× Q  ?  翻訳訳語辞典
coarse
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
あら挽き
   
coarse grains: あら挽き麦 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 168
がさつ
   
Words like "coarse" or "unpolished" were still taboo around her husband: 夫の前で、無神経とがさつは、まだ禁句である 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 186
がさつで
   
Romans brutal and coarse with their uncouth jargon: 残酷で、がさつで、げびた言葉を平気で使うローマ人 ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 23
がさつな
   
these common, rough people, with their coarse faces and brutal gestures: がさつな顔つきと野卑な身振りのこの俗悪な連中 ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 123
ぞんざい
   
sb’s rough manner and coarse speech: (人は)お行儀が悪く、言葉遣いもぞんざいだ 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 107
どぎつい
   
become progressively coarser: だんだんにどぎつくなる メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 286
ひどいことをいう
   
be about to be coarse: これからひどいことをいうつもりだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 193
まばらな
   
one’s long throat where the hair grew coarse and unshaven: まばらなひげが伸びている長い首 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 297

ガサツそうな
   
an officer of a coarse dark aspect presides over ...: 浅黒い顔をしたガサツそうな士官が、その記録係らしい ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 123

粗野な
   
sb’s coarse features: (人の)粗野な顔つき カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 120
俗っぽい
   
be rather coarse and unrefined: 実に俗っぽい 吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 96
低劣
   
sb whose taste is so coarse and whose temper is so overbearing: 趣味低劣、性質倣岸の(人) ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 261
卑しい
   
have a coarse way of talking and eating: 物の食べ方や喋り方が卑しい 瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 125
卑俗な
   
coarse feature: 卑俗な顔立ち 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 165

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

coarse ill-fashioned features: 不揃いで品のない顔立ち レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 85
coarse cloth: 粗布 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 35
seemingly unimpressed by A’s coarse humor or A’s jokes at B’s expense: BをさかなにしたAの下品なジョークがおもしろくないらしい トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 49
ツイート