× Q 翻訳訳語辞典
our

主要訳語: our(19)

▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
うちとしての義務を果たした: We've done our duty
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 224
うちの戸口に姿を見せる: show up at our door
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393
うちの読者: our readers
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 234
うちの破廉恥おやじ: our friendly peckerhead
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 178
うちの弟: our brother
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 369
うちの会計年度末: conclusion of our fiscal year
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 25
ここの片隅の少年である: be our boy in the corner
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 234
この町をフランチャイズとするメジャーリーグ・チーム: our major league baseball team
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 15
それぞれの両親: our parents
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 407
めいめいの皿の上の料理をたいらげる: we finish what is on our plates
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 44
われらがリーダー: our leader
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 145
マドリッド駐在の英国大使だった: have been our ambassador at Madrid
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 52
我が家の:our
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 103
件の:our
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 48
私たちの住む〜:our
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 276
ひょっとすると、私のところの郵便受けを持っていったのもこの怪盗紳士ではあるまいか: Maybe he was the villain who had taken our mail box
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 211
(人の)言動を人気サッカー選手なみに伝える: report sb’s doings as loyally as if he were our footballer
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 35
これが本艦名物のすね者: None other than our resident nihilist
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 193
本国各地の病院で: in our hospitals
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 475

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

〜らしいわね: that’s our sb
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 105
こちら: our way
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 12
二歳児: our two-year-olds
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 232
本人はまだ影も形もない: still no sight of our man
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 230
もちろん、これは笑いごとじゃあない: ‘Course, this still isn’t what I’d call comical
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
一夜の暗黒のうちに世界が人間の気に入るようにすっかり面目をあらたにする: a world that had been refashioned anew in a darkness for our pleasure
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
人気のないテニスコオトがさびしげに見えた: I passed an abandoned tennis court
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 161
そして、「そう、味方に見放された航空母艦に乗っているような気分なのだよ」と悲しげな声でつけくわえるのだった: "It's like an aircraft carrier in here--abandoned," he said mournfully
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 198
よくしたもので、大野浦へ着いたときには足の痛みが薄れていた: Luckily enough, the pain in my toes had abated by the time I got to Onoura
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 225
話のイロハをはっきりさせる: get our ABC’s right
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
ここの一日は地球の七パーセントがた短い: our day is about seven percent shorter that Earth’s
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 122
ざっと数えて四、五百人が: about four or five desultory folk
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 147
この四年ばかり: in about four years
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 81
ほぼ八時間後に: in about eight hours
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 500
実際以上に飾ろうとするんじゃない: don’t be getting above yourself
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 523
帰ってきたのは、出て行ってから四日目の朝だ: do not return until the morning of the fourth day of one’s absence
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 156
仮の喪主: chief mourner in the absence of anyone else
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 151
心ここにあらずといったうつろな表情: distracted, absent-minded demeanour
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 35
わがスター中のスター: our absolutely total star
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 152
むろん、ばかばかしい言いがかりだが、この屈辱はあまりにも耐えがたい: It was absurd, of course, but the humiliation was unbearable
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 273
豪雨と雷鳴: a violent downpour accompanied by claps of thunder
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 161
寝込んだ期間の一時間一時間を克明にたどる: have an hour-by-hour account of one’s sickness
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 326
(人を)怒らす: the accusation against sb’s courage
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 349
求愛儀式はぶじ最終段階に到達したことになる: usually achieve the last stage of the courtship ritual
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 23
(人が)受けた恩恵について、文中で適時述べる: acknowledge the boons at the several points in the course of ...
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 591
熱っぽさをおびる: acquire the fervour
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
てきぱきと指示を与える: promptly prescribe a course of action
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 119
そうすること: course of action
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 82
作戦: course of action
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 80
わが秘密工作員のなかで、最も優秀で最も活躍しているひとりだ: He is one of our finest and most active secret agents
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 476
ひいき役者たちを目でさがす: seek out one’s favourite actors
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 31
いえ、氷山にぶつかって船が沈みましてね、: "Actually," he said, "our ship hit an iceberg and sank
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 97
せいいっぱい冗談めかしてつけくわえる: add in a poor effort at humour
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 507
薬物中毒よりも疲労と栄養失調ね: be not so much addiction as exhaustion and undernourishment
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 94
この住所は(人に)教えてもらった: sb gave me your address
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 333
今夜はこれでお開きとしよう: let’s adjourn for tonight
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 115
散会する:adjourn
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 298
お開きにしよう: let’s adjourn
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 76
ともかくその日は散会する: be adjourned for the day
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 22
延期:adjournment
辞遊人辞書
指揮下の全艦艇に即刻下令してくれたまえ、司令: You will please advise all ships under your command at once, Admiral
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
〜した手際が如何にも(人の)所作らしく殊勝に思われる: admire the resourcefulness of sb who ...
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 99
