× Q 翻訳訳語辞典
dust   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ほこり
   
followed by a ghost of dust: 〜し、ほこりが舞い上がる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 26
every object be dusted: どこにもほこりひとつなく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 133
be covered with dust: ほこりが溜まる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 106
be collared in dust: ほこりまみれの トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280

砂ぼこり
   
a cloud of dust: 砂ぼこりをまきあげる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 280
砂煙
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 282
   
float like dust: 塵のようにただよう トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
塵を払う
   
dust knickknacks: 骨董品の塵を払う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 64
石くれ
   
dull and go dust: 光を失い石くれと化す ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 9
騒ぎ
   
dust settles: 騒ぎがおさまる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 165
地べた
   
sit in the dust: 地べたにすわる ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 211
土ほこり
   
knee-high in dust: 膝まで深い土ほこりを蹴散らしながら ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 230
土煙
   
wait for the dust to clear: 土煙がしずまるのを待つ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 200
土埃
   
wind stir up grey dust: 風が黒い土埃を巻きあげる 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 31
through the dust: 土埃をあびながら ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 318
the mender of the roads works, solitary in the dust: この道路人夫がたった一人、土埃の中で働いている ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 80
be fill with dust: 土埃もひどい 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
粉をかける
   
be dusted blue: 青い粉がかけられている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
粉をふりかける
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 200
粉塵
   
fly like dust: 粉塵のように飛散する アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 72
   
column of dust: 埃 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 134
be in such a cloud of dust that at first sb could not make out which is which: もうもうと埃がたちこめてるんで、どっちがどっちか、すぐには見わけがつかない ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 131

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

settle the dust: 野良仕事の疲れをほぐす
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 118
dust-bunny: 綿ぼこりのかたまり
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 369
dust off sth: (物の)汚れを落とす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 385
dust and bones: ドッカーンとこなごなに
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 89
be just dust: こっぱみじんになる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 175
raise a cloud of dust: 土ぼこりをはねあげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
be giving off a white dust: 白く粉を吹く
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 42
amid the dust bunnies and mouse-turds: 綿ぼこりやネズミの糞にまみれて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 179
tell sb about the dust-up between sb and sb: (人)と(人)がひきおこした騒動の顛末を、(人に)話してきかせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
Abruptly a column of dust billowed up: ぱっとほこりが舞上る
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 134
The horses approached, raising a cloud of dust: 土ぼこりをはねあげ、馬群はゴールに接近した
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 231
baked dust: あぶられた土ぼこり
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 63
column of dust billow up: 埃が舞い上がる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 134
be blocked with dust: ごみが詰まっている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 403
The chessboard lay in the corner of the ornamental alcove, covered with dust: 将棋盤はほこりの溜ったまま、床の間の隅に片寄せられてあった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 106
stir dense clouds of dust: 埃が濛々とまき上る
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 5
thick coat of dust: 堆い埃
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 22
dry-as-dust:固苦しい
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 221
with one’s eyes half-closed because of the dust: 目を半眼に閉じて埃を避けながら
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
smell of dust and mildew fill one’s nostrils: 埃と黴の匂いが鼻をつく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 176
there is a slight film of dust: うっすらと塵がつもっている
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 95
be floured with dust: 埃で白茶ける
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 43
fur of dust: ふわふわ積もっている埃
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 97
leave to gather dust: 埃まみれにしておく
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 22
there is grey dust spread over ...: 〜の上に白い埃が溜まっている
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 94
a handful of dust: ひとすくいの灰
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 118
steeped in the mud and dust of many highways: 体じゅう、街道筋の泥や埃にまみれ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 81
whisk some imaginary dust: ありもしないほこりをはらうそぶりをする
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 14
thin layer of dust: うっすらとたまっている埃
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 12
be so much dust: ただの塵みたいなもの
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 21
painstakingly wipe off the dust: ほこりを丁寧に拭きとる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 104
whole place is covered with dust: 部屋一面が埃に覆われている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 225
sb’s clothes, which have seen three months’ service in mire and dust: 三か月も泥や塵にまみれたなりの着物
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 74
simply dust one’s skirt: いかにもさりげなくスカートの塵を払う
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 51
Tweet