× Q 翻訳訳語辞典
Society   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
こうさい
   
in one’s society: 〜との交際で アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 43

結社
   
<例文なし> レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 124
現代社会
   
among the most pressing problems facing society: 現代社会における最も切迫した問題の一つ 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 173
社会
   
without the trust and respect of society for ...: 〜において社会の信頼と尊敬を得られなければ ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 14
structure of Japanese society as a whole: 日本の社会構造 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 23
be ready now to grow within the confines of society: まっとうな社会生活を送ることができるようになる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 468
be a matter of society, forgivable and common: 社会ではふつうであり、許されることだ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 177
社会のしくみ
   
Modern society and loose morals make a lot of demands on girls,: 現代社会のしくみと道徳の低下が女性に多くの要求を突きつけるからです ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 118
人づきあい
   
No drink, no women, no society: 酒はだめ、女もだめ、人づきあいもだめ ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 216
世間
   
society’s first thrust of reproach at one’s “indiscretion”: 自分の「無分別」に対する世間の非難の最初の一ト突き 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 121
a situation so completely removed from the stir of society: これほど世間離れのした土地 E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 5
<例文なし> デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 226

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

the society around us: 現代社会
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 118
society hostess: 名流夫人
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 160
respectable society: 上流階級
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 194
will see no society: 人とつきあうのがいやだ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 131
the society of demonstrative people: 愛情表現の豊かな人々
レンデル著 小尾芙佐訳 『引き攣る肉』(Live Flesh ) p. 46
society would benefit from sb’s death: この世に生かしておいてはためにならぬやつ
池波正太郎著 フリュー訳 『秋風二人旅』(Master Assassin ) p. 130
in the life of such an upstanding member of society: あの人格者といわれた(人)に
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 216
brand sb as creature beyond the pale of normal society: (人に)はみだし者の烙印を平気で捺す
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 255
an upstanding member of society: 人間的にもよく出来た人
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
a moribund Friendly Society: さる破産寸前の共済組合
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 154
after plans approved by the society: 改善会できめた計画にもとづいて
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 60
And society is basically meaningless, a Roman mixed bath: 社会はもともと無意味な、男女混浴のローマ風呂だしな
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 51
break the endless chain of society’s loathsome taboos: 世間のいやらしい禁止の無限につづく鎖を絶ち切る
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 57
in society’s eyes, completely undistinguished: 世間では何の肩書きもない
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 155
a habitual criminal and a danger to society: 犯罪常習者にして、社会にとって危険な存在だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 374
occupy a fairly high place in society: 社会的に相当の地位を持った人である
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 14
When society was waiting fearfully for some event to occur,: 社会が何事かの起こるのを怖れながら待っているとき、
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 250
grow strong enough to become a force in society: 一つの社会的勢力になるまでに成長する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 105
our society is founded on monetary economics: 社会の基盤に貨幣経済が存在している
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 180
the height of friendliness in baboon society: ヒヒの社会で最高の親愛の表現
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 15
somebody in extremely high-toned society: だれかお偉がた
O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 88
with the increasing complexity of modern society: 現代は社会が複雑になって
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 97
positive participation in society as individual: 社会への主体的参加
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 264
an entomological society I’d joined much later on: もっと後にある昆虫の会に入会し
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 177
have even less liking for society: 社会の方がもっと気にくわない
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 67
the marginal elements of society: 社会の底辺にうごめく人間たち
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 46
a menace to society: 社会に害をなす存在
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 69
miniature of the society around us: 現代社会の縮図
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 118
prevent the occurrence of splits in society: 社会の分裂を未然に防ぐ
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 109
a prominent critic of modern society: 現代屈指の評論家
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 90
in relation to society: 社会人として
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 144
the rulers of that society: 権力の側
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 105
not a single major incident is reported on the front page or in the society section: 大きな出来事は一面にも社会面にも載っていない
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 190
work one’s way up into society: 世に知られる
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 59
ツイート