× Q 翻訳訳語辞典
Mind   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
いまから言っときますがね
   
And mind, sb, ...: それについては、いまから言っときますがね、 ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 73
いやがる
   
do not seem to mind a bit: 一向に嫌がるふうもない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 374
おこる
   
he hadn‘t minded it when I’d called him up so late: あんなにおそく電話をかけたの、おこりもしないで... サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 303
かまう
   
Ms Mind Your Own Personal Business: ミズ詮索好きめ、自分のことだけかまってろ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 201
こころもち
   
make one’s mind open: こころもちを大きくもつ 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 109
さしつかえ
   
if sb don’t mind: さしつかえなかったら トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 18
その気
   
if I had a mind to: その気になりゃ ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 184
ただし
   
I'm not sure I'll help you, mind: ただし、力になるかどうかはわからないわよ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
ためらう
   
do not mind admitting it: それを認めるのをためらわない ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 326
とがめる
   
nobody minds: 誰にもとがめられない ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 172

安全に気をつかう
   
don’t seem to be minding the mint: 造幣局の安全にさほど神経をつかっているとも見えない ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 256
   
don’t pay sb any mind: (人の)ことなんか一切意に介さない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 238
意見
   
speak one’s mind: 意見を述べる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
意識
   
inflame sb’s mind: (人の)意識にしっかりと焼きついてしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 278
in the back of sb’s mind: 〜の意識の隅に マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 102
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 213
遠慮
   
don’t mind doing ...: 遠慮なくどんどん〜する オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 126
覚悟
   
have lived, always with death at the back of one’s mind: 死ぬ覚悟をしながら生きながらえる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 274
   
put one’s mind on something else: べつのことで気を紛らわす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 259
have such strength of mind: 気がしっかりしている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 271
change one’s mind: 気をかえる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 515
change one’s mind: 気を変える サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 9
adjust one’s mind: 渋々納得して気を取り直す フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 230
気にする
   
mind how one looked to other people: 他人の目を気にする 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 40
気をつける
   
mind your toes: 足元に気をつけて ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 89
mind you do ...: 〜するように気をつけるんですよ ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 382
気を悪くする
   
Perhaps he should have minded that she showed no disappointment: 彼女ががっかりしなかったことこそ気を悪くすべきだったのだが レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 152
I hope you don't mind my saying so,: こんなことを言って気を悪くしないでもらいたいんだけどね レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 194
<例文なし> バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 368
気持
   
read sb’s mind: (人の)気持を読む プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 218
気持ち
   
understand the patient’s true state of mind: 患者の気持ちを汲みとる 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 17
make up one’s mind: 気持ちを決める カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 72
気分
   
there is no way to explain one’s state of mind, except to say ...: 〜とでも名づけなければならない、一種の気分に支配される 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 269
be supposed to get one’s mind off one’s troubles, right?: 気分転換をしろといわれている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 235
気力
   
<例文なし> 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 304
記憶
   
be too recent in the minds of the public: あまりにも世間一般の記憶になまなましい ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 163
   
in sb’s mind: (人の)胸のなかで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 263
have something on one’s mind: なにか胸に一物もっている ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 288
have an open mind: 胸をひらく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 236
be a weight off one’s mind: 胸の突っかえがおりる 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 214
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 146
決意
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 246
決心
   
make sb’s mind up about something: ちょっとした決心をする カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 239
御心
   
the universe is the mind of the Buddha: すべては仏の御心なのです 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 115
構う
   
don’t mind doing: 〜で構わない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 154
考え
   
change one’s minds: 考えを変える トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 334
change one’s mind: 考えなおす ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 235
根性
   
a real low-class mind: げす根性丸出し フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 333
   
the spirit of the dark continent is hard to dislodge from one’s mind: 魂に棲みついた暗黒大陸の地霊は、おいそれと退散してくれない バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 167
In a single day the mind can make a millpond of the oceans: 魂は、たったの一日で世界中の海をひとまたぎすることができる ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 117
雑念
   
clear one’s mind: 雑念を払う クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 539
思い
   
in one’s mind, ...: (人に)は〜との思いがある ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 379
思う
   
don’t mind: なんとも思わない ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 117
自覚
   
sb’s mind is preoccupied with the fact that ...: (人には)〜という自覚がある 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 87
   
what is on one’s mind: 心にあること トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 292
what’s sb’s state of mind: (人の)心はどんな具合なんだ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 260
thrust abruptly into one’s mind: 突然(人)の心に割り込む 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 44
surely improve everyone’s peace of mind: 人々の心を平らかに保つ役を果していたにちがいない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
something change one’s mind: 心変りをうながすものがある スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
sb’s peace of mind: (人の)心の平穏 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 254
remain in one’s mind’s eye: 心に影を残す プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 85
reach sb’s mind: 心の底まで染み渡る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 178
rattle around in the average human mind: どの人間の心にもうずまく トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
profoundly disturb one’s peace of mind: (人の)心の平安を根底から揺るがす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 261
one’s unhappy, confused mind: 悲しみに沈んで混乱しきった(人の)心 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 211
one’s mind go briefly back to ...: (人の)心はつかのま〜にひきもどされる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
memories store at the back of one’s mind: (人の)心の奥深くしまいこまれた記憶の数々 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
meeting of minds and souls: 心が通ってしっくりする デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 129
it is a big weight off sb’s mind: (人の)心の中のわだかまりがすっかりとれてしまう アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 120
inquiring minds: 詮索好きの心 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 279
in the recesses of one’s mind: 心の片隅に デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 339
in the depths of one’s confused mind: 混乱した心の奥底で スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 232
in some inner corner of one’s mind: 心の片隅に プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 112
in one’s agitated state of mind: 心が動揺している ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 63
have the mind of the most resolute of men: 心はいかなる剛気の男にも負けぬ強さをもっている ドイル著 阿部知二訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Holmes ) p. 22
have something on one’s mind: 何か心に引っかかりがある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 137
have one’s mind on ...: (人の)心は〜の上にある トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 264
have ... firmly in mind: 〜をしっかりと心に刻みつける トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 218
hang in the back of one’s mind: (人の)心にかぶさる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
feel one’s mind beginning to slip: (人は)心が萎えていくのをおぼえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 178
confident in one’s power over one’s husband’s mind: 夫の心など思うままに支配していると確信してつゆ疑おうとしない スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 176
come to mind: ふっと心に浮かぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 128
clear one’s mind of these ephemeral financial worries: (人の)心をつかのまふさいでいるお金の悩みを片づける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
calm one’s mind: (人の)心をなだめる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 215
be balancing the matter in one’s mind: この問題で、どちらにしようかと心をきめかねている ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 29
a silent prayer comes to mind: 心のなかで黙祷を捧げる ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 137
心境
   
