× Q 翻訳訳語辞典
et  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

‘A’ turret: 一番砲塔
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 147
a beetle: 甲虫の仲間
require a few days complete rest: ここ数日は完全な静養を要する
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
a moribund Friendly Society: さる破産寸前の共済組合
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 154
something you call a Pionizer: パイオナイザーとかいうもの
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 344
fish a cigarette from sth: 〜から煙草を一本抜く
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 208
how about that Thursday-night A.A. meeting over in Greenspark for a start?: 手はじめにアル中更生会なんてのはどうだろう
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
abandon oneself to petty rages and lusts: ちっぽけな怒りや欲望のためにあとさきの考えもなくなる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 99
get our ABC’s right: 話のイロハをはっきりさせる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
this is abetted by the fact that ...: それには〜という事情も加わっている
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 126
aid and abet: 〜に加勢する
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 98
abetment:教唆
辞遊人辞書
abetter:教唆者
辞遊人辞書
abettor:教唆者
辞遊人辞書
splinter of something more abiding buried closer to one’s heart: 心のもっと奥深くに潜むある感情のかけら
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
meet the needs of the present without compromising the ability of future generations to meet their own needs: 将来の世代が自分のニーズを満たす能力を損なうことなく現在のニーズをみたす
ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 9
athletic ability: 運動神経
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 75
ablaze with the scarlet glow of the setting sun: 夕映えの映る
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 44
set things ablaze: 周囲のものを燃え上がらせる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 86
able to let sb go: (人を)あきらめることができる
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 334
sb is better able than most to do ...: 〜するのにより適任者である
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『暗殺者を愛した女』(Charlie Muffin-San ) p. 11
get away from there while you’re able: 命のあるうちに失せろ
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 78
be able to use a financial bucket-loader: 湯水のように使える財源を手にする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
be able to set one’s hysteria aside: パニック状態を脇へ押しやる余裕をおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
as far as one have been able to determine, ...: (人が)調べたかぎりでは
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 87
And yet I had an abnormally strong fear of death: そのくせ、死の恐怖は人一倍つよかった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 24
set out wires around one’s abode: 住まいのまわりにロープや鉄条網をめぐらす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
get an abortion: 堕ろす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 54
come to press sb to do something about ...: 〜の件で督励に来る
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 296
something’s about to happen: いよいよ何かが始まろうとしている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 234
this is about as intimate a situation as you can get: これほどくつろげる機会なんて、そうそうあるものじゃないぞ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
tell sb about the dust-up between sb and sb: (人)と(人)がひきおこした騒動の顛末を、(人に)話してきかせる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
I guess I better start asking around about sb: そろそろ(人)本人のことを聞かせてもらおうかな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 147
do something about ...: 〜はどうにかしてくれ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
be just about the handsomest, most different kind of boy that sb have met: (人に)とってすごくあかぬけていて、地元の他の男の子たちとはまったく違った種類の人間に見える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 392
be actually trying to pretend this is still about ...: 〜のことさえもちだせば話をごまかせると思ってるのか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
be about to engage in something a little more serious than doing ...: この喧嘩は〜する程度ではおさまらない。もっとのっぴきならない地点にまで足を踏み入れようとしている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
a new set of feelings about one’s death: (人の)死をめぐって湧き上がってきた一連の新たな感情
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
twenty feet above sb: 〜の頭上二十フィート
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 62
get orders from above to do: 上司の命令によって、〜する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 256
a small window set above ...: 〜の真上に小さな窓がひらいているのに気づく
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 127
one is sometines not above doing: 時々〜する事がある
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 31
if one’s feet were on the floor or drifting just above it: (人が)床に足をつけて歩いているのか、それとも床から浮き上がってふわふわとただよっているのか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
get ideas above one’s station: 身のほど知らずの考えをいだく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
don’t be getting above yourself: 実際以上に飾ろうとするんじゃない
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 523
stretch out in line abreast: 横陣形に展開する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 471
tell sb something about life abroad: 向こうの話をする
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 206
abruptly stretch: いきなりのびをする
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 148
abruptly return to a room: さっさと部屋に引返して来る
安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 41
rise abruptly to one’s feet: さっと立ちあがる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 194
