× Q 翻訳訳語辞典
B

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Specialist Baker a.k.a. Warrant Officer Kiefer: スペシャリスト・ベーカー実はキーファー准尉
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 296
get our ABC’s right: 話のイロハをはっきりさせる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
don’t know the ABC’s of life: 人生の西も東もてんで解っていない
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 40
have been Buster to just about everyone: バスターの呼び名で通っている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
But for me such a revolt was absolutely impossible: それはどのみち不可能だった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 56
absolutely A, but B nonetheless: 正真正銘のAで、しかもBだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 86
accompanying A is B: Aには、Bがつきものである
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 88
achieve the right combination of A and B: AとBをうまく塩梅する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 18
Well hell, I mean I see this whole thing as Bee's achievement and not mine: じつをいえば、これはひとえにビーの手柄であって、わたしの手柄ではない
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 88
act as intermediary between A and B: AとBの取り持ち役をやる
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 238
But actually he hasn't got clearance for the computer room: あの人は、コンピュータ室に自由に出入りすることもできませんもん
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 486
... But actually ...: 〜ながら、〜
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 69
Norris Ridgewick looked like an ad for When Bad Things Happen to Good People: ノリスは「善人に災難がふりかかるとき」という広告コピーを絵に描いたような表情をしてみせた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 78
'And sleep,' Brooks added: 「眠ることと」ターナーがいいそえた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 404
George added, 'But the ground's still wet from that March snow.': ジョージが応じて、「でも三月の雪で地面はまだ湿っておりますよ」
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 39
Without so much as a smile, he added, "Bring me anything?": それから彼は「おみやげは?」と笑わない顔で言いました
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 254
adjust to the twin realities of A and B: AとBという表裏一体の現実にうまく対応する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 251
Bar Admissions and Disciplinary Commission: 弁護士資格審査委員会
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 45
Bar Admissions and Discipline: 弁護士資格審査委員会
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 24
some rascally adventurer, some Belgian brute: ごろつきで危ないことならなんでもやるベルギー人
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 55
But after having drinks with him, I think our intuition is correct: でも、さっき一緒にお酒を飲んだときに感じたあの直感は正しいと思う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 361
Lamont did not expect to hear from Bronowski again: ブロノフスキーからその後連絡があるとはラモントは期待していなかった
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 53
But again the mailbox was empty: 郵便受けは相変わらず空っぽだった
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 376
be brought to side with A against B: Bを裏切ってA側につく
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 158
A put up sth against B’s sth: Aは自分の(物)を賭けて、Bは(物を)かける
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 240
The FBI had assigned 150 agents to the search: FBIは捜査に百五十人の捜査官を投入した
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 41
ex-FBI agent: 元FBI捜査官
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
Bureau agent: FBI捜査官
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 233
Batts and Parnell would quickly agree: すかざずバッツとパーネルがうなずく
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 51
A and B agree on ...: AとBの間に〜に関する共通の理解が成り立つ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 182
'Many times,' agreed Bronowski: 「さんざんね」ブロノフスキーは相槌をうった
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 22
agree to AA but not BB: (AAは)仕方ないが(BBは)いやだ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 51
A be ahead of B: 先手を打ったのはAだ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 43
AA and BB alike: AAだけでなくBBはこぞって
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 36
A and B alike: 〜と〜
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 21
without AA, all BB in the world is ...: AAがなければBBもしょせんは〜にすぎない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 209
get all A’s and B’s: 成績表がAとBで埋めつくされる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
don’t look anything like A, all we can see is B in one’s face: Aにはちっとも似ていない。誰が見てもBそっくりだ
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 513
control all the gangs from AA to BB: AAからBBにかけてを縄張りにしている香具師の元締
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 15
all AA and BB around: AAやらBBやらがうようよいる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 31
A make B look all the better: AでBが引き立つ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 194
A could only guess at what the intent of the B was in allowing this: それをするすると通したBの真意を測りかねていた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 398
A allows B to do: AのおかげでBは〜することができる
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 32
almost theatric British accent: いささかもったいぶったイギリス英語
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 275
AA’s contacts are almost as good as BB’s: AAはBBに劣らぬ情報源を持っている
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 28
A, let alone B: B、しかもA
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 53
A comes into the room along with B: AとBとが入ってくる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 287
ersatz Bavarian alpine goatherd hut: バヴァリアふうの山羊飼いの小屋
But the Kapok Kid was already there: いうよりはやく、カポック・キッドはかけよっていた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 319
The FBI's turned us down five times already: FBIはこれまでにもう五回も私らをつっぱねているんですよ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 131
the contest between A and B is already in a delicate balance: AとBとはたたでさえきわめてデリケートなバランスをとって拮抗している
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 50
Also of Beckie the godfather, okay?: それからベッキーには名づけ親だ、オーケイ?