心理
   
state of mind: 心理状態 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 326
chose the wrong person with whom to play mind-games: 心理ゲームを仕掛ける相手をまちがえる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 362
a thing of the mind: 心理戦 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 492
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 118
真情
   
speak one’s mind: 真情を語る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 318
精出す
   
mind your own business: てめえのことに精出しなよ 小田実著 ウィタカー訳 『広島』(The Bomb ) p. 15
精神
   
mind-over-matter state: 精神が物質の上位に立つ状態 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 231
mind over matter: 超物質的精神 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
frame of mind: 精神状態 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 294
be sober and of sound mind: まともな精神の持ち主だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 373
arrogant little minds: 傲慢でちっぽけな精神 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 416
an inquiring mind: 探求精神 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 202
精神作用
   
culturally conditioned mind: 文化的に条件づけられた精神作用 フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 49
想念
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 211
相手にする
   
wouldn’t mind sb: あんなものは相手にするな スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 47
知恵
   
twist one’s mind inside out: ありったけの知恵をしぼる ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 20
知識
   
知能
   
scale down to the child mind: 子供の知能にそった アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 37
怒る
   
you won’t mind, will you?: 怒らないでしょう? O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 11
really mind: 本気で怒る シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 162
   
with encyclopedic knowledge and brilliant minds: すべての知識の荷ない手、滅相もなく頭のよい 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 354
weigh on one’s mind: 頭に引っかかっている 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 69
turn one’s mind off: 頭のスイッチを切る スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 366
thrust from one’s mind the memory of ...: 〜の話が頭をかすめる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 67
there seems to be no room in one’s mind for anything but ...: (人の)頭にはもう、〜のことしか存在しないようだ 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 175
there is a clicking computer of a mind: コンピューターのような頭が片時も休まずそろばんをはじいている スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 140
the mind is slower: 頭が鈍くなる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 36
sth does not enter one’s mind: 〜のことは頭にない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 230
sb’s own unruly mind passing over the image of ...: (人の)荒れ狂う頭に〜のイメージがうかんでいる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
sb’s mind is zipping along at the speed of ...: (人の)頭は〜の速さで回転している トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
sb’s mind is racing out of control: 頭がパニックを起こしかけている ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 248
sb’s mind and eyes increase their activity enormously: 頭と眼がよく働く 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 169
reign in one’s mind: (人の)頭を占める ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 362
play in one’s mind: 頭をよぎる グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 128
pass before sb’s mind’s eye: 〜が(人の)頭を掠めて通る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 167
one’s mind remains on ...: 頭はまだ〜のことでいっぱいだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 309
one’s mind go back to work on it: (人の)頭はくりかえしその考えをもてあそんでしまう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 210
one’s mind: 頭 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 21
occupy one’s mind: 頭をふさぐ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 440
not a thought of sth is going through one’s mind: 〜のことはこれっぽっちも頭にない ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 41
mark ... in one’s mind: 頭に刻みこむ ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 25
lose one’s mind: 頭がいかれる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 296
let sth fly from one’s mind: 頭から消え去る トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 67
keep sth in mind: よく頭に入れておく ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 191
in one’s mind: 頭のなかで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 142
in one’s extraordinary mind: (人の)比類ない頭のなかで ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 268
in my mind: 頭のなかの ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 172
if that’s the way sb’s mind works: そういう頭の構造をしているのなら セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 166
have some things on one’s mind: 頭になんかがひっかかっている カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 186
have one thing on one’s mind: (人の)頭はあるひとつのことでいっぱいになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 404
have never crossed one’s mind: 頭をかすめもしなかった トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 155
hard as one try one cannot stop one’s mind from doing: どんなに考えまいとしても、頭が〜するのをとめようがない クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 234
get one’s mind off doing: 〜することを頭から払いのける サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 241
get ... fixed in your mind right now: いまここで、〜を頭にしっかりとたたきこんでおいてくれ ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 74
everything that arises before sb’s mind: (人の)頭に浮かぶこと、それらはすべて ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 107
cross paths fuzzily somewhere deep in one’s mind: ちらりと頭のむこう側ですれちがっていく 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 98
cross one’s mind: ちらりと頭をよぎる ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 152
cross one’s mind: 頭にうかぶ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
cross one’s mind: 頭をよぎる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 370
come to mind: 頭に浮かぶ デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 181
come into one’s mind: 頭にうかぶ マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 421
can not get ... off one’s mind: 〜が頭から離れない サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 242
But he kept walking, for his mind refused to rest: だが、頭が休もうとはしなかった。彼は歩きつづけた ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 186
be on one’s mind: 頭から離れない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 65
be not altogether easy in one’s mind: 何かで頭を悩ましている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 117
be much upon one’s mind: 〜が頭のなかで大きな位置を占める ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 344
be in a relaxed frame of mind: (人の)頭が放漫だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
at the back of one’s mind: 頭の片隅に ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 45
annoyance is beginning to form in one’s mind: 頭の中に懸念がきざす クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 436
always, ... at the back of one’s mind,: 頭の片隅からいっときもはなれない〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 173
a sudden image of ... flashed into one’s mind: (人の)頭のなかに〜が素早くチラついて消えた 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 46
a numbness stuns sb’s mind: 頭は麻痺したようにぼんやりしている レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 284
a mind full of ...: 〜で頭をいっぱいにする トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
a little picture grew up in sb’s mind: 〜の頭に、ある考えが浮かんできた アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 404
a few clever replies ran through my mind: 気の利いたせりふがいくつか頭をかすめる デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 31
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
頭のなか
   
