× Q 翻訳訳語辞典
That   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜から
   
in that ...: 〜から 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 21
〜っての
   
that Labyrinth: 迷宮っての ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 134
〜という事実
   
that this technically feasible is encouraging: これが技術的に実行可能だという事実は心強い ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
(〜した)以上
   
<例文なし> 芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 13

あっちのほう
   
have just sort of finished that: あっちのほうはもう終わったんだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
あれじゃあ
   
That didn't do her any good: あれじゃあたまりませんよ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 14
あんな
   
that bunch: あんな連中 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
あんなに
   
anyone that bad at math: あんなに数学ができなくて 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 79
いかにも
   
have that fly-about look: いかにもそそくさと出ていったような雰囲気がある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
いつものように
   
smile that shy, broken smile of one’s: いつものように気恥ずかしそうに笑い、顔をくしゃっとさせる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 288
いまの
   
What was THAT?: 何だ、いまのは? ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 134
Unless that was the coffee: もっとも、いまのがコーヒーだったかどうか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 510
かの
   
that harsh uncomely puritanism: かの厳格一点張りのやぼな清教主義 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 193
こいつ
   
Isn't that something?: こいつは相当なもんだ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 222
こいつは
   
that’s all I need: こいつは上等だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 243
こと
   
that be sb: (人の)やりそうなことだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 132
この
   
it was precisely in that year that ...: 〜したのもこの年です 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 41
be entirely out of place in that magazine: 凡そこの雑誌には不似合いのものである 井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 9
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 48
これが
   
that is where the wonder lay: これがじつに奇中の奇だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
さっきの
   
that lecture: さっきの講演 ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 238
そういう
   
before all that other shit: そういうオマケを全部抜きにして タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 231
そういえば
   
the allusion serves as a timely reminder to sb that ...: 言われてみて、(人も)初めて思い出したのだが、そういえば〜だ ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
そこ
   
that’s the point: そこなのよ、問題は トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 256
maybe you could explain that: そこを説明してもらいたいのです トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 108
そっち
   
I refuse that, too: そっちの答えもノーだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
その程度のことは
   
We might teach him that, but nothing much more: その程度のことは教えてやるかもしれない。しかし、そこまでだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 225
その分
   
pay tax on that: その分については税金を払う メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 91
それ
   
is that a crime?: それがいけないかい? ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 102
I think that’s the allegation: それは言いがかりというものだ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 141
それだけ
   
that’s all sb said: とただそれだけ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
after that: それだけやれば トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 97
そんなの
   
we don’t call that working, do we: そんなの仕事とはいわないわよね ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 148
そんなもの
   
that’s men for you: 男ってそんなものよ 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
that’s life, isn’t it?: 人生ってそんなものなんだねえ 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 101
そんな訳で
   
that one seem on the point of being at once released: そんな訳で、今にも釈放という形勢にまでなる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 158
ただ
   
it is that simple: ただそれだけです クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
つまり
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 254
とでもいったような
   
rooted conviction that one be more than a match for any foreigner: 外国人など、たとえ誰だって負けるものか、とでもいったようなたいへんな自信 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 152
などと
   
say that: などと言う マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 379
には
   
curl one’s lip, and say that ...: 脣を歪めて言うには、〜 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 218
まあそんなもの
   
because that is a political decision: 政治的決定なんて、まあそんなものだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 71

  気がして
   
stare sb so reproachfully in the face that, ...: (人は)何かまっこうから責任を問われているような気がして ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 105
   
give out that ...: 〜の旨を発表する ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
情報
   
on hearing when the day closes in that ...: その日も暮れかかるころ、〜という情報が伝わると ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 77
世の中
   
even that is not irreversible: 世の中何事であれ後戻りがきかぬものでもない スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 50
先ほどの
   
that owlish smile: 先ほどのふくろうを思わせる笑み プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 307
彼の
   
without that testimony: 仮に彼の証言がなくても ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 374
様子
   
not liking to show sb that one hear the conflict: (人の)心の中で戦っている苦悶に感づいている様子を見せたくなかったから E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 40
類のもの
   
that are showered on fashionable young men: 人気のある青年のうえに降りそそぐ類のもの ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 140
例によって
   
say in that soft, kind voice: 例によって穏やかな優しい声でいう ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 106
例の
   
that sth: 例の(物) ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 141
that quick liberty: 例の短い自由時間 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 121
that endless source of funds: 例の無尽蔵の資金源 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 370
that beautiful accent: 例のすばらしい〜なまり トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 18
Tweet