× Q 翻訳訳語辞典
use   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
この弱みにつけこんで、〜する: use that vulnerability to do ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
今の自分を叩き台にして、何とか(人)なりに最善を求める: use what sb be to shape the best
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 258
〜を突いて来る:use
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 461
言葉を効果的にあやつる方法を知りぬいている: know how to use one’s tongue very well
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
民間の医者にかかる: use civilian doctors
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 260
しょっちゅう(人を)ぶん殴っていた: used to beat sb regularly
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 236
病気を楯にする: use illness as a pretext
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 100
(人を)だしにする: use sb for some cause
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 498
〜につけこんで〜する: use ... to do
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 226
チベットに伝わる魔法の塗り薬をボールにつける: use a mysterious Tibetan sap on the ball
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 305
(人が)どれくらい自信をもって、いや、どれくらい自信なさそうに電話機をとりあつかうか、この眼でたしかめる: watch how confidently or tentatively sb will use the telephone
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
その一例として教官がもちだしたのは、アルコール中毒だった: One of the examples he'd used had been alcoholism
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
鶏を裂くに牛刀をもってするたぐいだ: like using a laser beam to cut up a chicken
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 18
その手の薬を飲んでいる: be USING DRUGS
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
夢を羽撃かせる: use one’s imagination
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 199
(物を)たくみに活かす: use sth effectively
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 99
力と才覚を活かす: use one’s power and resources
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 265
〜のもつ雑駁さに関しては慣れっこになっている: be used to the bustling atmosphere of ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 178
〜ような類の言い回しがときどき顔を出す: occasionally use a phrase like ...
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 4
〜に映るものに気をくばる: use the reflection in ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 183
起用する:use
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 302
相手の名を口にしかける: be about to use sb’s name
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 203
バスルームに行く: use the bathroom
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 177
なんらかのかたちで軍事力を行使する: use force somehow
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 247
(物を)貰っても仕様がないわね: of what use would sth be to sb?
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 93
そのもの本来の使い方を教える: give lesson in the proper use of sth
フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 116
〜の使い方は好ましいものではない: be not an advisable use
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
〜に年間の建設予算を全部使い切る: use up one’s whole year’s construction budget to do
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 459
その一件を〜という約束を反古にするための口実に使う: use the incident as an excuse to renege on one’s promise that ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 177
〜をひけらかしに使う: use sth as a signal
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 261
(人を)下働きに使う: use sb as a dogsbody
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 120
自分自身を有効に使う: use oneself well
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 75
コネを使う: use one’s resources
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 294
手練手管のかぎりを使う: use all the tricks in the book
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 104
大きな図体のありったけを使って〜する: use all one’s bulk to do
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 261
じょうろを使ってパンジーに水をやる: use a little watering can on some pansies
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 208
湯水のように使える財源を手にする: be able to use a financial bucket-loader
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
〜はまた〜で使用されてもきた: have also occasionally been used in ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 425
持ちだす:use
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 53
〜を自在に扱う: use ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 224
道具の助けを借りる: use a mechanical aid
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 106
借りる:use
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 15
アメリカ海軍を出動させる: use the U.S. Navy
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 81
消費量:use
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 77
貴方も一切位肖っても可いでしょう: I’m sure you can use a bit of good luck yourself
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 213
(人の)情報を生かす: use sb’s information
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 249
コンピュータを操作する: use a computer
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 167
人は自分の持っている才能を出来るだけ働かせなくては嘘だ: it’s a crime not to make the best use of whatever ability one has
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
多言を費やす: use a lot of ink and papers
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 58
是非とも〜が必要だ: be obliged to make use of ...
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 9
ピートはザナックスを服用するようになったが、濫用するまでにはいたらなかった: Pete used the Xanax but did not abuse it
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
権力と金に物をいわせる: use one’s money and connections
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 153
人にはそれぞれ役回りがあるのだ: all men have their uses
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 110
〜多用: the excessive use of sth
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 373
論理に頼って: by using logic
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 1
〜の利用を抑制すること: limiting the use of sth
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
石炭換算で140億トンを利用する: use the equivalent of 14 billion metric tons of coal
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 8
相手の力を逆手にとって利用する: use sb’s force against sb
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 268
マスコミの力を知っている: understand the uses of publicity
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 189
手練手管を弄する: use the wiles and ruses
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 136

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

時間つぶし: using up time
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 388
教材: uses for teaching
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 11
〜というのが(人の)得意のせりふで、いつもそういっていた: used to say
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
いつも〜していた: used to do
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 13
〜したもんだ: used to ...