empty one’s mind: 頭のなかをからっぽにする プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 129
頭の回転
   
one’s mind is quick and one’s movements are quick, so quick that ...: 頭の回転も動作も別人のようにてきぱきして ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 87
頭の中
   
sb’s mind seems fuzzy: 頭の中がぼうっとかすんでくる ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 94
頭の働き
   
one’s mind is still sharp: 頭の働きは確かだ 谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 32
頭脳
   
sb’s fine mind and sb’s impressive vocabulary: (人の)洗練された頭脳や見事な語彙 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 415
have a morbidly clear mind: 頭脳が病的に冴えている 松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 215
a careful and thoroughly analytical mind: 緻密で非常な分析力ある頭脳 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 421
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 130
頓着
   
don’t mind that ...: 〜ことには頓着しない ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 162
認識
   
change one’s mind about ...: 〜に関する認識をあらためる ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 201
念頭
   
it does not cross sb’s mind to do: 〜することは念頭に浮かばない レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 276
in mind: 念頭におく ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 26
come to mind: 念頭に浮かぶ 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
脳裏
   
there arises in my mind ...: 脳裏に〜を思い浮かべる 遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 53
phrases keep running through sb’s mind: さまざまな語句が脳裏をかすめた クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 243
in one’s mind: 脳裏には ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 59
float into one’s mind: (人の)脳裏に浮かぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 110
come to mind: 脳裏に浮かぶ プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 326
脳裡
   
have a clear picture of ... in one’s mind: 脳裡に〜が鮮明に浮かびあがる オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 11
   
make up one’s mind: 腹を決める 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 170
already make one’s mind up on the matter: この件について(人の)腹はすでに決まっている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 428
迷惑がる
   
mind ...: 〜を迷惑がる ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 14
迷惑になる
   
妄想
   
But it might have only been in Nettie's mind: でももしかすると、あれはネッティの妄想のなかで起こったことかもしれないわけだし スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
理解力
   
sb’s mind is dulled by sb’s illness: (人の)理解力が病気のために鈍る 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 125
励む
   
mind the store: 仕事に励む ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 172
連中
   
To less flowery minds: いくらか物堅い連中にとっては ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 16

