× Q  ?  翻訳訳語辞典
1
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

’Cause we want you to take part: というのは、おれたちはきみにも参加してほしいんだ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 237
‘Course, this still isn’t what I’d call comical: もちろん、これは笑いごとじゃあない トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
jerk sb around ’cuz ...: ばかにする クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 491
The green of the pines ... and the parade: 松のみどりどす。そら、行列は見てまっせ 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 194
Sex Education 101: 性教育の授業 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 90
an 18-speed mountain bicycle: 十八段ギアの山岳用自転車 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 154
This was the tail end of the 1960s: 時代は一九六〇年代の終わりごろ ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
a 200-lawyer firm: 弁護士二百人をかかえる事務所 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 86
a 50-year-old man, Sigfried: 五十がらみのシグフリードという男 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 105
the conclusion is inescapable: ...: どうしたってあるひとつの結論に達しないわけにはいかない。すなわち、 ... メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 96
: they hadn’t even bothered to send Charlie on reconnaissance: といって、チャーリーを索敵にさしむけることさえしていない。 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 351
: excrement is a symbol for the earth: 何故なら糞尿は大地の象徴であるから 三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 10
have had A’s: 成績はオールA トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
know everything from A to Z about ...: 〜のことなら隅から隅まで知っている 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 177
A-1 emergency: 危ないところ ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 222
‘A’ turret: 一番砲塔 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 147
..., big enough to drown a cathedral: 大伽藍のひとつものみ込みそうに〜 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 159
a modern Nimrod: 旧約聖書に出てくる狩人、ニムロデの生まれ変り メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 263
a beetle: 甲虫の仲間 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 71
three francs a kilo: キロ当たり三フラン メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 123
a:ある メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 189
be a type: ある種の典型だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 78
a computer file: ある種のファイル ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 92
if you hear of a dealer: どなたか、いいセールスマンをご存じなら フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 98
a puzzled frame of mind: いくらか面食らった気持ち フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 134
require a few days complete rest: ここ数日は完全な静養を要する ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 24
a senior appointment: さる上級職 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 361
a moribund Friendly Society: さる破産寸前の共済組合 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 154
a great Glasgow hospital: グラスゴーのさる大病院 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 80
a thousand others: ざっと一○○○人ほど ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 51
a hundred laboratory computers: ざっと一○○台のコンピュータ ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 50
toss sth in a ditch: その辺のドブにポイと投げすてる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 152
worship a god that one cannot see: 影も形もないたゞ一人の神を崇めてゐる ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 18
be a question, an obstacle: たんなる時間稼ぎの質問だ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 245
in a Hannover beer garden: ハノーヴァーのとあるビアガーデン ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 249
in a gallery: とある画廊で ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(Gödel, Escher, Bach ) p. 210
a James Grimm: ジェームズ・グリムという人物 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 26
something you call a Pionizer: パイオナイザーとかいうもの アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 344
a clod: とんだでく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 372
a chinless fool: どこかのあごなしのばか ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 259
a large merchant house: どこぞの商家 池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 15
a single mood: どれかひとつの気分 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 328
a:どれかひとつの マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 157
a Major de Wildman of Load knew whose army: 何国の軍に所属するのやら、ド・ウィルドマン少佐などという男 ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
a James McCord: ジエームス・マッコードなる名前 ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 22
a job: ひと仕事 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 397
with a sigh: ひとつためいきをついて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 245
draw a pure circle: 丸をひとつかく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
a scream: さけび声ひとつ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 494
issue a challenge: ひとつの挑戦を持ちだす ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 38
a path of light: ひと筋の光の小道 タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 141
a frown: ふっとしかめた表情 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 301
a senile spy: 一耄碌スパイ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 384
consider oneself a soldier first: 自分は一介の兵士だという思いがある ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
an astronomer: 一介の天文学者 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 8
a junior official: 一介の役人 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 270
a freshman congressman: 一介の下院議員 ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 115
a driver: 一介の運転手 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 211
a sofa: ソファが一脚 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 59
a chicken-fried steak: 一皿のチキン−フライド・ステーキ フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 85
impart a peculiar delicacy to the complexion: 顔には一種独特の色つやが加わる ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 164
have a curious air of ...: 一種幻妙なものをただよわせている マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 54
a queer, nameless pride: 一種名状しがたい自尊心 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
a particular bond: 一種特別なむすびつき マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 104
a:一種 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 42
out of an arch impulse: 一種の狡猾な思いつきから トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 257
a companionship: 一種の情誼 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 49
suffer a cut finger: 指に一寸傷を負う 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 318
fish a cigarette from sth: 〜から煙草を一本抜く ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 208
a Flag-Officer: 将官一名 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 16
a world that had been refashioned anew in a darkness for our pleasure: 一夜の暗黒のうちに世界が人間の気に入るようにすっかり面目をあらたにする ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 195
be an extraordinary experience: 何か只ならぬ感じがする 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 61
a Parisian: パリの何某 メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 71
an envelope: 手頃な封筒 ダニング著 宮脇孝雄訳 『死の蔵書』(Booked to Die ) p. 121
a naval squadron: 単独海軍船隊 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 99
read about sth in a book: 物の本に書いてある フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 72
a hand: 片手 トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 88
lift an eyebrow: 片方のまゆをつりあげる マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 73
a professor: 某教授 ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 186
there is a story of sb’s one read: (人の)ものを何か読んだことがある カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 262
just men doing a job: 平々凡々を絵に描いたような仕事だ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 19
in a book: 一冊にまとめた フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 8
be not worth a nickel: びた一文の値打ちもない カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 45
a white hand: 白い手を片方 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 375
a Roper: ローパーごとき男 ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 239
a choir of students shouted in unison: 何人かが声を合わせて言った ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 1
have a lot of work ahead of me before ten tomorrow: 明日の十時まで、私にはやることが山のようにあるんだ スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 42
offering a stream of corrections: いくつもミスを指摘しながら ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 1
A-hah, I thought: 「あっ」と私は思った 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 38
a-sitting on a gate: 柵の扉にぽつんと鎮座 ルイス・キャロル著 柳瀬尚紀訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 167
how about that Thursday-night A.A. meeting over in Greenspark for a start?: 手はじめにアル中更生会なんてのはどうだろう スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 92
Dot, a.k.a. Dorothy: ドットことドロシー ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 33
Specialist Baker, a.k.a. Warrant Officer Kiefer: スペシャリスト・ベーカー実はキーファー准尉 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 296
one night, about 3 A.M.: ある日、夜中の三時ごろ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 340
at three A.M.: 夜中の三時 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 66
Friday a.m.: 金曜日の朝 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 237
4:00 a.m.: 朝の四時 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 29
‘AA,’ I said: 「こっちはアル中更生会の卒業生」 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 128
ツイート