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 148
But also with the light of battle in his eyes: だが、その目には、たたかいの光もらんらんと宿っていた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
But when it came to the big stuff he always played a straight bat: でも、いざ大きなことになると、いつだってまっとうにやってたのよ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 260
But she always had a lot of love for them: でも母さんはいつだってその二人に惜しみなく愛を注いでいた
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 577
But it is always the facts that will not fit in that are significant: ところがその当てはまらない事実こそ、えてして意味深長なことが多いのです
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 358
But the girls who worked for her were always changing: しかしチームのメンバーの女の子はしょっちゅう入れかわっていた
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 171
But in a big game before a big crowd, he was always at his best: 実際レイノルズは、大試合で大観衆の前に出ると、決まって最高のピッチングをした
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 439
'But what did you study?' said Pym amazed: 「大学でなにを勉強したんだ」ピムは唖然としてきいた
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 117
the ambiguous sea captain Brandt: 正体さだかならぬブラント船長
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 85
consider ... by positing that they were analogous to those ofA and B: 〜をAとBとの類比において考察する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 52
A and B: AだのBだのは
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 27
AA and BB: AAするくせにBB
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 9
AA and BB: AAだけでなくBB
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 240
'Does Bowden really expect me to believe that yarn?' he asked angrily: 「ボードンは本気であんな話を私に信じさせようというのか」おこったように彼はいった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 233
His British accent didn't hide his annoyance: イギリス訛りは彼の不機嫌を隠しおおせていなかった
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 30
I was looking for any clue to Bert's present whereabouts: なんでもいいから、バートの居場所の手がかりがほしかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 91
beat any Bolshevik they find: 目に入るボルシェヴィキをひとり残らず打ちすえる
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 322
But she didn't look at him, anyway: でもいずれにせよ、彼女は彼には見向きもしなかった
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 217
Anyway, as they said, it's all up to us now, isn't it, Baian: さて、これからは、こっちのものさ、ねえ梅安さん
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安晦日蕎麦』(Master Assassin ) p. 239
But I'd plug him anyway: しかし僕は、それにかまわず引き金を引く
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 163
But they know anyway, he thought stupidly,: しかし、どうせもうわかってるさ、といまごろばかみたいに気がついた
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 44
But I'll give it to you, anyway: でも念のために番号をおいていきますわ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 227
'Bit confused, sir,' Bentley apologized: 「ちょっとはっきりしません」と、ベントリーはことわった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 307
possibly A’s apparent frankness was a means of seizing the initiative and warning B not to intrude into this mystery: 磊落を装って、先手を打って、その秘密には触れるなと警告を発しているようでもあった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 55
a patently British appearance: 見るからにイギリス人の風貌
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 259
apply A B: AをBにおしつける
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
But in his dreams he spoke a rich American argot, savory as any jazzman's: しかし、夢のなかでは、ジャズメンのようにしゃれたアメリカのスラングを自在にあやつっていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 16
awkwardness arising from difference between A and B: AがBと異なるところからくるぎこちなさ
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 1
around the Dryad’s Bubble: 妖精の泉のほとり
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 234
it isn’t A, so much as B: 大切なのはAではなくてBである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 162
do not think A as much as B: AではなくBだと思う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 362
both AA and BB as well: AAもBBも
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 55
AA as well as BB: BBとはいえAA
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 58
A as well as B: AがBと同じくらい〜
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 252
A as well as B: Bと同様、Aも
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 294
But duty and honour aside, my natural curiosity was aroused: だが、義務や名誉はさておき、自然な好奇心が高まってきた
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 15
A ask B to do: BはAから〜でするように言われる
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 238
aspirant Buddhist monk: 向上心の強い仏教の修業僧
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 82