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 158
理性を失わずにね: use your judgement
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 208
顔を拭う: use the towel
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 321
こちらからかける: use the thing
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 19
防空壕に入る: use the shelter
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 121
手洗いに行く: use the facilities
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 303
手洗いに立つ: use the bathroom
〜をバネにする: use sth constructively
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 102
いくつものネットワークを使い分ける: use several networks
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 166
勝手に〜する: use self-help
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 102
(人の)名を騙る: use sb’s name
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 124
ハッカのキャンディをしゃぶる: use peppermints
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
(人の)名を出す: use one’s name
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 346
頭を働かす: use one’s head
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 257
両手でふりをつける: use one’s hands
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 233
ティッシュを抜きとる: use Kleenex
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 165
つかいまわす: use again
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 258
吸入をする: use a vaporizer
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 45
勝手すぎる: just use people
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 52
虚しい: it is no use
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 147
どうしようもない: it’s no use
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 215
〜にも功がある: have one’s uses
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 9
つぎの投下にそなえて: for future use
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 27
応用が利く: can use
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 11
昔のあの、シャープなおめえはどこにいっちまったんだよ?: you use to be a beautiful guy, you know it?
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 372
(人の)〜能力は人も知るというものだった: you know how sb used to be about doing
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 256
いくら好きになったってだめさ: what was the use
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 429
〜が〜をして何になる: what the hell is the use of sb doing?
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 178
(人が)いうところの: what sb used to call
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 171
これはひとつ、(人に)じっくりきいてみなければ: what one can use is a little heart-to-heart with sb
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
〜本なんて、どこがいいんだろう: what is the use of a book ...?
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 13
読んでもしようがないのに: what is the use of a book ...?
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 11
何でそんなにケチなのよ?: what in the name of God’s the use of being so tight?
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 56
いまさらこぼしてどうなるの?: what’s the use of making a lot of fuss over it?
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 227
キザないいまわしはぬきにしたらどうです?: what’s the use of getting poetic about it?
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 66
〜したってしかたがねえや: what’s the use of doing?
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 87
こっちは大歓迎だ: we could use you
ル・グィン著 浅倉久志訳 『風の十二方位・九つのいのち』(Wind's Twelve Quarters ) p. 240
〜に対してどんな作戦がとられるのだろうか: want to see the strategy used against ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 321
〜を口実に〜する: using ... as an excuse to do
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 138
〜と何度もいっていた: used to tell sb ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 276
指先で上下にこする癖があった: used to stroke up and down with the tip of one’s finger
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 184
〜が(人の)口癖だ: used to say that ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 329
〜が口ぐせだ: used to say that ...
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 102
言ってやったものだ: used to say ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 113
〜ではないかと、よく冗談を言いあったものだ: used to make a lot of jokes about ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 414
以前は〜だった: used to be ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 330
なけなしの分別とハートをふりしぼる: use what sense or sensitivity one has
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 199
(人の)〜選びがまちがっている: use the wrong ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
それをしおに〜する: use the opportunity to do
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 102
ライターで煙草に火をつける: use the lighter on a cigarette
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 200
千載一遇のこの機を逃さず: use the grace period
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
〜という言い方をする: use the expression ...
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 11
樹皮を煎じて飲む: use the bark for a tea
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 89
(物を)〜でも毎回しつこいくらいに多用する: use sth to excess in every ...
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 139
(物を)タネにして〜する: use sth to do
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 47
〜がわりにする: use sth for ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 268
(人を)臆面もなくステッキがわりにする: use sb unashamedly as one’s walking stick
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 233
使うだけ使う: use sb for all sb is worth
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 42
(人に)やらせる: use sb as one’s cat’s-paw
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 349
〜の言葉をそのまま引く: use sb’s exact word
手で人込みをかきわけながら〜へにじりよっていく: use one hand to make a path through the crowd to ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 230
指で〜する: use one’s finger to do
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 240
本名を名のる: use one’s actual factual name
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 92
〜なんて言う: use language like ...
