× Q 翻訳訳語辞典
bone   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ぐったり
   
be bone tired: ぐったり疲れる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 186

核心
   
be at the bone: 核心だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 371
骨の髄
   
to one’s bones: 骨の髄にまで カーヴァー著 村上春樹訳 『夜になると鮭は…』(Will You Please Be Quiet? ) p. 52
骨の飾り物
   
wear a bone in one’s nose: 鼻に骨の飾り物を突っ通さす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 223
   
bones bubbling up in tar: 絶滅した恐竜の骨がタール坑の底から浮かびあがってくる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 104
large bones: 骨太 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 116
痛いほどの
   
feel a bone certainty ...: 〜ということが痛いほどにはっきりと確信できる オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 95
軟骨
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 135
問題
   
drag out all the old bones: 大昔の問題をひきずりだす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 256

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the bare bones: ざっと
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 310
dust and bones: ドッカーンとこなごなに
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 89
with only the upper half of the body burned to the bone: 上半身だけ白骨になった
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 113
the bones of sb’s rib cage show: (人の)上体にあばらがくっきりと浮き出す
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 147
sth may break one’s bones: 〜すれば怪我のもとだ
sharp definition of bones in one’s face: くっきりとした目鼻だち
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 142
no bones about ...: つべこべいわずに、すぐにでもね
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 162
let’s make no bones about it: それははっきりいえることです
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 42
have boned up one’s answer to ...: 〜の返事は考えてあった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 22
give sb the bare bone: 芯になるところだけ話す
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 47
get sb to bone one: (人に)やらせてくれる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 239
feel it in one’s bones: 第六感でそう感じる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 121
feel it in one’s bones: 虫が知らせる
池波正太郎著 フリュー訳 『殺しの四人』(Master Assassin ) p. 88
don’t have a mean bone in one’s body: 悪気なんてこれっぽっちもない、陽気な〜
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 221
break many of one’s bones: 何度となく(人の)心を踏みにじる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
bone up on one’s ideological reading: 思想書をこつこつ読みあさる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 375
be just skin and bones: 痩せ衰えている
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 118
be an odd match with sb all delicacy and bone: 痩身の繊細な感じのイエギとは好対照である
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 107
bone-chilled:骨までこごえた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 196
bone-colored cabinets: オフホワイトのキャビネット
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
a bone-piercing chill: 底冷えのような何ともいえぬ悪寒
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 207
be bone-tired: 体の芯のあたりが重い
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 209
drive the bone from sb’s nose right up into sb’s brain: 〜(人の)鼻を脳にめりこませる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 376
for the error bred in the bone: 持って生まれた迷いから
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 67
slash and prod, hoping to strike flesh and bone: 精いっぱい肉よ裂けろ骨も砕けよとばかりに太刀を振りまわす
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 227
be mortared with bone and blood: 血と骨で塗りかためられている
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 33
Now we're at the bone: いよいよ核心だぞ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 371
ツイート