× Q 翻訳訳語辞典
mist   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
かすむ
   
mist with cold: 冷気にかすむ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 513
もや
   
a faint red mist: ほの赤いもや 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 24

朝もや
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 122
   
the mist that rise off the lake in steamy little columns: 細い水蒸気の柱のように湖面からとめどなく湧いてくる霧 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
spit a fine mist of blood into ...: 霧のようにこまかい血しぶきが〜にふりそそぐ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 322
mist hangs over the green fields: 緑の野原に霧が低く垂れこめる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 100
lie in a shroud of mist: 霧が立ちこめている 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 24

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

there was always a thick ground mist: かならず濃いもやにおおわれた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 55
the mist began to drift aside: すうっと霧がはれかかる
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 122
seem to float in a kind of ethereal mist: 立ちのぼるかげろうのなかに浮き上がって見える
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 197
one’s eyes deepen into amethyst and across them comes a mist of tears: 眼は紫水晶をおもわせる深い色を帯びて涙に霞む
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 43
there is a steaming mist in all the hollows: 谷間という谷間は、霧がもうもうと立ちこめている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 14
have an aspiring mist in one’s eye: その眼に礼讃の霞をかけている
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 59
the mist which the rain has become: 雨が霧にかわる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 15
become again changed with mist and vapour: ようやくまた煙霧に曇りはじめる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 35
be choked up with a dingy mist: よごれた霧がたちこめている
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 73
leaning one’s forehead against the cold, mist-stained glass: 霧で彩られた冷えきったガラスに額をもたせかける
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 227
the mist that rises off the lake in steamy little columns: 細い水蒸気の柱のように湖面からとめどなく湧いてくる霧
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 167
mist still cover the streets: 町にはまだ靄がたちこめている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 187
a light mist covers everything: 一面に露がきらきらしている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 16
mist-like creatures: 靄に似たもの
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 114
a mist descends: 霧がかかってくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 159
emerge from the mist: 霧の中にぼうっと浮かんでいる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 16
a sallow mist covers everything: 灰色の靄があたりをおおおう
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 183
wear a gown as beautiful and immaterial as mist: もやのように美しく、形なきがごとき長上衣をまとう
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 78
wear a gown as beautiful and immaterial as the mist: 霧のように美しく夢幻的なガウンをまとう
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 196
In a moment the small mountains became indistinct, as if wrapped in mist: そのうちに、小山の群れが、もやにつつまれたように、けじめを失ってゆく
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 228
He was filled with a mist of soft, languid flesh: やさしいだるい肉の霧で内部が充たされ、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 360
a muggy mist: 生暖かい霧
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 102
mist part: 靄がひらける
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 187
But perhaps this mist was more befitting Kyoto: この方が、むしろ、京都らしいと言えようか
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 228
a puff of mist: 靄
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 21
a sallow mist: 灰色の靄
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 183
shreds of mist: きれぎれの霧
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 366
be shrouded in mist: 霞んでいる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 99
sit a morning mist on: 朝靄がかかる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 25
become sodden in the mist: 霧にぬれ透る
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 8
ツイート