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 43
おんぼろ石炭バケツを灰皿がわりに煙草を吸う: use an old coal bucket for an ashtray
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 236
えらいきれいごとを並べたてる: use all the big words one knows
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 70
なじみの料理屋: use a restaurant a lot
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 108
シャワーを浴びてから一眠りする: use a little freshening up
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 154
すこし強い調子で言う: use a fairly sharp tone
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 49
〜に対して〜というレッテルを張りつける: use ... to describe ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 198
〜をいい口実にする: use ... as one’s excuse
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 405
〜を〜がわりにする: use ... as ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 268
ヒラリという形容: to use the word “flutter”
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 3
俗にいうように: to use an expression
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 246
俗にいうと: to use a popular expression
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 159
相手になめられないように: to make certain one is not being used
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 120
ちっちゃなドアのそばでぼんやりしていたってはじまらない: there seems to be no use in waiting by the little door
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 21
小さいドアのそばでだまって待っていてもなんにもならない: there seems to be no use in waiting by the little door
ルイス・キャロル著 高橋康也・迪訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 19
小さな扉の前でぼんやりしていてもしようがなさそう: there seems to be no use in waiting by the little door
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 18
〜してみてもはじまらない: there is no use in ~ing
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 29
なにをいってもはじまらない: there is no use in saying anything
ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 72
用ずみである: there is no further use for sb
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 222
〜では何をいっても通らない: there’s no use saying anything in ...
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 237
これじゃ問答無用ね: there’s no use in speaking
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 50
いまさらそのことでくだくだ言いあっても埒はあかんよ: there’s no use discussing it further
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 161
昔の(人と)同じように: the way one used to
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 189
テレビ・ドラマみたいな言葉: the sort of words used on TV shows
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 155
しょっちゅう〜していたのは、その秘密の故だ: the secret figured into why sb used to do
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 576
戦争中に通用していた定まり文句: the phrases everybody used during the war
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 275
近所の人に言われたもんだよ、〜って: the neighbors used to say ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 307
あのとどめのさしかた: the method one used to dispatch sb
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 534
力の入れ具合や毛を刈っていくスピードのコツ: the knack of using just the right pressure or speed
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 31
子供のころに暮らしていたわびしいおんぼろ家: the desolate firetraps sbs used to live in when sb is child
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 537
〜しようと、全精力をふりしぼる: strain as sb use all one’s cojones to do ...
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 38
〜がわりの(物): sth to use as ...
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 326
〜には〜年を超す歴史がある: sth have been in use there for ... years or more
食いものにできる人間: someone to be used
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 130
たくみな身ぶりや擬声音: skillful use of gestures and sounds
小松左京著 ギャラガー訳 『日本沈没』(Japan Sinks ) p. 53
ぶるぶる震えてものの役に立たない: simply tremble with fear and be of no use whatsoever
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 248
おまじないのように繰り返す: repeat several times aloud, using the words like a mantra
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 11
何か遣れる能力があるのにぶらぶらする: refuse to make use of one’s talents
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
〜はなかなか使えそうだ: one could make real use of sth
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 416
服は見るからに着古しだ: one’s clothes are clearly well used
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 19
〜を使ってくれという: offer sb the use of ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 276
黙って(人に)会釈する: nod rather than use sb’s name
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 238
なんだか知らんが、ずいぶんごゆっくりだったな: no use asking what took you so long
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 18
自分の勝手のために(人を)煩わせる: make use of sb for one’s own convenience
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 218
うまく相手のすきをねらう: make such good use of one’s time
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 284
器用に(物を)使う: make smart use of sth
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 302
AはBの言葉遣いにひどく面食らう: make A nervous when B use that word
むかしのよしみで: like we used to
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 131
どうしても量が多くなってしまう: just keep using more, no matter what
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 55
〜してみてもはじまらない: it is no use ~ing
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 193
それは無意味だ: it is no use
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 308
これを根拠に〜だと論ずることもたやすい: it can be easily used to argue that ...
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 104
女中を叱る口調で: in the tone one use for scolding servants
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 41
必要以上にけたたましく警笛ラッパを鳴らして: in the loud, excessive use of one’s horn
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 59
(物は)たしかに欲しい: I could certainly use sth
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 485
今後あんたと契約してもいいと思っている: I can use you on a permanent contract basis
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 112
〜が何の役に立つだろうか?: how can sb use ... ?
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 162
権力者然とした顔をする: have the look of one used to authority
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 25
〜にまるで縁がない: have no use for ...
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 10
いろいろの役に立つ: have lots of use
〜に幼いころからなじんでいる: have grown used to ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
もう切れた: have already been used up
大岡昇平著 モリス訳 『野火』(Fires on the Plain ) p. 6
とてつもない量のドラッグに手を出す: go on to use numerous drugs
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 418
(〜に)なじむ: get used to sth
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 15
〜をあてこんで: for the use of ...
