maker: ダサくてがさつな人間がつくった手袋
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
Call me callous, I'm crude et cetera, et cetera: おれは無神経かもしれない、がさつかもしれない、そのほかどう呼んでくれてもいい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 221
crude history: 略歴
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 16
He was spared the normal, crude byplay of the locker room: ロッカールームでよくある下品ないたずらに遭うことは、めったになかった
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 79
not that sb said ... simply to avoid being crude: 〜と言ったのは、露骨な表現を避けたためではない
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 100
George, I mean this gets very crude know what I mean?: となれば、これはもうなみたいていのことじゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 238
ツイート