young Buddhist aspirant monk: 仏教徒になろうとしている青年
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 257
Stengel saw that Byrne was an asset, particularly as a number-four pitcher;: ステンゲル監督は、バーンを戦力として(つまり第四の先発投手として)考えていた
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 370
MAINE BUREAU OF ASSHOLES!: メイン州バカタレ局
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
But you will assist us?: でも協力してくださいますわね?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 151
But let's just assume it was going up: ただ前後の状況を考えあわせてみて、エレベーターは上昇しているはずだと私が便宜的に決めただけの話である
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(Hard-Boiled Wonderland and The End of The World ) p. 11
'Never,' assured Berenkov seeing her need: 「あるものか」妻の気持を酌んで、ベレンコフは力強くいった
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 216’cuz
an 18-speed mountain bicycle: 十八段ギアの山岳用自転車
the conclusion is inescapable: ...: どうしたってあるひとつの結論に達しないわけにはいかない。すなわち、 ...
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 96
: they hadn’t even bothered to send Charlie on reconnaissance: といって、チャーリーを索敵にさしむけることさえしていない。
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
: excrement is a symbol for the earth: 何故なら糞尿は大地の象徴であるから
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 10
know everything from A to Z about ...: 〜のことなら隅から隅まで知っている
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 177
..., big enough to drown a cathedral: 大伽藍のひとつものみ込みそうに〜
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 159
a beetle: 甲虫の仲間
be a type: ある種の典型だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
a moribund Friendly Society: さる破産寸前の共済組合
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 154
a hundred laboratory computers: ざっと一○○台のコンピュータ
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 50
be like an iron bar: ただの鉄棒
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 259
be a question, an obstacle: たんなる時間稼ぎの質問だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
in a Hannover beer garden: ハノーヴァーのとあるビアガーデン
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 249
a job: ひと仕事
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 397
a polite inquiry about sb’s cold: (人の)風邪についての一言の見舞い
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
a particular bond: 一種特別なむすびつき
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 104
a boy: 一人の男の子
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
a world that had been refashioned anew in a darkness for our pleasure: 一夜の暗黒のうちに世界が人間の気に入るようにすっかり面目をあらたにする
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
be an extraordinary experience: 何か只ならぬ感じがする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 61
read about sth in a book: 物の本に書いてある
lift an eyebrow: 片方のまゆをつりあげる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 73
there is a story of sb’s one read: (人の)ものを何か読んだことがある
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
just men doing a job: 平々凡々を絵に描いたような仕事だ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 19
in a book: 一冊にまとめた
be not worth a nickel: びた一文の値打ちもない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 45
how about that Thursday-night A.A. meeting over in Greenspark for a start?: 手はじめにアル中更生会なんてのはどうだろう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
one night, about 3 A.M.: ある日、夜中の三時ごろ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 340
be on the Life Plan down there at AA: 断酒会に出てる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 241
aba:アバ、アバー
辞遊人辞書
be genuinely taken aback by the irrelevancy: まるで見当違いのことが出てきたのには(人は)唖然となる
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 125
be taken aback when: 〜のときには、意表を衝かれる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 216
seem taken aback by ...: 〜に思いも寄らないという風をする
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 247
one might call sb taken aback: 辟易したという言葉が当っている
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 249
have seemed taken aback: あっけに取られているようだ
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 38
be understandably taken aback by crudeness of sb: (人の)口からこんな下品な言葉を聞かされて、腰を抜かさんばかりに驚く
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 148
be taken slightly aback: びくっとする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 312
be taken aback to find sb: (人の)姿を目にして驚く
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 172
be taken aback by sth: 〜で、少しひるむ
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 261
be taken aback by sth: どきんとする
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 20
be taken aback by its brightness: とまどうくらいの明るさがみちている
