× Q 翻訳訳語辞典
eventually   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜が落ちである
   
Wayne’s complaints eventually trailed off to a matter: ウェインはぶつぶつ文句を言って引き下がるのが落ちである ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 9
〜したら今度は
   
those that have become leaders also eventually learn how to pioneer new breakthroughs: いったん追いついて頂点にたったら、今度は自分の力で新しい技術をきりひらくことをおぼえなくてはならない サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 353
〜の末
   
Eventually he drove off: 押し問答の末、彼は ... 走り去った メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 104

あちこちたらいまわしにされたあげく
   
and eventually I found Chuck McNatt: あちこちたらいまわしにされたあげく ... チャック・マクナットに紹介された ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 77
あとで
   
eventually realize one have done ...: どうも〜したらしいとあとで気づく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
ある日
   
eventually it ended: ある日、終わりがおとずれた オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 166
あれこれ〜した結果
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 81
あれこれ相談の末
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 38
あわてて
   
manage to lower the volume eventually: あわててボリュームをおとしてみる アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 56
いずれ
   
Nate would get to it eventually: いずれネイトがやってくれるだろう トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 186
eventually sb lose everything: (人は)いずれすべてを失う ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 485
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 76
いずれは
   
If you pester an organization long enough, eventually they'll hold a meeting: 政府機関のどこであれ、ねばり強く接触をかさねれば、いずれは耳を傾けるようになる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 133
eventually wake up: いずれは目を覚ます ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 152
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
いつか
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 291
いつしか
   
Eventually even the sound of the rain stopped: いつしか、雨音が絶えている 池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 89
いつの間にか
   
eventually turn sth to one’s advantage: いつの間にか〜を自分の強味として活用する オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 142
しだいに
   
would eventually subdue the waves of sb’s emotion: 〜の心の波をしだいになごめていく 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 59
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
しばらくしてやっと
   
Eventually, she spoke, though it seemed to require considerable deliberation: しばらくしてやっと話しだしたが、それだけでも彼女にとってはかなり決断を要するようだった トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 231
しまいに
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 36
しまいには
   
Eventually, I stopped saying anything at all: それも面倒になってしまいには全く黙ってしまったのです 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 214
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 92
そうこうしているうち
   
a job offer eventually came up: そうこうしているうち仕事が入った バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 97
そのあと
   
Eventually I tracked down Lena in the library: そのあと、……リナをさがしに図書室へ行った トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
そのうち
   
Oh, you'll have other distractions eventually: そのうちべつの気晴らしが出てくるさ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 80
<例文なし> ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 151
そのうちに
   
Eventually there was nothing left in the round whiskey bottle: そのうちにウイスキーの丸瓶がカラになってしまった 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 193
<例文なし> 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 168
それでとうとう
   
Eventually I had to call an ambulance: それでとうとう、救急車を呼びました 宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 517
そんなことから〜になった
   
<例文なし> 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 68
そんなことをしたら〜してしまう
   
Eventually it would have been noticed and their presence detected: そんなことをしたらだれかに見つかって彼らの存在がばれてしまう レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 224
そんなこんなで、ついに
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 72
だんだん
   
Eventually, Gaylen's defiance became as full-blown as Gary's: ゲイレンの反抗的な態度はだんだん、ゲイリーと同じくらい大胆なものになっていった ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
つまるところ
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 173
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 126
とうとう
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 100
どうしても
   
eventually one find that one can not do: どうしても〜できなくなる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 265
のちに
   
sb eventually became my best friend: (人は)のちに私の親友となる バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 21
まもなく
   
eventually sb work one’s way out of the gloom: まもなく(人は)徐々にその憂鬱から抜け出す オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 47
やがて
   
My torn fingertips hurt, but eventually I stopped feeling the pain: ちぎれるように指先が痛んだが、やがてそれも感じられなくなった 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 221
merely pick at food and eventually ignore it: 食べ物はほんの申し訳につっつく程度で、やがてそれもやめてしまう オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 121
Eventually, the veil of snow took him in: やがて雪のヴェールがすっぽりと彼を包んだ 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 186
Eventually, the clerk arrived: やがて事務員がやってきて、 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 157
Eventually, however, he answered: だが、やがて彼は口をひらいた トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 108
Eventually the two stood up together: やがて彼等は一緒に立ちあがった 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 55
Eventually the line went dead: やがて電話を切る音が聴えた 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 95
eventually ... turn into ...: やがて〜も〜に変わる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 34
death that would eventually overtake sb: やがてくる(人の)死 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 28
"Yes," said Pedersson eventually: 「これこれ」と、やがてペデルソンがいった ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 78
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 213
やがては
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 110
やっと
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 11
ややあって
   
<例文なし> リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 123
ゆくゆくは
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 374
ようやく
   
I thus searched my imagination and eventually declared:: 私は想像力を精一杯働かせ、ようやくつぎのように言いました カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 186
eventually he comes to his sense: ようやく(人は)われに返る オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 53
<例文なし> アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 79

何時の間にか
   
<例文なし> 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
窮極のところで
   
<例文なし> フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 94
業を煮やした
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 52
今度こそ
   
be bound to win one eventually: 今度こそ初白星をあげるはずだから スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
最後に
   
<例文なし> イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 37
最後には
   
Eventually, things started to catch up with Gaylen: 最後にはゲイレンも切羽つまってきた ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 383
最終的に
   
Eventually, a solution was agreed upon: 最終的にひとつの打開策が講じられた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 479
最終的には
   
eventually military power depends upon having successful economic base: 最終的には基礎に強い経済力がなければ軍事力は維持しきれない サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 35
思いあぐねて
   
<例文なし> イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 251
終る
   
eventually ...: 〜に終る ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 264
辛くも
   
eventually cross into Sweden: 辛くもスウェーデン国境を越える リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 217
当然
   
<例文なし> ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 102