× Q 翻訳訳語辞典
buzz   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ごそごそ探す
   
sb’s fingers buzz through sth: (人は)(物の)中をごそごそ探す カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 28
ちんぷんかんぷん
   
a foreign buzz word: 異国のちんぷんかんぷん言葉 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 202
ひそひそ声
   
a strong and steady buzz of bewilderment: 当惑を隠せないひそひそ声は根強くつづいていた プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 391
ぶんぶん音を立てる
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 325

噂がかしましくなる
   
the street buzzes: 巷の噂がかしましくなる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 114
開錠ブザーの音
   
heard the buzz: 開錠ブザーの音がした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 167
活気
    辞遊人辞書
轟々と唸る
   
growl and buzz: 轟々と唸る オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 84
信号音
   
She could hear the steady idiot buzz of the open line drifting up: はずれた受話器からはむなしい信号音がたえまなく洩れてくる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 85
酔い
   
have the buzz from Scotch: スコッチの酔いが頭に残る カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
電話
   
just give me a buzz: いつでも電話してくれ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 136
発信音
   
the buzz of an open line: 回線があいたことを告げるツーッという発信音 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
鳴く
   
A small insect was buzzing inside Takuji's head: 頭のなかで地虫が鳴いている 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

keep buzzing intermittently: じじ、じじ、と思い出したように鳴いている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
feel anger buzzing: うなりをあげる怒りをおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
errectic buzzing: 思いだしたようにじいじい鳴る音
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 89
buzz with ...: 〜のかしましい声がする
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 172
buzz sb in: 建物の表玄関を開ける
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 337
begin buzzing: ものうげに鳴る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 394
the buss of conversation about ... grew louder: 〜をめぐる話し声は一段とかまびすしくなった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 15
put a buzz under take-out: もちかえった料理をしゃきっとさせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
keep the telephone lines buzzing about sth: 電話のやりとりをくりかえす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 52
give sb a buzz: (人に)電話する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 94
feel a strange buzzing connection happening: ぶうんという奇妙な電波を感じる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 66
a hail of green tracer rounds buzz past sb: グリーンの曳光弾が次から次ヘヒュンヒュンと(人の)脇をかすめる
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 21
a buzz arises in the court: 法廷じゅうが騒然となる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 118
It was followed by the buzz of an open line: その音につづいて、回線があいたことを告げるツーッという発信音が耳にひびいた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
ツイート