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

wouldn’t mind ...: 〜だっていい
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 42
would you mind?: いけない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 38
with this in mind: そこで
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 177
with a composed mind: 平気で
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 34
win the hearts and minds of the people: 人心収攬
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『女ざかり』(A Mature Woman ) p. 8
what is going through sb’s mind: 心中
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 5
turn the question over in one’s mind: 考える
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 117
to my mind: 私に言わせれば
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 180
state of mind with regard to the defendants: 心証
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 410
state of mind: 境地
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
state of mind: 心持ち
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 381
speak one’s mind: 率直にしゃべる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 116
slip one’s mind: つい忘れていた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
skip one’s mind: すっかり忘れる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 315
sb’s state of mind: 頭の中
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 73
sb’s mind seething: (人は)せわしくいろいろのことを考えながら
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 63
right mind: まともな神経の持ち主
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 339
our unconscious minds: 人間の意識下
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 162
others of like mind: 同好の士
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 88
one’s mind in turmoil: 思わず
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 67
one’s mind’s eye: 脳裏
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
never mind that: そんなの気にすることないって
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 128
never mind sb: (人)のことを忘れてしまえたら
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 237
never mind ...: 〜なんて忘れろ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 174
never mind ...: 〜はおく
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 89
never mind ...: 〜はどうでもいい
never mind: いい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 207
never mind: いいのよ、それなら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 154
never mind: かまうことはない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 103
never mind: それはどうでもいいけど
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 152
never mind: でもまあいいわ
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 57
never mind: とてもおぼつかない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 86
never mind: どうでもいい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 80
never mind: なんでもいいから
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 21
never mind: なんでもないよ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 277
mind your tongue: 失言だぞ
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 110
mind you, ...: 〜ですよ
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 335
mind you, ...: こういうこともあるぞ
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 123
mind you, ...: ただし、いっとくが〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 95
mind you: あのねえ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 292
mind you: これは心にとめておいていただきたいのですが
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 89
mind you: そうそう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 111
mind you: だがな
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
mind you: でも
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 212
mind you: どうかね
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 395
mind you: もっとも
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 397
mind very much: 気を悪くする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 150
mind sb: (人の)面倒をみる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 64
mind one’s manners: 行儀よくなる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 160
mind one’s business: 邪魔をしないし、〜のほうでも(人が)自由にふるまうことを妨げない
mind one’s business: 勝手気ままに〜する
mind now: いいこと
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 87
make your mind up: 覚悟しろ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 167
make up one’s mind that ...: 〜と思う
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 60
make up one’s mind about sth: 思い切る
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 75
make up one’s mind: 考える
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 504
keep in ...: 〜はおなかにしまう
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 236
just to ease sb’s mind: 気休めに
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 108
in the mind: 脳裏に
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 40
in one’s mind: (人の)心の奥で
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 79
in one’s mind: (人の)脳裡には
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 150
in one’s mind: 脳裡には
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
in one’s mind: 目に浮かぶ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 139
if you don’t mind: 悪いけど
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 114
if sb don’t mind: なんなら
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 401
have worked it out in one’s mind: 決めた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 211
have in mind: 目下考慮しておる
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 56
don’t really mind: べつにどうということはない
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 173
don’t mind ~ing: 〜するのが苦じゃない
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 140
don’t mind ~ing: 〜も悪い気のしないものだ
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 234
don’t mind sb: 平気だ
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 45
don’t mind doing: 〜するの平気だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 308
don’t mind ...: 〜をいとわない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 224
don’t mind: かまいません
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 167
don’t mind: それでもいいと思う
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 119
don’t mind: 気にさわらない
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 54
don’t mind: 目くじらを立てない
ベイカー著 岸本佐知子訳 『もしもし』(Vox ) p. 49
do you mind?: ね?
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 56
do not mind: いとわない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 52
do not mind: かまわない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 68
do not mind: 我慢する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 298
do not mind: 構わない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 237
cross one’s mind: 〜に気がつく
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 156
concentration of mind: 精進
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 239
complexity of mind: 複雑に入り組んだ心理
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 133
come to mind: 思いつく
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 101
come to mind: 頭にうかぶ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 204
come to mind: 頭に浮かんでくる
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 128
come into one’s mind: 思う
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 191
change one’s mind: やめにする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 203
change one’s mind: 決心をひるがえす
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 338
change one’s mind: 思いとどまる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 94
change one’s mind: 思いなおす
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 202
change one’s mind: 思い直す
井上靖著 ピコン訳 『姨捨』(The Izu Dancer and Other Stories ) p. 28
change one’s mind: 思い返す
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 102
call to mind: 思い起こす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 125
you relieve my mind: それを聞いて安心した
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 289
you really don’t mind?: お前、本当にいいのか
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 19
you mind if I ...?: あの、ちょっといいですか?
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 114
you don’t mind if I do?: 〜してもいいのでしょう?
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 88
you can make up your own minds: 自分で判断しろ
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 447
you can make up one’s mind to that: その覚悟でいたほうがいい
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 142
wouldn’t mind taking a risk: こんな危ない芸当をするのを何とも思っていない
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 51
wouldn’t know one’s right mind: まだはっきりした分別もつきかねる
