× Q 翻訳訳語辞典
hatred   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
意地悪
   
a confused array of kindness and hatred: 千々に乱れる親切と意地悪 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 38
怨恨
   
personal hatred: 個人的怨恨 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 159
嫌悪感
   
pull free of one’s hatred for sth: 嫌悪感を振り払う トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
憎しみ
   
walk out of ..., full of fury and hatred and feeling helpless: 行き場のない怒りと憎しみで胸をいっぱいにして、〜をあとにする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 423
the intense hatred it showed sb harbored: (人の)憎しみがすさまじくも露骨にあらわれているようで 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 10
the hatred and punishing fate in store for sb: 憎しみと懲罰の運命が(人に)振りかかろうとしている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 184
don’t feel an ounce of hatred or bitterness toward sb: (人に)対して、憎しみや苦い思いを露ほども持っていない ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 361
be full of hatred and venom for ..: 〜に対する激しい憎しみと怨毒に満ち満ちている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 431
be full of hatred: 憎しみで凝り固まる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 426
憎む
   
have a powerful hatred for sb: なにしろ(人を)憎む ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 112
憎悪
   
seethe with hatred: 憎悪に身を灼かれる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 276
fixed and intense hatred: 激しい憎悪をむきだしにした トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
all the years of sb’s abuses and sb’s hatred: 長年にわたって拮抗してきた(人の)暴力と(人の)憎悪 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 341

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

hatred of the enemy: 敵愾心
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 330
with a deadly hatred: 憎悪のたけをこめて
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 107
one’s whole body is trembling with humiliation and hatred: 総身がわななくほどの悔しさを覚えだす
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 200
a strong streak of real hatred exists between ...: 〜が心の底から憎み合っている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 300
an uncoalesced hatred for sb is born: (人に対する)憎悪は一気に燃え盛る
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 191
there is deep hatred building: 深い憎しみが積りつもっております
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 158
an uncontrollable feeling of hatred for sb comes over one: (人に)たいする抑えがたい憎悪が襲ってくる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 229
can’t tell whether it is due to affection or hatred: 愛情とも憎悪とも区別のつかぬ
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 65
sb’s face so full of black hatred and anger: 憎悪と怒りのどす黒くあらわに出た、そんな顔
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 128
vehemence of rivalry and mutual hatred be increasing: 敵意がいよいよ研ぎ澄まされていく
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 156
outright hatred: あからさまな憎悪
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 16
pulsing hatred for sb in sb’s eyes: (人の)眼に浮かんだ(人に対する)あの烈しい憎悪を
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 347
whisper pure hatred: どす黒い憎悪の言葉をささやく
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 140
ツイート