彼女のフレンチ・ドレッシングに舌鼓を打つだけで我慢してくれ: Content yourself with admiring her French dressing
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 185
エレベーターが四階で止まり(人が)乗ってくる: an elevator stops on the fourth floor to admit sb
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 141
〜するのはわれわれの目的にとってマイナスだ: it would not advance our cause to do
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 84
あれから数時間おいたいま: with the advantage of the intervening hours
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 127
冒険の危険さにはもうこりごりしている: have discouraged one from risking the adventure again
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
そのへんはどのようにお考えになっているんでしょうか: what’s your advice
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 34
老婆心からひとこといっておく: take a friendly word of advice from your old pal
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 118
教えてくれませんか: I need your advice
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 281
(人の)生活を破壊してしまっている: have affected unfavourably the lives of sb
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 276
(人の)勇気に心を動かされている: be favourably affected by sb’s courage
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 231
普通でない行動はできるだけつつしもうとする: dare not afford any unusual behaviour
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 213
でも、さっき一緒にお酒を飲んだときに感じたあの直感は正しいと思う: But after having drinks with him, I think our intuition is correct
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 361
〜したときは、もう午後四時をまわっていた: it was after four when ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 548
われわれの金だけがめあてなんだから: She's only after our money
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 184
君のおふくろの財産を狙う: be probably after your old lady’s money
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
御前の宅だから: This is your house, after all.
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 154
〜してものの二時間とたたぬうちに: only two hours after ...
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
四十四年を経たあとも、〜だった: no less ... after forty-four years than after the first year
時刻は学校が引けて: in the hours after school is out
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 281
一時間また一時間: hour after hour
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 342
最初の十五分間を費やして: after a quarter of an hour
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 76
真夜中まで語りあう: talk late into the after-midnight hours
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 526
閣下とご家族に、あらためて深くご同情申し上げます: And, again, my deepest sympathy to you and your family
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 138
例によって、あたりをきょろきょろ見まわしているな: Looking over your shoulder again
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 63
〜にはもうこりごりしている: have discouraged one from risking the adventure again
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 142
四対一: four against one
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 488
いい年をして〜なんて恥ずかしいと思いなさい: it is positively disgraceful for a girl of your age to ...
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 136
大小老幼とりどりの四足の悪鬼: four-footed fiends of various sizes and ages
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 10
政府観光局: the government tourist agency
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 60
その手先が、われらの陰謀家ども、あの下種野郎どもなんだ、あいつらはなにもかもぶちこわすんだ!: Its agents are our Jesuits, these swine, they ruin everything!
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
延べ四千マイル以上を旅する: travel an aggregate of over four thousand miles
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 42
〜から数えて六時間がたつ: six hours ago
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 89
数時間だけならと折れる: agree to go along just for a few hours
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 140
痛ましげな口ぶりで同意する: agree mournfully
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 205
一時間以内にトビーをよこすということで話がまとまった: They agreed that Toby would come over within the hour
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 125
家門の権力、名誉を救おうという工夫: gentle aids to the power and honour of families
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 218
土臭い匂いがそこらいっぱいにこもっている: there is an earthy savour in the air
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 48
おまえのあの学校、軟弱なようで、なかなかどうして手ごわい: That airy-fairy school of yours are hard bargainers
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 178
酔いはいつもよりもずっと早く回ってきているようだ: the alcohol seems to course through sb’s veins far faster than usual
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 223
近隣の善意と気遣い: public-spirited and alert neighbours
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 35
異質の文化を貪欲に摂取する: devour various alien cultures
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 86
ありったけの勇気をふるいおこす: summon all one’s courage
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
盗難はいずれも宵の口であった: They had all taken place in the early hours of the evening
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
〜だけに期待をかけるのはまずい: mustn’t pin all our faith to ...
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 83
四人とも: all four of us
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
ユーザーたちのあいだでやりとりされている電子メールを残らず呼び出す: list the electric mail of all our users
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 48
(人ですもの)出來るだけおもてなしせねばなりますまい: all honours must be shown to sb
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 71
全身の力を奮いおこして法廷での威厳を見せる: summon all one’s courtroom dignity
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
好きにしろよ: she’s all yours
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 72
そんな作業を続けているうちに: in the course of all this
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 570
(場所に)入りびたっている: can be found in sth at all hours
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 38
とんでもない時間に: at all odd hours
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 195
時なしに: at all hours
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 395
長かったあ: all your life
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 518
嘉悦のひとときのあとだけにいっそう強烈に: all the more powerful from the joy of the previous hour
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 39
何時持ち出しても差し支えないように: all ready for sb’s journey
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
頑丈な脚柱は四本が四本とも: all four of the massive legs
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 7
情報提供者が何を申し立てているのか想像する: imagine what your informant is alleging
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
日々のわずかな満足を得る機能: dismal functions which allow us our meager share of daily satisfaction
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 274common
ツイート