× Q 翻訳訳語辞典
shiver   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かるいおののき
   
feel a shiver pass along one’s spine: かるいおののきが(人の)背筋をつたわる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 130
がたがた震える
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 345
ぞくっとするような
   
nervous shiver: ぞくっとするような不安 アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 25
ふるえる
   
shiver violently: がたがたふるえる 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 94
ぶるっと身ぶるいする
   
Tyndall shivered climbed stiffly from his chair as the stand-down sounded: 戦闘配置解除のベルが鳴ると、ティンドルはぶるっと身ぶるいして、大儀そうに椅子をおりた マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 228
ぶるぶると震える
   
<例文なし> オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 21
ぶるぶる震える
   
find sb shivering and crying in bed with all sb’s clothes on: (人が)服を着たまま、ベッドの中でぶるぶる震えながら泣きじゃくっている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 166
わななく
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 46

胸のふるえあがる気分を味わう
   
shiver with thoughts of ...: 〜に思いを馳せて胸のふるえあがる気分を味わう オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 18
散る
   
shiver to pieces: 粉微塵になって散る ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 148
思案にくれる
   
I sat shivering next to the Macintosh: マッキントッシュの前に座って私は思案に暮れた ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 284
身ぶるい
   
never think of sth without a shiver: 〜をふりかえると身ぶるいを禁じえない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 88
身ぶるいする
   
Vallery shivered in a sudden flurry of snow: 不意にさーっとふぶく雪に、ヴァレリーは身ぶるいした マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 377
<例文なし> ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 35
身震いを感じる
   
almost shiver with sth: 〜に身震いさえ感じる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 182
震え
   
a long shiver runs through sb: 震えがとまらない ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 119
震える
   
shiver into one’s robe and slippers: ローブとスリッパ姿で震える ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 293
不安に駆られる
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 270

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

shiver uncontrollably: 身震いが止まらない
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 55
shiver sb’s part of the case to useless lumber: この裁判における(人の)役割は木っ端微塵にやぶられる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 132
shiver in the cold: 寒くてがたがたしている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 37
set up a shiver: 身がおののく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 113
quake and shiver and shiver and quake: がたがたがたがたふるえる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『注文の多い料理店』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 43
it always makes sb shiver to do: 〜するとかならず寒気がする
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 129
give one the shivers: ゾクゾクする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 46
feel a shiver of revulsion: ひどく不快な感じをおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 109
feel a congenial shiver: ひやりとしている
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 161
be in the grip of a violent chill and shivering fit: 悪寒戦慄に襲われる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 269
a shiver ran through sb: (人が)戦慄する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 44
an almost forgotten shiver of delight: 忘れかけていたわななき
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 116
bulkheads groan and shiver incessantly: 船体がみしみしきしる
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 63
shiver deeply: 大きく身震いする
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 83
shiver dramatically, as if someone is watching: まるで誰かに見つめられているみたいにぶるっと大仰に身震いする
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 148
a shiver racks sb’s body: 震えが襲ってくる
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 296
Honda felt an unaccountable shiver run down his spine: 本多は故しれぬ戦慄に襲われた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 258
shiver uncontrollably: がたがたとふるえる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 104
shiver violently: ぶるぶる震える
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 191
Tweet