× Q 翻訳訳語辞典
First   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜したばかしの
   
I didn't want to be around when they first got it: 親たちがそいつを受け取ったばかしのとこになんか、行き合わせたくなかったんだ サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 82

いまがはじめてである
   
feel the first, faint chill of fear: 戦慄のかすかな寒気を覚えたのは、いまがはじめてである マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 139
さしあたって最初に
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 78
さっきからの
   
the first face: さっきからの影 北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 120
すぐ
   
<例文なし> 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 80
すぐに
   
the first sign of ... comes within moments of sb’s arriving back home: (人が)帰宅してすぐに〜がわかる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 386
その前に
   
The listener from Portland said that first he would like to make a comment: その前に意見をいわせてほしい、とポートランドのリスナーはいった プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 316
But first we were having us some Scotch and talking: しかしその前に我々はスコッチをひっかけて、話をした カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 180
ask sb first two questions: その前にふたつ質問をする ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 479
<例文なし> クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 343
そもそも
   
<例文なし> モーム著 大岡玲訳 『月と六ペンス』(The Moon and Sixpence ) p. 68
そもそもの
   
this is sb’s first introduction to the family: これがあの家に(人の)来たそもそもの始まりです E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 53
sb’s first clue: そもそものきっかけ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 176
とにかく
   
go and look at ... first: とにかく〜を探す 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 273
とびきりの
   
be the first and foremost a drunk: とびきりの飲んだくれだ カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 233
なによりもまず
   
First the police are wrong, Kelly told himself: なによりもまず、警察は間違っている。ケリーはそう断じた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 228
のっけから
   
the first question is about sth: のっけから〜についての質問が出る ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 69
はじまり
   
the first deer dance: 鹿踊りのはじまり 宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『鹿踊りのはじまり』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 109
はじめ
   
from the first: そもそものはじめから セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 287
はじめて
   
take one’s first steps: はじめて歩きだす 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
make one’s first appearance at ...: はじめて、(場所に)行く 遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 9
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 131
はじめて迎える
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 288
はじめて見せる
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 293
はじめに
   
first plan to do: はじめに考える ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 48
まず
   
the first order of business: まずやるべきこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 430
having first gauged sb’s intelligence: まず(人の)賢さを計算したうえで ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 157
First to make sure the boy is all right, also to ask him where is our leader?: まずヴィレムにかわったことがないかきくためと、おれたちの指導者がどこへ行ったのかきくためだった ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 182
First I'll shampoo you and touch up these roots here: まずシャンプーをして、地肌をマッサージしなくちゃね カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 355
first blame oneself: まず自分を責める トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 265
be the first place they will have looked for sb: まず最初に(場所)に捜索の手が伸びる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 511
<例文なし> カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 274
まず一つ
   
be accorded the first of ...: 〜がまず一つ与えられた 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 25
まず口をついた
   
sb’s first question: まず(人の)口をついた質問 ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 130
まず最初に
   
first thing right off the bat: 〜したとたん、まず最初に タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 209
まず頭にうかんだ
   
one’s first thought: まず頭にうかんだ考え トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 293
まっさきに
   
the first thing to do: まっさきにしなくちゃならないこと ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 48
まっ先に
   
the first one to do: まっ先に〜する張本人 キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 27
be the first to join in with sb: まっ先に(人に)かぶれた口だ ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 85

ファースト
   
go first class: ファーストクラスの旅 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 95

一等
   
first thing: 一等先に 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 6
一杯目の
   
Half way through his first pastis, he leant forward confidentially: 一杯目のパスティスを半分飲んだところで、彼は内密の話を切り出すふうに身を乗り出した メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 65
一発で
   
一番
   
first thing next morning: 翌朝一番 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 171
一番に
   
one’s first loyalty: (人の)一番に守るべき節義 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 298
一番のりの
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 284
一番乗りの
   
the first car drive up: 一番乗りの車が到着する クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 280
一番先に
   
<例文なし> 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
一目
   
when one first see ..., one immediately ...: (人は)〜を一目みたとたん、〜した アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 168
何よりも先ず
   
