× Q 翻訳訳語辞典
bitterness   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
にがにがしい
   
remember ... with bitterness: 〜がにがにがしく(人の)眼に映る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 131
やりきれない気持
   
sb’s bitterness: やりきれない気持 シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 91

過酷さ
   
<例文なし> ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 45
確執
   
bitterness between ...: 〜に確執がある ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 547
苦々しさ
   
not without a certain bitterness: 口調に多少の苦々しさを込めて カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 193
苦い
   
a wave of bitterness pass over sb: 苦い思いが(人の)心を浸す カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 110
苦い思い
   
don’t feel an ounce of hatred or bitterness toward sb: (人に)対して、憎しみや苦い思いを露ほども持っていない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 361
苦味
   
one’s tone hold none of the bitterness of ...: (人の)言葉が〜の苦味を帯びていない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 67
恨み
   
lingering bitterness: いまだに残っている恨み デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 13
I had no regrets, no hesitation, and no bitterness: だから後悔も躊躇も恨みもない デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 434
自棄気分
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 133
自嘲
   
without bitterness: 自嘲でなしに ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 345

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

say with bitterness: トゲのある声で言う
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 103
the real bitterness comes: 本当に落ち込む
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 211
the bitterness of sb’s old grievance: 以前のあのくやしい思いをしたときのこと
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 325
taste the full bitterness of being prisoners: 捕われの身だということを、しみじみと思う
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 71
full of bitterness and rage: 歯がみする思いで
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 424
feel all the bitterness of ... and be reduced to the verge of tears: 〜に、ほとんど泣きたいほどの恨みを抱く
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 17
can’t suppress one’s bitterness at ...: 〜に腹が立ってならない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 149
can only eat one’s heart in bitterness: ひと知れずに、苦しむ
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 177
the remembrance even of joy having its bitterness: 喜びの記憶でさえ悲痛が伴う
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
speak with scalding bitterness: (人の)口調には底知れぬ苦さがある
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 122
with an undertone of desperate bitterness: 少しすてばちな、きびしい調子を帯びている
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 103
ツイート