something abruptly caused sb to interrupt: 何を思ったか、だしぬけに話をさえぎった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 200
Isao abruptly picked it up and got to his feet,: 勲はつとこの本に手をのばして立上がった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 187
abruptly get up: やにわに席を立つ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 245
grow petulant over sb’s absence: (人の)いないのに気づいて、いらいらしだす
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 112
bring something back to justify sb’s absence: (人が)姿をくらます埋め合わせに何か面白いものを持ってくる
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 115
do not return until the morning of the fourth day of one’s absence: 帰ってきたのは、出て行ってから四日目の朝だ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 156
stuff sth absently into one’s pocket again: 無造作に尻ポケットへもどす
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
absentmindedly let the music wash over sb: その曲が耳に入ってくるに委せる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 10
must have absolute peace and quiet: 絶対安静が必要だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 470
order absolute quiet: 絶対に安臥を命じる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
think with terror and absolute surety: おぞましくも不動の確信だ
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 66
one’s absolute best yet: 文句なしにこれまでのベスト
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 195
alternate between total vision and absolute blindness: 明視と盲目の間を往復する
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 102
absolute blackness settles down on ...: 〜には闇のとばりがおりる
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 185
absolutely no vegetables are available: 野菜類がとにかくまったくなくなってしまう
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 135
feel absolutely have to say something: どうしても黙っていられない
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 93
the house is absolutely quiet: 家中はひっそりと静まりかえっている
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 230
get absolutely sick of it: ほとほといやになる
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 139
absolutely A, but B nonetheless: 正真正銘のAで、しかもBだ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 86
be absolutely quiet: ひそりとしている
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
make sth something absolutely extraordinary: 文句のつけようのない、りっぱなものにする
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 63
understand how absolutely and completely true they are: 百パーセントの真実だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
every pair of eyes is absolutely riveted on sb: 全員の目が(人に)釘づけにされている
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 58
be absolutely sure one can get away with it: 絶対安全と判る
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 212
be absolutely determined to do: 〜するといってきかない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 56
absorbed thousands of details about ...: 〜について細微にわたるまですべてを頭に入れている
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 242
become almost completely absorbed in developing one’s theory of ...: もっぱら〜の問題を追求する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 2
absorptiometer:吸光光度計
辞遊人辞書
sb’s absorption in sb’s own petty affairs: 自分らの瑣事に汲々とする
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
in the minute and yet abstracted fashion: 細心で、しかもぼうっとした態度で
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 97
muse in a queerly detached abstraction: 妙に人ごとのようにぼんやりと考える
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 468
silly and absurd to be upset by a dream: 夢ぐらいで動転するのは愚かなことだ
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 16
having abundance of time for sb’s usual methodical toilette: 例のきちんとした身だしなみで、まだ十分時間もあったので
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 30
How else could we get away with abusing a full colonel?: さもなければ、いやしくも大佐が准尉ごときに痛めつけられて黙っているはずはない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 256
each ball is greeted with a volley of abuse: 1球ごとに罵声がとんでくる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 82
a cadet at the Academy: 警察学校の学生
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 188
accelerometer:加速度計
辞遊人辞書
get an English accent: イギリス人みたいなお上品な口調になる
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 103
Yet, having accepted, ...: ありがたく招待を受けはしたものの、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 184
accept positive vetting: 前向きな調査は納得できる
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 134
something one is obliged to accept: 諦めねばならぬ事柄
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 448
get sb to accept ...: 〜などといって(人を)説き伏せる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 219
be better accepted: 容認度が高い
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 150
the acceptance of a cigarette: すすめられた煙草に手を出す
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 457
the accident has happened in getting sth out of cart: 椿事は(物を)車から下ろしているときに起った
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 51
meet on ... by accident: 〜でばったり会う
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 341
get into sth by accident: なんかのひょうしに〜の中に紛れ込む
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 169
feel as if one have accomplish something: ひと仕事終えたようなすっきりした気分になる
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 92
His heart pounded as if he had accomplished something difficult: 難事を仕遂げたあとのように動悸がしていた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 313blare
ツイート
クラウドファンディング実施中! 『翻訳訳語辞典』拡充のご支援を!