<例文なし> セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 279
芽ぶいたばかりの
   
first tiny leaves: 芽ぶいたばかりのこまかい葉 川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 74
最初
   
that first night be the only night sb have: 最初で最後の夕べ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 257
never say a word after the first: 最初一度ねだったきり口に出しては言わない ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 288
have been painfully embarrassed by ... at first: 最初のうち(人は)〜するのがなんとも億劫な思いだった スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 192
at first: 最初のうち ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 249
at first: 最初のうちは トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 293
最初に
   
the first to despoil ...: 〜を最初に荒した略奪者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 23
the first indication of something untoward: 最初に妙な感じが走ったのは プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 390
see sth first: 〜を最初に見つける スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
on one’s first visit: 最初に面会に行ったとき ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 457
first off, let me say that ...: じゃあ、最初にことわっておく タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
最初の
   
the man who has first enjoyed sb’s favors: (人の)最初の男 カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 379
the first shot: 最初のひとくち トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 175
the first dull glow: 最初の淡い光 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 42
the first cock call of the year: 今年最初の鶏鳴 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 106
society’s first thrust of reproach at one’s “indiscretion”: 自分の「無分別」に対する世間の非難の最初の一ト突き 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 121
sb and sb’s first few exchanges be polite, but tentative: (人と)(人の)最初の二言三言はたがいに礼儀正しく、おずおずとしている ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 480
make it to the first hilltop: 最初のひと山を越える ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 195
become the first child in X generations of one’s lineage to leave ...: X世代続いた家系の中で、(場所)をあとにする最初の反逆児になる ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 93
最初のうち
   
sb’s first efforts had not been successful: 最初のうち事はうまく運ばなかった カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 286
最初のうちは
   
first touching: 最初のうちは指を触れているだけ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
史上初の
   
the first cooperative effort: 史上初の合作 アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 106
史上初めての
   
the first ... to win the honor: 〜としては史上初めての受賞者 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 251
始める
   
during the first week of the course: 学校に通い始めた最初の週に ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 293
手はじめに
   
First I'd call the FBI: 手はじめに、FBIに電話することにした ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 292
手始めに
   
couching it first as a hypothetical case: 手始めに、たとえ話から入る べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 173
   
our first grandchild: われわれの初孫 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
初めて
   
one’s first really professional appearance: 初めてプロの舞台を踏む ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 158
just see the first man who would make one wish for a different father: こんな人がお父さんだったらいいだろうなと、生まれて初めて真剣に思う ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 63
have the first glimpse of ...: 初めて〜の片鱗を目にする ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 97
first pregame service: 初めてゲーム前のお祈りをしてやる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
be not the world’s first ..., and one won’t be the last: 〜なんて世の中に掃いて捨てるほどいて、なにも〜が初めてってわけじゃない ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 128
初めての
   
have been one’s First Communion: (人が)とりおこなった初めての聖餐式 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
初期の段階では
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 244
初対面
   
on first or even short acquaintance: 初対面の人間に、あるいは会って間もない人間 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 58
真っ先
   
the first thing one saw was ...: 真っ先に目にはいったのは〜だ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 391
be the first to do: 真っ先に〜する メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 286
真っ先に
   
the first order of business: 真っ先に頭にうかんだこと クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 421
start first: 真っ先に駆けだす ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 165
one of the first consideration which arises in the business mind of sb: 銀行屋として(人の)真っ先に考えたこと ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 147
真っ先に発せられた
   
one’s first words: 真っ先に発せられた言葉 カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 193
   
be the first to go: (人の)方が先だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 91
先きに
   
<例文なし> 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 50
先に
   
why don’t you try telling me who you are first?: 先に名をなのってから聞きやがれ 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 138
one put one’s hand on sb first: 先に手を出したのは(人)だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 303
先を越す
   
The Chicago Cubs signed him first: けっきょくヤンキースはシカゴ・カブスに先を越され、契約されてしまったのである ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 449
先決
   
first one have to do ...: 〜することが先決だ フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 418
先制
   
strike first: 先制攻撃をかける クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 527
先頭
   
the first Marines: 救出チームの先頭 クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 80
前に
   
die first: 前に片づく 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 90
前の
   
first taxi: 前の車 遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 25
前もって
   
get rid of the bicycle first: 自転車は前もって始末する セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 79
do not first tie sb: 前もって縛ることはしない セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 162
早く
   
who get to do first: どっちが早く〜するか ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 225
早朝
   
the first show: 早朝興行 サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 119
草分け
   
one of the first airplane pilots: 航空機パイロットの草分けの一人 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 198
第一
   
the first turn: 第一コーナー スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 239
the first time: 第一ラウンド タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 163
the first one to do ...: 〜する第一人者 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
sth of the first order: 第一級の〜 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 143
on first impression: 第一印象では トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 228
朝の早い
   
first beams of the sun: 朝の早い陽光 ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
当座
   
when one first did, ...: 〜した当座は〜だ 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 166
当初
   
than sb had first imagined: 当初考えていたよりも ベイカー著 岸本佐知子訳 『中二階』(The Mezzanine ) p. 6
入口の
   
the first is the best room: 入口の部屋がいわばいちばんの部屋である ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 167
嚆矢