× Q 翻訳訳語辞典
foreign   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
きいたことのない
   
foreign voice: きいたことのない声 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 83
よその
   
foreign places: よその国 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 406

以前とは違う
   
seem foreign somehow: なんだか以前とは違って感じられる オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 159
異国の
   
a foreign buzz word: 異国のちんぷんかんぷん言葉 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
横文字の
   
foreign books: 横文字の本 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
   
be foreign to one’s way of thinking: 〜の理解の外にある 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 132
外交
   
the freshest high-grade foreign affairs gossip: 高度の外交問題にまつわるほやほやのゴシップ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 29
manage the foreign policy of ...: 〜の外交政策を牛耳る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 300
外国
   
back issues of foreign magazines: 古い外国雑誌 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 56
外国からの
   
a famous foreign dignitary: 外国からの著名な来賓 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 381
外国人
   
foreign settlement: 外国人居留地 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 45
耳なれない
   
be foreign to ...: 〜には耳なれないものである マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 244
人工
   
catch the bright foreign glint: 人工物の輝きをチラリと捕える ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 293
他国での
   
foreign experience: 他国での経験 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 17
無縁の
   
be foreign to sb: (人にとって)無縁のものだ 鈴木孝夫著 みうらあきら訳 『ことばと文化』(Words in Context ) p. 120

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

hairy foreign swine: 毛唐
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 219
foreign money: 外貨
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 240
foreign countries: 向こうの国
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 15
foreign bodies: 不純物
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 214
be quite foreign: 尋常ならざる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 301
with a rapidity of transition very foreign to sb’s usual character: いつもの(人)とは似ても似つかぬ気の変りかたを見せて
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 50
feel out of place and foreign: すんなり溶けこめないというか、外国人になったような気がする
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 18
do not give a flying foreign fuck: 屁とも思わん
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
be quite foreign to sb’s interests: 〜が自分などには縁のないものである
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 8
be foreign to ...: 〜からかけ離れている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 81
a foreign object to sb: (人にとって)、それはやはり違和感を与えるのだろう
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 283
... is totally foreign to sb: 〜となると(人は)まったくの門外漢である
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 263
all the advantages of foreign travel: これこそ外国旅行の醍醐味
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 316
all from foreign places: みんなよその国の人ばっかり
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 406
all those foreign books: 横文字の本なんか
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
guide to the allocation of scarce foreign exchange: 貴重な外貨を振り分ける際の指標
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 56
That's before video and before foreign and before pay-TV and before free TV: ビデオの売上げも、外国での興収も、有料テレビの放映権料も、ふつうのテレビの放映権料も、この数字にはふくまれていない
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 231
never, ever, introduce foreign elements into interior cavities: ぜったいに、断じて、異物を体腔中に入れてはならん
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 103
look extraordinarily foreign: ひどく異国人めいて見える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 12
famous foreign corporation: 名の通った外国企業
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 189
funny little foreign car: あまり見かけない外国製の小さな車
His voice was hoarse, strained, foreign even to himself: かすれてひきつった声は、自分にも耳なれないものだった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 244
largely determine American foreign policy: アメリカの外交政策をあらかた決定する
ハルバースタム著 浅野輔訳 『ベスト&ブライテスト』(The Best and The Brightest ) p. 40
in one’s most foreign manner: いかにも外国人らしい身振りをする
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 53
most foreign places: どこの国も
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
narrowly avoided a large foreign car: 大きな外車を危く除けそこなうところだった
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 47
He never could get used to the sound of foreign telephones: アメリカ以外の国の電話にはいつまでたってもなじめなかった
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 202
be not only foreign but ornately foreign: 外国人風というよりも、それをもっと誇張している態度だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 227
Like a piazza in some foreign city, he thought, milling with tourists: 外国のどこかの街の広場みたいに、観光客でごったがえしている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 270
full of portentous-sounding foreign words: しかつめらしい外国語
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 55
a foreign posting: 海外勤務
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 455
be showered with foreign money: どっと外貨が流れ込む
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 240
sing the theme song from some foreign movie: 外国映画の主題歌らしい曲を口ずさむ
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 104
becoming the Foreign Minister: 外務大臣の椅子
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 75
ツイート