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 88
wouldn’t cross my mind: 滅相もない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 117
work all that out in one’s mind: ぬかりなく計画を練りあげる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 125
wonderful, devious, clever cast of mind: すばらしい頭の回転とごまかしの才
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 44
with this conjecture in mind: その推理のうえにたって
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 109
with these two things on one’s mind: この二つの事を頭に浮かべながら
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 75
with sth foremost in one’s mind: 〜を最優先に考えて
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 202
with one’s mind and one’s being: 全身全霊で
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 244
with a completely easy mind: 天下晴れて
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 28
will bear it in mind: 承知しておく
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 231
while sth be fresh in sb’s mind: 忘れないうちに
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 65
while one’s mind works to win a postponement: 少し待ってもらいたいと願いながら
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 58
Where is my mind going?: おれはいったいなにを考えているんだ。
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 44
when one make up one’s mind: 〜しようと決めたら
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 169
what was weighing on one’s mind: 一番の気がかり
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 166
what sb saw sth drove everything else slap out of one’s mind for a moment or two: 〜を眼にしたとたん、(人の)頭のなかは一瞬からっぽになってしまった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
what sb have in mind: どんなつもりで
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 19
what sb have in mind: 温めている腹案
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 25
what go on in one’s mind: (人の)内部
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 40
watch ... with nothing at all in mind: 〜をぼんやり眺める
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 81
want sb so badly, one think one will lose one’s mind: どうしてもどうしても〜したくて、気が狂うほど、もういてもたってもいられない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 36
two minds with but a single thought: 私もそれを考えていた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 124
turn things over in one’s mind for a while: じっくり考えこむ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
try to block the image from one’s mind: 考えまいとする
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 221
travel widely in order to broaden one’s mind: 見聞旅行をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 213
totally exhausted in mind and body: 精も根も尽きて
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 366
thoughts of that kind would never even have crossed sb’s mind: そんなことを夢にも考えはしない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 115
this habit of mind is transferable: このノウハウは何に対しても適用できる
ヒーブラー著 高遠裕子訳 『ベスト・プラクティス』(Best Practices ) p. 28
things that should not properly pass through the mind of young lady of good family: あまり良家の子女らしからぬこと
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 196
there are so many responsibilities on a person’s mind: いろいろ気をくばらなくてはならない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 180
there’s not a doubt in one’s mind: 決して悲観なんかしていない
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
the whole period becomes hazy in one’s mind: 全体の記憶がぼやけてしまっている
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 138
the vaguest recollections of ... come to mind: 〜のことは、頭にぼんやりよみがえってくる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 172
the thought flashes through sb’s mind that ...: 〜かと、とつぜん思い閃めく
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 106
the tension of one’s mind must have relaxed, for ...: 気がゆるんだせいか〜
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 155
the suspicion of treachery never for instant enters sb’s mind: そんな陰謀がかくされているとは、夢にも思わない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 120
the only thing in one’s mind is ...: とにかく(人は)、〜することしか頭にない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 374
the nagging suspicion crosses one’s mind: しつこく巣くっている疑問が頭をもたげる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 130
the money is on one’s mind: 懐具合を心配する
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 301
the memory of ... still remains vividly in sb’s mind: 〜をまだはっきり(人は)憶えている
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 62
the memory of ... is impressed on sb’s mind: 〜の記憶が今もまざまざと(人の)瞼のうちに捺されている
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 41
the idea never cross one’s mind: (人)には知る由もない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 172
tell sb mind sb’s own business, sb’s too young: ちびにはどうでもいい、そんなこと知りたがるんじゃない、という
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 375
take one’s mind off reality: とてつもない空想を誘う
take one’s mind off reality: 現実を忘れさせる
take one’s mind off ...: 〜から気がまぎれる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 57
such a business as one have in one’s secret mind: 今(人が)ひそかに考えているような計画
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 206
still have sb’s laughter in one’s mind: 〜の笑い声は今も〜の耳に残っている
stick out in sb’s mind: 〜を覚えている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 27
sth come to mind: 〜を思い出す
sth come to mind: 興味を覚えたもの
spring into sb’s mind: ふいに胸に浮かびあがってくる
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 55
speak up in one’s mind: 耳もとでささやきかける
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 127
something stirres in one’s mind: 思いついたことがある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 178
something puts sb’s mind at rest: これでほっとする
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 404
something on your mind?: 何か言いたいことがあるのか?
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 480
someone in sb’s frame of mind: そんな心掛けの者
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 48
set one’s mind on it: こうと思いこむ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 18
seize another’s heart and mind: 人心を収攬する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 119
seem to make up one’s mind and ...: 思いなおしたように〜
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 149
sb is so much on our mind that ...: みんながあんまり〜のことをなつかしがっているせいか〜
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 50
sb had ... on one’s mind: 〜のことだった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 191
sb be persuaded to change one’s mind: (人を)改心させる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 8
sb’s voice whisper in one’s mind: (人の)声が〜の耳もとでささやく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
sb’s mind is made up: (人の)決意が固い
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 20
sb’s mind is full of sb: (人の)事で多少夢中になる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 202
sb’s mind is filled with idle thoughts: そんなことをむだに考える
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 193
say something to divert sb’s mind: 口の先で何とか(人を)紛らわす
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 121
say ..., what one have on one’s mind for so long: 前から思っていたことを言う
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 28
run over the assault plan in one’s mind: もう一度襲撃の手順を追う
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 45
run over sth in mind: 手早く〜を思い返す
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 323
return to the matter on one’s mind: 本題を切り出す
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 210
resist all attempts to make one change one’s mind: あらゆる反対をおしきる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 275
require a gradual emptying of the mind: 想念を徐々に追い払わなければならない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 84
refuse to change one’s mind no matter how sb plead with one: (人が)いくら必死で頼んでも、〜しない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 108
reckoning in one’s mind the number of indispensable purchases one have to make: 買い入れなければならない数々の品物のことを考えながら
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 198
really have in mind is ...: 最初の心積もりでは、〜だと思っている
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 112
really get ... on one’s mind: とことんまで〜を気にする
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 258
really blow my mind: ほんとうに頭きちゃう
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
raise one’s mind for the instant from the routine of life: しばらく日常の生活をわすれる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 126
put sth back into one’s mind: 〜の勘をとりもどす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 80
