× Q  ?  翻訳訳語辞典
gossip

主要訳語: ゴシップ(3)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
あれやこれやと話の花を咲かせる
   
<例文なし> プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 368
やたらに吹聴してまわる方
   
you don’t strike me as being a gossip: やたらに吹聴してまわる方ではないとお見受けします ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 81

ゴシップ
   
the freshest high-grade foreign affairs gossip: 高度の外交問題にまつわるほやほやのゴシップ ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 29
gather privately for gossip: 集まってゴシップに花を咲かす トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 49
fall into gossip: ゴシップに花を咲かせる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 316

   
there is friendly gossip: 巷の噂に花を咲かせる レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 142
long-time gossip distorts things: 噂って、時間がたつとどんどん真相をゆがめちゃう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
噂をささやきかわす
   
gossip about sb: (人の)噂をささやきかわす プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 213
噂話
   
never fell into the neighborhood’s gossip cycle the way other mothers did: 他の母親たちのように近所の噂話ばかりで盛り上がるようなことはなかった ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
根も葉もないデマ
   
be just gossip: 根も葉もないデマだ アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 177
取沙汰
   
There was all sorts of gossip in the village: 村の人たちはいろいろと取沙汰した 三島由紀夫著 モリス訳 『金閣寺』(The Temple of the Golden Pavilion ) p. 15
消息
   
relay a piece of gossip about a mutual friend: 共通の知り合いの消息を伝える 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 233
身の上
   
<例文なし> 川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 50
人のうわさをする
   
gossip all the time: 年じゅう人のうわさをする ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 252
世間話
   
stand with air of gossiping gallantry: ご機嫌取りの世間話にお茶を濁している ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 329
話す
   
gossip endlessly about ...: 〜をくりかえし話す 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 71

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

to stand gossiping: 立ち話 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 29
start gossiping: 何かといいたがる 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 103
gossip that ...: 〜と取り沙汰されている 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 279
with such active tongues and so much apparent leisure for gossip: これほど舌がよく回り、しかもうわさ話をする時間があり余っている セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 58
delicious gossip: またとないゴシップ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 75
be diverting oneself with an uninhibited bout of gossip: 打ち解けた世間話に興じている 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 107
well-founded fear of the village’s love of gossip: 噂好きの村人を憚る尤もな理由 三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 32
be just gossip: 単なる噂の域を出ない アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 34
patiently endured gossip and long litanies of health woe: 噂話や果てしなく繰り返される健康上の愚痴にも我慢強く耳を傾けた ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 3
measure up sb to the gossip one has already heard: 噂どおりの人物かどうか品さだめしている マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 57
meet there for the exchange of gossip: そこに寄り集まっては噂を交換する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 175
prurient gossip: 猥らなゴシップ ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 448
a spate of urgent gossip: べちゃべちゃと余念のない噂話 マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌い手』(Dragonsinger ) p. 304
be subjected to a stream of uninterrupted gossip: とめどもなくゴシップを聞かされるはめになる ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 87
an uninhibited bout of gossip: 打ち解けた世間話 太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 107
ツイート