× Q 翻訳訳語辞典
’s   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

女には女の仕事がある: woman’s work
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 235
成績はオールA: have had A’s
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
(人の)風邪についての一言の見舞い: a polite inquiry about sb’s cold
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 59
(人の)ものを何か読んだことがある: there is a story of sb’s one read
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
風に船を委せる: abandon sb’s ship to the winds
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 28
気力を失う: abandon one’s ambitions
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 201
窮屈げな姿勢を変える: abandon one’s ungainly posture
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 192
相手に気づかれるのも忘れて〜する: abandon one’s fear of discovery and do
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 203
(人の)放恣な肉の記憶をよびさます: awake the memory of sb’s own sensual abandon
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 116
さすがに(人も)もう追ってこない: abandon one’s pursuit
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 250
持ち場をはなれる: abandon one’s post
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 474
家の荒れた裏庭には: in the abandoned yard behind sb’s house
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 280
(人の)声にひそむ自暴自棄めいたトーン: abandoned edge in sb’s voice
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 121
読みかけの本: sb’s abandoned book
べーカー著 岸本佐知子訳 『フェルマータ』(The Fermata ) p. 246
(人が)(人に)対してなした投げやりな行い: one’s abandonments
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 151
恐縮し謝罪しはにかんで生きていなければならない: be condemned to spend sb’s whole life in humiliation, apologies, and abasement
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 162
(人は)やっと笑いから醒める: at last sb’s laughter abates
三島由紀夫著 ウエザービー訳 『潮騒』(The Sound of Waves ) p. 42
怒りの力は〜の前に抜けてしまった: one’s anger have abated by the time ...
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 77
話のイロハをはっきりさせる: get our ABC’s right
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 109
人生の西も東もてんで解っていない: don’t know the ABC’s of life
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 40
退位を決意する: decide to abdicate one’s throne
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 76
退位: abdicating one’s throne
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 77
尾部: at the end of one’s abdomen
心のもっと奥深くに潜むある感情のかけら: splinter of something more abiding buried closer to one’s heart
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 183
〜が終わると当面できることはなにもなく、〜するばかりだ: end sb’s current ability to do anything but do ...
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 501
(人の)才幹が〜によってつとに着目されていた: one’s ability was already identified by sb
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 34
人は自分の持っている才能を出来るだけ働かせなくては嘘だ: it’s a crime not to make the best use of whatever ability one has
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 132
能力の限界まで: to the best of one’s ability
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 434
(人の)本領: one’s own ability
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 50
体の機敏さ: the ability of handling one’s body
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 95
(人が)信じられないような擬音を出してみせる: one’s incredible ability to imitate and throw sounds
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 204
わからなくなる: lose one’s ability to understand
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 105
ひとを見る目だけは、育ててきた: if nothing else, one value one’s ability to judge other people
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 165
だれにも手のほどこしようがない地点まで足を踏みこんでいる: go beyond anyone’s ability to repair
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 358
いつもの冴えない表情で: with one’s usual abject look
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 328
気の毒なほど恐縮する: be so abject in one’s apologies that sb begin to feel sorry
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 15
台所まわりのことに眼がとどかないものだ: not be able to find one’s way around the kitchen with a map and a guide-dog
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 302
〜しようとしているこれという決め手をつかめない: never be able to put one’s finger on anything conclusive establishing that ...
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 180
医者や子供たちがなにを言ってもまったく無駄だ: neither sb’s doctor nor sb’s children is able to reason with sb in any way at all
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 133
これはいったい何だと自分の耳を疑いながら、黙って話を聞く: listen, hardly able to believe one’s ears
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 298
パニック状態を脇へ押しやる余裕をおぼえる: be able to set one’s hysteria aside
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
読心術にたけている: be able to read people’s minds
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 97
懐かしさに負けはしない: be able to control one’s nostalgia
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 341
酔眼朦朧としていない: able to focus one’s eyes
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 142
ふだんの(人と)違う: sb’s abnormal manner
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 61
気持ち悪いくらい、熱い手だ: sb’s hand feels abnormally hot
吉本ばなな著 シャリーフ訳 『N・P』(N. P. ) p. 66
ランナーを二人おいて: with two of one’s teammates aboard
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 382
住まいのまわりにロープや鉄条網をめぐらす: set out wires around one’s abode
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
自分と年齢があまり違わない女性: a woman about one’s own age
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 364
いよいよ何かが始まろうとしている: something’s about to happen
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 234
ここの一日は地球の七パーセントがた短い: our day is about seven percent shorter that Earth’s
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 122
(人と)同じくらいの年格好の男: a man about sb’s own age
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 108
(人の)腰ほどの高さのところで: at about the height of sb’s waist
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 5
(人が)よかれと思って口にした〜云々の嘘を見抜く: see through sb’s well-meant lie about ...