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 12
引合いに出そうとしている事柄に、気おくれをおぼえる: feel awkward using the reference
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 296
かなり疲れ果てていてとても色恋に向けるエネルギーなんてない: feel all used up and in no mood for romance
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 30
そう言っても偽善めく: even to use the word is hypocrisy
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 132
斯う申しましても、: even though I use these words
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 59
会話に必要な遁辞とか修辞学的な言いまわし: evasions and challenges and rhetorical subleties used in conversation
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 49
(人の)金が自由になる: enjoy the use of the money of sb
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 119
灯をつけない: don’t make use of any light
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 46
〜がいつ必要にならないともかぎらない: could always use sth
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 83
どうもしっくりこない: cannot properly get used to
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 151
ちょっとコネがある: can use a few names
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 254
箸が覚束ない: can not use chopsticks
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 12
〜を駆使する能力を持っている: can be urged to use ...
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 66
いくら〜しても〜できない: can’t use ... to ...
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 35
ただ〜するために、言っているだけだ: but make use of them, to do ...
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 288
〜ということのひとつの尺度になっている: become one of the yardsticks used to measure how ...
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 62
〜を(人)ひとりに押しつける: be used to relive ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 49
遊ばせておく: be used for virtually nothing
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 105
〜の代りにする: be used as ...
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 122
(人の)不利に逆用される: be used against sb
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 76
大いに重宝される: be used a great deal
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 246
〜にはもったいない: be too good to use for ...
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 30
〜してはじめて底力を発揮する: be of the greatest use when ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 110
この上なく重宝だ: be of the greatest use
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 89
〜には無用の長物だ: be of no use to ...
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 428
だれからも必要とされず: be no use to anyone
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 277
(人に)仕える: be made use of by sb
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 448
(物)のお世話になっている: be bound to use sth
〜する目的を持っている: be being used to do
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 221
やってみるだけの価値はある: be a good use of one’s time
ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 36
ソ連との取引き材料: bargaining chip for use with the Russians
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 310
いつもこのやりかただ: always use that tactic
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 13
こんなときにぴったりな言葉: a quotation sb could use
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 206
AにとってBは邪魔者だ: A have no use for B
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 150
むかしいっしょに仕事をしていた男: a guy I used to work with
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 52
というのは、おれたちはきみにも参加してほしいんだ: ’Cause we want you to take part
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
どこぞの商家: a large merchant house
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 15
家の荒れた裏庭には: in the abandoned yard behind sb’s house
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
〜を武器に〜する: use this ability to ...
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 213
この先も、おんぼろの下宿屋に住むようなことにはまずなるまい: be not about to end up in a rooming house
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
あと通りひとつでうち: be about a block from the house
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 97
何を思ったか、だしぬけに話をさえぎった: something abruptly caused sb to interrupt
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
突然口をつぐむ: pause rather abruptly
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 22
ああ、ここはすっかりもとの通りだ: Why, this is absolutely as it used to be!
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『虔十公園林』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 15
家中はひっそりと静まりかえっている: the house is absolutely quiet
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 230
何の役にも立たない: be absolutely useless
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 116
あたまっから、徹頭徹尾、まるっきり、完全に拒否する: refuse categorically, absolutely, in toto and entirely
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 112
妙に人ごとのようにぼんやりと考える: muse in a queerly detached abstraction
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 468
難解な:abstruse
辞遊人辞書
滑稽感を覚える: be seized with a feeling of absurd amusement
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 227
(人の)好意につけ込む: abuse sb’s trust
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 276
〜でわがもの顔にふるまう: abuse ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 163
(人を)クソミソに言い合う: we abuse sb
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 167
悪ざまに罵りそしっている: vie with one another in abusing
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 126
悪用:abuse
辞遊人辞書
悪用する:abuse
辞遊人辞書
ありとあらゆる肉体的加虐に合う: be subjected to all sorts of physical abuse
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 98
性的虐待の被害者: victim of sexual abuse
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 205
性的虐待: sexual abuse
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 204
長年にわたる虐待のくりかえし: long cycles of abuse
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
幼児虐待: child abuse
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 70
目を覆うような暴力と性的虐待: astonishing acts of violence and sexual abuse
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 228
口汚い罵りの言葉をほとばしらせ始める: burst into a stream of abuse
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 107
(人を)邪険にあしらう: abuse sb
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 259
さもなければ、いやしくも大佐が准尉ごときに痛めつけられて黙っているはずはない: How else could we get away with abusing a full colonel?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 256
罵声を浴びせる: shout abuse at sb
レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 198
1球ごとに罵声がとんでくる: each ball is greeted with a volley of abuse
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 82
過酷な性的暴行を受けてる: be subjected to intense acts of sexual abuse
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 302
暴力の跡がある: show signs of abuse
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 214
長年にわたって拮抗してきた(人の)暴力と(人の)憎悪: all the years of sb’s abuses and sb’s hatred
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 341
〜を濫用するまでにはいたらない: do not abuse sth
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
(人の)援助を濫用する: abuse the support of sb
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 475
(人の)親切を裏切る: abuse sb’s goddam hospitality
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 78
ふまれてもふまれても笑うことができる: will not give in even to abuse
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 98
〜にこき下ろされる: to suffer verbal abuse of ...