put one’s mind at ease: (人が)胸を撫でおろす
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 85
put it out of one’s mind: すぐ揉み消してしまう
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 15
presumably one have alcohol on one’s mind: (人の)ほうはもちろんビールと酒が狙ひだ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 30
please keep in mind that: 〜を忘れないでほしい
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 113
picture in one’s mind ...: 〜が瞼に蘇ってくる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 7
only the world of science pays sb any mind: ただでさえ(人は)学界では相手にされていない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 63
only mind one’s own business: つましい暮らしをする
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 394
one of the first consideration which arises in the business mind of sb: 銀行屋として(人の)真っ先に考えたこと
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 147
one’s state of mind degenerate pretty fast: みるみるうちに精神が退行する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
one’s mind turns to sb: (人の)顔を思い浮かべる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
one’s mind revolted against ...: (人は)〜はもう聞きたくなかった
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 251
one’s mind off things: つい忘れがちなこと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 32
one’s mind is flooded with ...: 〜が目に浮かんでくる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 28
one’s mind is elsewhere: あっけらかんとしたものだ
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 72
one’s mind is elsewhere: どこか上の空
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
one’s mind going back to the past: 昔のことに思いをはせながら
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 211
once one fixes one’s mind on something: 一旦そう決めると
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
often on my mind: しきりに頭にちらついた
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 105
observe the conflict in one’s mind: (人の)心中のせめぎあいを読む
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 38
not with any special purpose in mind: 別に特別な目的があったわけではない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 250
not mind ... at all: なんとも思っていない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 98
not in the way sb have in mind: (人の)言わんとするところはそれとは少し違う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 173
no not let your mind dwell upon it further: くよくよせずに
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 108
never mind what ...: 〜をくよくよ考えてもはじまらない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 263
never mind the details: 詳しいことは抜きにする
never cross one’s mind: 考えてみたこともない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 142
my mind instantly replays sb’s message: いきなり(人の)伝言がよみがえる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 46
mind your own bloody business: おせっかいはやめてちょうだい
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 61
mind you don’t do ...: 〜しないでね
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 62
marvel in one’s own mind: われながらつくづくおどろく
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 42
manage to sb’s mind with a smile: 笑って済ませる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 264
man of the worldly mind: 世俗一点張りの男
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 31
making up one’s mind as quickly as a child: 子供らしい咄嗟の思案から
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 71
make up one’s mind to do: 〜するつもりである
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 86
make up one’s mind to do: 〜する積もりでいる
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 70
make up one’s mind to do: 〜に踏みきる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 181
make up one’s mind to do: 思いきって〜する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 159
make up one’s mind that ...: 〜したいと思う
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 183
make up one’s mind that ...: 〜だと思いこむ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 56
make up one’s mind not to say anything: いまは何も言うまい、と腹をくくる
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 63
make up one’s mind and say: 思い切って言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 21
make up one’s mind ...: 〜って顔をしてる
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 125
make up one’s mind: 〜と判断する
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 19
make up one’s mind: (人の)心は決まる
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 21
make up one’s mind: しっかり考える
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 46
make up one’s mind: 覚悟をきめる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 13
make up one’s mind: 肝を決める
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
make up one’s mind: 決めてかかる
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 7
make up one’s mind: 態度を決める
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 23
make up one’s mind: 腹をかためる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
make up one’s mind: 腹をくくる
モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 82
make up one’s mind: 本気になっている
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 22
make attempt to change sb’s mind: (人を)説得しようと試みる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 159
let sb know what one has in mind: (人に)手の内を明かす
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 29
let sb know exactly what one have on one’s mind: 口が勝手に心を開いてしまうような感じだ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
let one’s mind wander: ぼんやり考えごとをする
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 37
know one’s own mind: 自分の心の動きを読める
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 55
keep sth in front of one’s mind: (物事を)肝に銘じておく
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 110
keep running through one’s mind: 頭をよぎる
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 53
keep one’s mind open to ...: 〜に思考をこらす
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 103
keep one’s mind open: 偏見を排する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 159
keep an open mind: 安直に結論を急ごうとしない
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 56
keep ... fresh in one’s mind: 〜の記憶を新たにする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 182
it never once seemed to cross sb’s mind that ...: 〜とは露ほども思ってみなかった
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 333
it just slips into sb’s mind in spite of sb: つい想像してしまう
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 332
it enters sb’s mind to ...: 〜という気がふと起こる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 256
it does occasionally cross sb’s mind to do: たまには〜しようと思う
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 77
it’s never crossed my mind: とんと無縁だ
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 42
it’s an observation only, mind you: これはあくまでも参考ですよ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 145
instruct, reading sb’s mind: 見透かしたように言う
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 25
in this glorious frame of mind: 意気旺んに
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 425
in one’s own mind: 口にこそ出さなかったが
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 309
in one’s mind one could see sb doing: 〜している(人の)姿が浮かぶ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 255
in one’s mind’s eye one see the montage of sb: (人の)姿が脳裏に浮かぶ
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 152
in one’s mind’s eye one can see ...: まぶたには〜が浮かぶ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 245
in one’s mind’s eye: 記憶のなかでは
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 26
in my reclusive frame of mind: ひっこみ思案になってしまったわが気分からいうと
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 366
in a terrible agitation of mind: 気が気でない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 98
in a cooperative frame of mind: 協力的な気分
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 245
if you don’t mind, ...: ごめんをこうむって〜させてもらおう
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 323
if you don’t mind my saying so: 失礼ですが
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 225
if you don’t mind me saying so: こんなことをいっては失礼かもしれませんが
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 280
if you don’t mind me saying it: いっちゃなんですが
ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 260
if you don’t mind: おさしつかえなければ
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 15
if you don’t mind: お言葉ですが
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 339
if you don’t mind: よろしければ
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 93
