× Q 翻訳訳語辞典
A’s   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

成績はオールA: have had A’s
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
(人が)Aからきびしいお目玉をくらう: A’s acid tongue get to sb
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 95
成績表がAとBで埋めつくされる: get all A’s and B’s
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
AAはBBに劣らぬ情報源を持っている: AA’s contacts are almost as good as BB’s
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 28
磊落を装って、先手を打って、その秘密には触れるなと警告を発しているようでもあった: possibly A’s apparent frankness was a means of seizing the initiative and warning B not to intrude into this mystery
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 55
CIAにとって中南米での重要な手づる: CIA’s key Latin American assets
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 78
Aの遠慮がちな態度がBにとって困りものになる: A’s reticence bothers B
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 49
AAの株に投資する: plunk down one’s dough to buy AA’s common shares
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 194
将来の地方検事: DA’s comer
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 137
感覚上のギャップ: discrepancy between A’s feelings and B’s
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 264
全優の成績をみとめられて三学期くりあげの卒業を許される: make straight A’s at ... and graduate three semesters early
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 227
Aの電話と電子メールはBのそれとオーバーラップしている: A’s phones and electronic mail intersect with B’s
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
Aは単純なものほど美しい: A’s elegance lay in its simplicity
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 277
BをさかなにしたAの下品なジョークがおもしろくないらしい: seemingly unimpressed by A’s coarse humor or A’s jokes at B’s expense
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 49
(人を)うしろ手に縛りあげる: tie AA’s hands behind AA’s back
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 182
AがBについて語った内容とは逆に: A’s description of B notwithstanding
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 24
AAの後釜に坐るのはBBという人物だ: AA’s place is to be taken by BB
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 277
一座を見まわしたAの目がBの上でとまった: A’s look panned each of ... and settled on B
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 228
ママのお腹: mama’s belly
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 63
自分のパンドラの箱のなかにとじこめておく: keep steeled within one’s own Pandora’s Box
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 61
〜についちゃあ(人は)口が腐ってもいおうとはせん: will not tell you momma’s first name when it comes to ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 209
海洋が刻々と感情に及ぼす悪魔のような力: sea’s nightmarish power working endlessly on one’s moods, one’s passions
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 67
ママの実家の姓: Mamma’s family name
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 348
人間、〜せにゃいかん: a fella’s gotta do ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 217
ヴェクトラの舵がいっぱいに切らる: the Vectra’s helm go hard over
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 336
母親ゆずりの〜を全部もちあわせている: all Ma’s ... be still resident in one
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
蚤の夫婦: a flea’s marriage
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 44
海の巨きな潮の流れ: movement of the sea’s great tides
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 45
アメリカに二千万人もいるこんな〜: one of America’s twenty million ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 96
アメリカズ・カップの予選も本選も: the America’s Cup trials and the races
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 63
ブッダの経典の話をする: tell sb a sutra of Buddha’s
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 218