× Q 翻訳訳語辞典
iron   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
トタン
   
corrugated iron: 波形トタン ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 123

足枷
   
put sb in irons: 足枷をかける スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 86
   
pour water into the iron kettle: 水を鉄瓶に注す 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 50
鉄の
   
a person of iron convictions: 鉄の信念の持ち主 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
鉄ように頑健な
   
sb’s iron constitution: 鉄のように頑健なからだ ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 163
鉄分
   
鉄棒
   
tire iron: タイヤはがしの鉄棒 ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 475
非情な
   
iron voice: 非情な声 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 254

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

iron curler jobs: カールの金具
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 288
smile one’s grim iron smile: 残忍な薄笑いをうかべる
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 257
put sb in irons: (人を)捕らえる
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 67
put iron in one’s voice: なぶりにかかる
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 528
have undesignated irons in the fire: はっきりとはわからない何かに関わっている
オブライエン著 村上春樹訳 『ニュークリア・エイジ』(The Nuclear Age ) p. 210
be not one of those guys with iron nerves: 度胸の据わった男ではない
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 64
be ironed out by ...: 〜によって調整される
アシモフ著 小尾芙佐訳 『われはロボット』(I, Robot ) p. 66
be like an iron bar: ただの鉄棒
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 259
iron bands: 鉄のたが
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 336
have iron bars across their windows: 〜の窓には鉄格子がはまっている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 562
sing the iron kettle sings monotonously as it boils away: 鉄瓶は単調な湯のたぎる音をひびかせる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 95
garage is brand-new and built, regrettably, of corrugated iron: 車庫はあいにくなまこ張りながら新築だ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 57
a crossed-out iron: ×印で消されたアイロン
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 193
be fashioned from iron pipes: 鉄のパイプを組み合わせてこしらえてある
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 63
held within the iron grip of ...: 〜におさえこまれる
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 307
It flew outwards and downwards, a red-hot iron hail sizzling into the sea: 灼熱した鉄のあられは、艦外にとび、下方にとんでは水にシュッと音をたてた
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 201
Old Mrs. Antolini's hair was full of those iron curler jobs,: 奥さんは頭にカールの金具をいっぱいくっつけていて、
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 288
a heavy iron bookpress: 頑丈そうな鉄の製本プレス機
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 401
the iron gates are being closed with a jar and a rattle: 鉄門は、ギーッと大きなきしり音を立てて、しまりかけている
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 143
march down the iron stairwell: 鉄の階段をおりていく
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 212
its core of molten iron: 溶けた鉄が煮えたぎる核
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 189
a monstrous iron safe: ばかばかしく大きな鉄の金庫
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 37
old flat-iron: 古ぼけたアイロン
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 106
the ricochet off the iron pipe: 鉄パイプをゆがめて弾けた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 385
spare soldering iron: ありあわせのハンダごて
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 36
The iron voice of the loudspeaker broke in on his thoughts: 拡声器の非情な声が、彼の思考を中断した
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 254
a voice like an iron door moving on unused hinges: 蝶番の錆びた鉄の扉を動かしたような声
ル・グィン著 佐藤高子訳 『風の十二方位・暗闇の箱』(Wind's Twelve Quarters ) p. 105