× Q  ?  翻訳訳語辞典
She

主要訳語: she(25)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
あいつなんて、役所の人間でもなんでもないんだから: She's not a Person in Authority, not at all スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
あの子にはよくよく気をつけていただきます: You must be very careful with her ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 496
だいいち、あの子に家なんてあったのかな?: Did she even have family? 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 9
あの女にはそれがいいところだ: it’s all she can afford to be ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 167
あたしにはあの人がだいじなの: I want her ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 259
あの人:she ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 416
あれはなにせ私の血をわけた娘なんだからな、とシェフはウェスに言った: She's my own blood, Chef said to Wes カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 67
「あれはぜったいに遅れない」グリゴーリエフは不機嫌にこたえた: "She is never late," Grigoriev retorted moodily ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 459
あんなの:she スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 164
こいつ:she スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
この女:she タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 113
これも急場の間に合うように、おいそれと呼び寄せられる女ではなかった: She also could not easily come home 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
その人:she カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 301
奥さん:she 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 24
向こうは自由に国際的人生実験をすることができた: She could conduct her international experiment in living トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
向こう:she 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 177
細君:she ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 19
(人の)ダンスの相手は男なのか女なのか: is it he’s or she’s when sb dances the hokey-pokey? トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
「いい話を持ってきたんだ」女の気分に合わせて、スマイリーは快活にいった: 'I've got good news for him,' Smiley explained cheerfully, catching her mood ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 319
女の子:she 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 105
女の声がいぶかしげにたずねた: she asked suspiciously バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 88
帰ってくるのは女一人だ: And she walk back in by herself カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 196
相手:she デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 23
本人:she トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 93
例の女:she スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
ツイート