if they were all like that I wouldn’t mind: あれなら、許せる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 252
if sb won’t mind one’s saying so: こういってはなんですが
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 80
I shall bear that in mind: ご忠告を肝に銘じておきましょう
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 384
I hope you don’t mind my asking: うるさくなきゃいいんだけどさ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
I hope you don’t mind if I do: 〜してもいいでしょうか?
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 452
I have a good mind to report you to sb: これは(人に)報告しないといけませんね
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 298
I don’t think I do like, if I may speak my mind: まあ、ほんとうのところを言いますと、あまり気が進まないんですがねえ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 57
I don’t mind telling you ...: まったくの話が、〜
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 30
I don’t mind telling you: 正直に言うが
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 138
I don’t mind betting ...: 〜にちがいない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 276
I don’t mind ...: 〜のにやぶさかではない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 229
I do not mind confessing you that ...: あんただから言うけれど
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 74
I do not know that I mind it: べつにかまわないよ
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 316
have the strength of mind to hide it: それを隠すだけの図太い根性を持っている
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 103
have the mind of the most resolute of men: 内面は男まさりの強い意志を秘めている
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 23
have that amount of work to do to occupy one’s mind: 忙しく手を動かしている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 309
have sth on one’s mind: (物事が)心にわだかまる
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 166
have sth on one’s mind: (物事に)気をとられている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 280
have something preying on one’s mind: 何か気がかりなことがある
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 115
have something on one’s mind: なにか言いたそうにしている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 58
have something in mind: 何か心当たりがある
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 233
have something in mind: 心づもりしていることがある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 443
have something else in mind: 意図はもっと別のところにある
クラムリー著 小鷹信光訳 『酔いどれの誇り』(The Wrong Case ) p. 58
have someone particular in mind: 誰か心あたりがある
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 244
have quite made up one’s mind that ...: 〜と信じている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 120
have not quite made up one’s mind whether ...: はたして〜かどうか決めかねている
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 395
have not crossed one’s mind to ...: 〜することなど思いもおよばない
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 38
have no particular destination in mind: 別に行く所もない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 236
have never resolved in one’s mind: どうしても納得できない
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 44
have many things on one’s mind: いろいろなことを考える
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 115
have half a mind to do ...: 〜していこうと思う
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 164
have half a mind to do ...: 〜しようかと、ちらと考えてみる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 138
have half a mind to ...,instead of wading through ... to ...: 〜をたどって〜に出かけて行くのはよして、〜しようという気になる
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 12
have half a mind to ...: 〜とさえ思う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 220
have half a mind to ...: もう少しでこう言うところだった
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 147
have been reduced in sb’s mind to a pain-in-the-neck: 完全に(人の)やっかいなお荷物のひとつにすぎなくなっている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 230
have anything like that on one’s mind: そういうことはぜんぜん考えていない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 202
have an open mind: うちとける
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 247
have an evil mind: 一筋縄ではいかない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 153
have almost made up one’s mind to do when ...: そう決心した瞬間
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
have a mind of one’s own: 意思の強い
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 124
have a mind of one’s own: 個性を主張する
have a mind of its own: ヤブレカブレのものだ
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 21
have a great mind to do: 〜するぐらいのことはできる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 26
have a clear picture in mind: ちゃんと心得ている
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 72
have ... on one’s mind: 〜のことを念頭におく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
have ... in mind: 〜を考えてる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 239
hate not speaking one’s mind: 自分の気持をはっきり話せないのは大嫌いだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 219
go out of one’s mind and wind up in the lunatic asylum: 気が変になって、精神病院行きになる
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 134
give sb something to put sb’s mind to: 集中できる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
give sb a piece of one’s mind: たしなめてやる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 261
give sb a piece of one’s mind: 思いっきり苦情を言う
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 10
give sb a piece of one’s mind: 少し言つてやる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 29
give sb a piece of mind: (人に)こごとをあびせる
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 15
girl in her right mind: 普通の女の子
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 451
generalization of the mind: 自分の考えから割りだすこと
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 168
flash into sb’s mind: はっと思い当たる
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 16
fix in one’s mind: 脳裡にある
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 240
find one doesn’t mind talking to sb about it: いつの間にかこの人になら全部話してもいいという心境になる
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 159
find a state of affairs which banish sth from one’s mind: 〜を忘れてしまうような事態になっている
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 107
finally put one’s mind at rest: そろそろ(人を)安心させてやる
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 495
feel easier in one’s mind: ほっとする
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 237
fear that one’s mind is playing tricks on one: 狂気の心配
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 18
everything’s mixed up in one’s mind: 雑然とする
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 72
drive sb out of one’s mind: 気が遠くなる
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 203
don’t seem to mind being done: 〜されても嫌な顔ひとつしていない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 443
don’t mind running a covert investigation: 隠密捜査もいいけれど
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 279
don’t mind doing sth at all: 〜することなどいっこうに気にならない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 155
don’t mind discussing ...: 〜を大っぴらに話題にする
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 17
don’t mind admitting things: 平気でほんとのことをいう
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 168
don’t even mind doing: 〜するのも、まるで苦ではない
レナード著 高見浩訳 『プロント』(Pronto ) p. 199
don’t cross sb’s mind: 〜なんて考えたことがない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 188
don‘t know how much sb’ve relieved one’s mind: ものすごく救われた気持ちだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 198
do you mind me asking ...: おたずねしてもかまいませんでしょうか?
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 232
do nothing to improve one’s state of mind: 〜したところで、(人の)気分がよくなろうはずもない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 156
do not mind sb’s long silences: (人が)いくら黙りこくっていようが平気だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 59
do not mind doing: 平気で〜する
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 106
do not mind at all: 鼻につかない
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 92
do not mind any more: いまさら平気よ
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 263
do not mind a clinker from time to time: いつも傑作でなくたっていい
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 79
do not mind ... too much: 〜はたいしたことない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 317
create doubts in sb’s mind: (人の)考えを混乱させる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 92
cool wind purge one’s mind of aimless thoughts: 行き場のない考えごとを涼しい風がさらってゆく
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 59