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 63
罵声: shouts of abuse
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 351
性的な悪戯: sexual abuse
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 402
(人が)〜につけこんで身勝手なふるまいをする: sb’s abuse of ...
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 230
暴力: physical abuse
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 455
いくら云いつのっても: no matter how long one continue this abuse
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 76
もういい: have enough abuse
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 138
麻薬をやったりする: have a problem with substance abuse
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
なおもなじり、かきくどく: continue one’s assault, alternating abuse with painstaking explication
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 124
罵倒される: be verbally abused
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 181
いやがうえにも感情をかきたてる(人の)言葉つきに新たにどっとわきでる涙: the tears which sb’s affecting accents cause to flow afresh
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 193
ホワイトハウス内の役職を拝命する: accept a White House appointment
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 324
言い訳には耳を貸さない: do not accept excuse
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 94
ささやかな拍手を期待するように: as if ready to accept a little light applause
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 200
断る態のいい口実: an acceptable way to refuse it
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 70
盛大な拍手に送られる: be accompanied by loud applause
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 252
手を触れずに(物を)〜へもちあげる: cause sth to rise to ... of its own accord
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 83
小切手帳と預金通帳の入金と出金を照合する: balance the checkbook and the house accounts
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
内部の事務処理: in-house accounting
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 373
ずいぶんいろんなことをいわれる: be accused of many things
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 475
「あなた、飲んでたんでしょ」と、なじりにかかる: "You've been drinking," she accused
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 338
〜と言ってなじられる: be accused on the grounds that ...
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 68
(人から)あらぬ疑いをかけられる: be wrongly accused by sb
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 148
〜の件で嘘をついたろうと詰る: accuse of lying about sth
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 199
不満をほかのことでまぎらわせているのだろうと言う: accuse sb seeking substitute gratification
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 181
告訴する:accuse
辞遊人辞書
告発する:accuse
辞遊人辞書
〜したといって叱る: accuse sb of doing
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
〜と(人を)叱る: accuse sb of ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 37
なかでもぎらぎらと輝き、おおげさに叫び、声高になじっているのは、この一語だった: That word most of all, glaring, shouting, accusing
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 318
非難する:accuse
辞遊人辞書
(人を)あからさまに咎める: accuse sb outright
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
咎める:accuse
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 61
(物事)まで(人の)せいにされる: practically accuse sb of sth
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 215
〜に対するこうした描写を大げさに感ずる人があったとしたら: if anyone accuses sb of overdoing sb’s description of ...
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 186
(人の)訴因というのは、亡命者だという理由だ: be accused by the public prosecution as an emigrant
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 180
何の問題もないと言い張る: refused to acknowledge any problems
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 181
スーパーユーザーの特権を手にする: acquire superuser privilege
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 31
〜しかけて(人は)、思わず手をとめる: pause in the act of doing ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 353
一軒家: actual house
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 168
(人を)悲嘆させる: cause sb acute distress
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 292
うんざりするほど:ad nauseam
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 48
すこし間をおいてアランはつけくわえた: He paused, then added
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 122
彼はふと口をつぐんだが、すぐにまた続けた: He paused briefly and added,
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 70
便利な存在だ: be a useful addition to the family
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 103
何かひとこと言うたびにわっと笑い出す: each remark become an excuse for additional laughter
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 57
(人に)いっていたのと同じおべっかを、よその男にいう: address another in the very same words of flattery as one have used to sb
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 94
感心しているひまはない: do not pause to admire sth
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 247
いわん方ない傾倒が、その股引に対して私に起こった: And inexpressible adoration for those trousers was born in me
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 11
共産主義思想を煽る: advance the Communist cause
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 41
〜するのはわれわれの目的にとってマイナスだ: it would not advance our cause to do
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 84
この家の弱みに食いこむ: take advantage of a moral ambiguity in the household
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 40
遠巻きに意味ないことを叫ぶばかり: be darting about on the sidelines, squeaking useless advice
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 256
ツイート