× Q 翻訳訳語辞典
atmosphere   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
気分
   
there is a palpable atmosphere of celebration: はっきりわかる祝賀気分がただよっている トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 162
lighten the atmosphere: 気分を盛り上げる デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 501
a kind of carnival atmosphere imbues ...: 〜に一種お祭のような気分が染みわたっている プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 189
空気
   
the atmosphere lightens a good deal: いたって明るいなごやかな空気になる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 274
the atmosphere in the house: 家の中に漂う空気 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 129
an atmosphere that totally lacks any healing warmth: 自分をとりまく冷えた空気 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 348
座がしらけること
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 17
騒ぎ
   
it is hardly an atmosphere conducive to sleep: とても寝ているどころの騒ぎではない 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 22
大気圏
   
plummet back through the atmosphere: 大気圏を落下 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 82
匂い
   
with an atmosphere of ...: 〜の匂いを感じさせる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 12
雰囲気
   
the unsavory atmosphere: 芳しからぬ雰囲気 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 31
the sort of atmosphere that ...: 〜と同じ種類の雰囲気だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 30
some atmosphere of leisured sanctuary: くつろいだ聖域の雰囲気 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 252
rough-and-tumble atmosphere: 八方破れの雰囲気 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 51
react to the beauties and the atmosphere of ...: 〜の美と雰囲気に心をおどらせる ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 328
in an atmosphere of suspicion: 疑心暗鬼の雰囲気のなかで ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 40
in a more amiable atmosphere: もっとくつろいだ雰囲気の中なら トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 338
atmosphere of savagery: 野蛮な雰囲気 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 278
atmosphere of charged discomfort: 不快をはらんだ雰囲気 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 239
an atmosphere of self-conscious boosterism: 〜をしっかり意識して盛り上げた雰囲気 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

ease the atmosphere: 緊張をほぐす
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 52
clear the atmosphere: スカッとさせる
ライス著 小鷹信光訳 『死体は散歩する』(The Corpse Steps Out ) p. 130
when dinner is over the atmosphere of the room become heavily lethargic: 食事のあとのけだるい疲労感が室内をおおっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 202
there is a hushed, secretive atmosphere in this part of town: なにか息をひそめているような一角だ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 65
in an atmosphere of hysteria: 世間がヒステリー状態で見まもるなかで
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 175
enliven the atmosphere around ...: 〜あたりを色花やかにする
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 212
drink in the atmosphere of commerce and activity: 繁華街の活気に魅せられる
ディック著 小尾芙佐訳 『火星のタイム・スリップ』(Martian Time-Slip ) p. 47
be used to the bustling atmosphere of ...: 〜のもつ雑駁さに関しては慣れっこになっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 178
be greeted with a noisy atmosphere almost of celebration: 熱に浮かされたお祭り騒ぎのようなものだ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 49
be brought up in an atmosphere of generosity and ease: 鷹揚に育てられる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 148
an extremely tense atmosphere: 緊張しきって
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 140
an artificial atmosphere of pleasure: 架空の楽しさ
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 65
beyond the Earth’s atmosphere: 地球の大気の彼方
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 73
the surrounding atmosphere brightens immeasurably: 急にまわりの空気がすかっと軽くなる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 24
after the cooler, clear atmosphere of the Plateau: あの台地の清冷な台地を味わったあとでは
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 492
enjoy an atmosphere: 雰囲気が好きだ
コネラン著 仁平和夫訳 『ディズニー7つの法則』(Inside the Magic Kingdom ) p. 42
make a hard fight against a smoke-laden and uncongenial atmosphere: 煙で汚れた空気のなかで悪戦苦闘しながら息づいている
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 74
frail atmosphere: きわどい空気
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 148
the atmosphere of outrage and frustration is oppressive: 怒りと焦慮のたちこめる空気は重くよどんでいる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 125
hit the earth’s atmosphere: 地球の大気に突入する
in that very jumpy atmosphere: あの疑心暗鬼の空気のなかでは
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 322
be made into ruffians by the atmosphere: この雰囲気によって無頼漢と化す
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 195
the atmosphere of ... is much less strained: 〜の雰囲気はずっとくつろいでいる
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 97
it is a pleasant homey atmosphere: 家庭的な暖かな雰囲気だ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 155
be responsible for the strained atmosphere: その空気をつくったのは、〜の方だ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 44
same faces and talk and atmosphere: 雰囲気も話し声も人々の顔つきもそのまま
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 5
be soaking up the atmosphere: ここの雰囲気を味わっている
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 177
Would he speculate that it had dropped from out beyond the atmosphere itself?: ボールは大気圏の外から降ってきたのだ、などとあて推量をするかもしれない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 132
He had become thoroughly acclimated to a sphere whose atmosphere was logic: 彼はすでにはっきりと論理の世界に属していた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 10
uncanny atmosphere: 只ならぬ空気
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 254
ツイート