contribute to sb’s indecisive frame of mind: どっちつかずの(人の)態度を助長する
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 54
continually go around minding one’s business: 何かにつけて絶えず(人を)煩わせる
confused, but sensible that something might depend upon one’s presence of mind: あわてはしたが、ここはなんとしても落着きを失ってはならないと思って
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 209
certainly have it on one’s mind: 気になってしかたがない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 131
can not rid one’s mind of the notion that ...: 〜という疑念をなかなか拭い切れない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 94
can not rid one’s mind of ...: 〜のことが気にかかってならない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 334
can not get ... out of one’s mind: 〜が忘れられない
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 145
can be very determined once one’s mind’s made up: 思い切りは頗るいい人間だ
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 64
can almost see the situation in one’s mind’s eye: そのありさまが眼に浮かんでくるようだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 116
can’t make up one’s mind about ...: 〜やら、ちょっと判断がつきかねる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 246
can’t get out of one’s mind: 気になって仕方ない
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 289
can’t get ... out of one’s mind: 〜を忘れることができない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 564
bring back to one’s mind: (人が)〜を思い出させられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
blow one’s mind completely: パニックだ
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 87
begin to overlap in one’s mind with ...: なんとなく〜にダブってくる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59
be there any sth at all in sb’s mind?: (人は)いっさい〜のない世界に生きているのだろうか?
be the last thing on sb’s mind: 〜はこれでもうたくさんだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 130
be sure you wouldn’t mind: あなたがお会いになるはずだ
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 51
be still balancing the matter in one’s mind: その点をまだ決めかねている
be still balancing the matter in one’s mind: どうしたものかと迷っている
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 29
be on everybody’s mind: みんな何かといえば〜
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 201
be not easily controlled when one has made up one’s mind on a point: 思いこんだらてこでもうごかない
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 116
be losing one’s mind: (人が)おかしくなりかけている
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 111
be infinitely stranger than anything which the mind of man could invent: 人間の想像もつかないほど、ひどく不思議なものだ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 93
be in two minds whether to do or to do: 〜するか〜するかの二つに迷う
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 51
be in two minds whether: 〜ものか迷う
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 179
be in two minds about ...: (〜を)しきりに案ずる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『たった一人の反乱』(Singular Rebellion ) p. 209
be in two minds: 気持は動揺している
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 265
be etched in one’s mind: 目にかっきりと焼き映っている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 185
be developed sth primarily with one scenario in mind: もともとただ一つのシナリオを想定して開発される
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 416
be debating in one’s won mind: 思いめぐらす
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 194
be clear in one’s mind: 手にとるように思い描くことができる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 35
be able to read people’s minds: 読心術にたけている
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 97
as though out of one’s mind: 身も世もあらぬ様子で
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 101
an image gradually form in one’s mind: 映像が知らず知らずに浮かびあがってくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 153
an artful dog, mind!: 抜目のない奴ですぞ!
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 56
already have so many things on one’s mind: 他に考えなくちゃいけないことが山ほどある
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 273
all one have in mind is ...: 〜と思っただけだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 147
a wandering fancy wanders through the mind of sb, that ...: (人は)、〜と、そんなとりとめもないことを考えている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 133
a small flutter of guilt enters sb’s mind: 胸の奥が良心の呵責でチクリと痛む
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 319
a good and caring legal mind: 腕のいい、親身になってくれる法律家
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 34
a doubt lurks in mind: まだ一つ疑問が残る
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 175
Mind you, my boy, it won't last: ただし、いっとくが長つづきはしない
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 95
Mind you enjoy yourself properly, now!: もっと遊んでおいで
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 62/
a mind above trifles: 瑣末事を超越した精神
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 96
My mind is absolutely, profoundly blank: 私はぽかんとした。頭は空っぽだった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 208
I do not mind admitting: 正直いって
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 35
the possibility of an affair has never crossed sb’s mind: 心の上でさえ、かりそめの不貞めいたものも働いたことはない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 57
go over in my mind again: 反芻する
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 64
all things that came to mind: 頭に浮かんでくる想念は、ことごとく
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 128
really don’t mind ...: 〜は全然気にならない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 459
K had always been fond of the phrase, "concentration of mind.": Kは昔しから精進という言葉が好きでした
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 239
do not mind very much when sb is not quite--always: そのとおりにはいかなくてもかまわない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 63
arduous mind-matter exercises: 血のにじむような精神鍛練
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 88
Smiley seemed about to argue this point, then changed his mind: その点でスマイリーは反駁しそうに見えたが、考えなおした
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 235
Aunt Evvie asked in her mind: 心のなかでエヴィ伯母さんが声をかけた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 264
An awesome thought took form in Isao's mind: 彼に恐れ多い空想が生れた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 279
the back of the pregnant woman’s mind: 産婦の心の根底
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 97
nagging doubt at the back of one’s mind: 頭の隅にひっかかっていたこと
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 255
at the back of sb’s mind: 〜は心の奥に隠され
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 106
bear this in mind: このことを思い出す
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 459
bear sth in mind: 〜をしっかりわきまえる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 19
because the problem of choosing is a weighty one and it is heavy on sb’s mind: どの女を選ぶかという大問題が気がかりで
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 122
think better of whatever one had in mind: 何にせよ自分の考えを口にするのはあきらめたようだ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 79
should know better than to drug one’s mind with ...: 〜で(人の)心を毒させたりしてはいけない
キース著 小尾芙佐訳 『アルジャーノンに花束を』(Flowers for Algernon ) p. 305
sb’s mind is a blank: 心が紙のようにしらじらとする
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 65
one’s mind becomes blank: 頭のなかが空っぽになってしまう
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 447
keeping one’s mind peacefully blank: 何もかも忘れて穏やかな平和な気分になる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 48
in body and mind: 身も心も
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 252
body and mind: 心身
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 247
boggle the mind: 頭がくらくらする
pass through one’s mind and disappear again in a series of brief flashes: 切れ切れに浮んでは消える
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 80
be brought back to sb’s mind: (人が)〜を思い出させられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 19
build a false conspiracy in one’s mind: ありもしない陰謀など考えだす
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 105
one’s mind is busy with ...: 〜に、気持を整理しかねている
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 11
be busy with one’s own mind: 自分の考えで頭がいっぱいだ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 150
but a wild infection of the wildly shaken public mind: いわば大きく揺さぶられた狂的集団心理の感染でもある
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 178
But just to ease her mind: それでも気休めに
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 108
now that you call it to my mind: そういわれると思い出しますが
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 153
ツイート