× Q 翻訳訳語辞典
tentatively   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜してみて
   
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 44

あいまいに
   
I smiled tentatively: わたしはあいまいにほほえんだ デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 171
あやふやな
   
He saw me and smiled tentatively: 大佐は、わたしを見てあやふやな微笑をうかべた デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 144
いちおう
   
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 418
うっすらと
   
dawn is tentatively on the horizon: 地平線にうっすらと曙光が射してくる フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 157
おずおずと
   
Tentatively she ran her hand down the rough whitewashed brick: そしてそのざらざらした白色塗料を塗った煉瓦の表面に、おずおずと手を這わせた クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 10
He nods and she smiles tentatively at him: チコがうなずくと、女はおずおずと微笑を返してくる キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 72
おそるおそる
   
walk tentatively through Customs: おそるおそる税関を通る メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 17
tentatively move away from ...: おそるおそる〜を離れる フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 361
こわごわ
   
<例文なし> ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 240
ためすような格好で
   
sit down on the bench, tentatively: 椅子の上に坐り具合をためすような格好で腰を下ろす サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 149

ニッコリ
   
smile tentatively: ニッコリ笑う マクベイン著 加島祥造訳 『死にざまを見ろ』(See Them Die ) p. 82

一応
   
The man's mistress was tentatively taken to be the criminal: 一応、男の情婦が、犯人としてあげられた 安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 105
空しく
   
touch sb tentatively: 空しく(人に)追いすがる スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 160
暫定的に
   
<例文なし> ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 17
試し試しという感じで
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 230
自信なさそうに
   
watch how confidently or tentatively sb will use the telephone: (人が)どれくらい自信をもって、いや、どれくらい自信なさそうに電話機をとりあつかうか、この眼でたしかめる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 193
漸く
   
be tentatively made: 漸くまとまる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 104
頼りなげに
   
say tentatively: 頼りなげに答える プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 97

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

very tentatively inquire: 遠まわしにきく
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 125
proceed, rather more tentatively with the rest of one’s theory: それでも前よりは試験的に、自説の残りを書き進める
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 172
ツイート