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 198
be taken aback by ...: 〜にぎくりとする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 190
be taken aback by ...: 〜に押されて閉口する
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 196
be taken aback by ...: あっけにとられる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 140
be taken aback at sth: 〜に度肝を抜かれる
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 413
be taken aback: あっけにとられる
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 65
be taken aback: あっけに取られる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 210
be taken aback: びっくりする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 264
be taken aback: ギョッとする
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 106
be taken aback: 意外な気がする
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 9
be taken aback: 気をのまれる
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 179
be taken aback: 虚をつかれる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 114
be taken aback: 思わずたじろぐ
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 197
be taken aback: 度肝をぬかれる
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 10
be taken aback: 不意をつかれてたじたじとなる
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 138
be taken aback: 不意をつかれる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 371
be taken aback: 呆れる
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 183
be taken aback: 呆気にとられる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 42
be taken aback: 目を疑う
有吉佐和子著 コスタント訳 『華岡青洲の妻』(The Doctor's Wife ) p. 85
be taken aback: 愕然とする
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 80
be somewhat taken aback: ちょっと意外である
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 17
be so taken aback: あっけにとられる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 268
be quite taken aback: 唖然とする
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 12
be a little taken aback: いささか虚をつかれる
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ケインとアベル』(Kane and Abel ) p. 88
be a little taken aback: 怪訝な顔をする
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 56
abacus:そろばん
辞遊人辞書
abacus:算盤
辞遊人辞書
abaft:船尾に
辞遊人辞書
abaft:船尾寄りに
辞遊人辞書
abalone:鮑
辞遊人辞書
abandan:使わない
辞遊人辞書
abandoment:なくしてしまう
辞遊人辞書
restless contingent that abandons home: わが家をかえりみぬ落ちつかぬ人々の群
オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 133
a sense of slovenly, affectionless abandon: どこか投げやりな心のこもらないすさんだ感じ
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 91
Abandoned me, dammit: 亭主をすててくれたよ、あいつ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 66
abandon sb’s ship to the winds: 風に船を委せる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
abandon:遺棄する
辞遊人辞書
abandon:去る
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 286
abandon:見捨てる
辞遊人辞書
abandon one’s ambitions: 気力を失う
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 201
abandon the dream one have cherished too long: 永すぎた夢想を捨てる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 107
do sth with zealous abandon: 〜するのに精を出す
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 21
abandon:断念する
辞遊人辞書
abandon the task: この義務を放擲する
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 145
that project is abandoned: この計画が放擲される
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 115
abandon the patient to his helplessness: 患者をヘルプレスな状態に放置する
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 17
be seized with a certain abandon: 放心状態になる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 47
abandon:放棄する
辞遊人辞書
abandon one’s ungainly posture: 窮屈げな姿勢を変える
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 192
abandon one’s fear of discovery and do: 相手に気づかれるのも忘れて〜する
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203
a craven who abandoned his post: 侯爵の地位を棒に振っちまった臆病者さ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 101
snore with abandon: 無心に鼾をかく
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 82
abandon to ...: 〜に明け渡す
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 7
abandon oneself to the fancy: 放心状態に落ちる
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 71
be angry at him for having abandoned one: 彼が離れていってしまったことを怒っている
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 12
turn with the reckless air of a man who abandons himself to his destiny: すてばちな態度で、どうでもなれとひらきなおる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 194
play the harp with effortless abandon: 自由自在に竪琴をひく
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 123
lying abandoned in ...: 〜に打ちすてられる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
ツイート