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 169
〜がどうしたって?: what’s this about ...
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 139
そんなところだ: that’s about it
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 176
口ごもるように: seem about to stumble on one’s words
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 233
少年時代は〜がすべてだった: sb’s boyhood was about sth
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 175
首のうしろで組み合わされている手: one’s hands locked about sb’s neck
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 361
そろそろツキの変わる転機にきているようだ: it is about time sb’s luck changes
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 256
〜にだんだん飽きてくる: have about worn out one’s interest with ...
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 330
相手の名を口にしかける: be about to use sb’s name
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 203
同年配: be about one’s age
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 457
二杯目のビールの途中で: about halfway through one’s second beer
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 65
(人の)死をめぐって湧き上がってきた一連の新たな感情: a new set of feelings about one’s death
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
手の平を返したように〜: one’s ideas suffer an abrupt about-face, and ...
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 301
〜に負けじと声をはりあげる: raise one’s voice to be heard above sth
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 422
分不相応なぐれかたをしてたってこと: sinning above one’s station in life
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 119
かろうじて聞き取れるくらいの小さな声で、(人が)言う: one’s voice is now barely above a whisper
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 458
くたびれた声より一段レベルをあげる: lift one’s voice above its weary level
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 283
あの眼がわけても恐ろしい: it is sb’s eyes above all that are terrible
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 34
(人の)上階に住む: in the apartment above sb’s
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 90
(人が)床に足をつけて歩いているのか、それとも床から浮き上がってふわふわとただよっているのか: if one’s feet were on the floor or drifting just above it
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
身のほど知らずの考えをいだく: get ideas above one’s station
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
身分不相応: above one’s station
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 314
短からぬ期間異国に暮したあとにもかかわらず: despite one’s long stay abroad
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 247
留学以来: since one’s student days abroad
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 316
語気の強さ: one’s abrupt tone
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 171
さっと立ちあがる: rise abruptly to one’s feet
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 194
急に身体を起こす: abruptly straighten one’s posture
サリンジャー著 野崎孝訳 『フラニーとゾーイー』(Franny and Zooey ) p. 97
合図もなしに手にした籠を高く差し上げる: abruptly raise a trap in sb’s hands
スティーヴン・キング著 池央耿訳 『暗黒の塔 I・ガンスリンガー』(The Gunslinger ) p. 119
突然(人)の心に割り込む: thrust abruptly into one’s mind
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 44
(人の)口調は突然、大言壮語調から実務的なそれに変った。: Abruptly sb’s tone of voice shifted from expansive to matter-of-fact
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 294
(人の)いないのに気づいて、いらいらしだす: grow petulant over sb’s absence
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 112
(人が)姿をくらます埋め合わせに何か面白いものを持ってくる: bring something back to justify sb’s absence
ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 115
(人の)不在をひしひしと感じる: feel sb’s absence starkly
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 89
何やかやで(人が)不在だった時期に: during sb’s various absences
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
(人が)家を留守にすしているあいだ: in sb’s absence
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 244
留守居の: during one’s absence
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 98
留守宅: one’s absence
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 111
尻が軽くなっているのに気づく: notice the absence against one’s hip
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 183
ぼうっとしていたあいだに: during one’s mental absence
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 67
物思いにふけっているあいだに: during one’s mental absence
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 416
帰ってきたのは、出て行ってから四日目の朝だ: do not return until the morning of the fourth day of one’s absence
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 156
うっすら笑みをたたえた、どこか茫洋とした表情: there is a half-smile on sb’s face and an absent expression
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 285
無造作に尻ポケットへもどす: stuff sth absently into one’s pocket again
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 346
思いだしたように片手をそっと優雅にあげる: absentmindedly raise one’s hand in a regal gesture
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 92
(人が)(場所での)野心にあくまでも執着している: one’s absolute and precluding ambition within ...
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 258
仕事にかけてはまるでお話にならない男: an absolute imbecile in one’s profession
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 82
Tweet