× Q 翻訳訳語辞典
junior   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
一介の
   
a junior official: 一介の役人 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 270
後輩
   
a junior officer: 後輩士官 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 35
若〜
   
junior doctor: 若先生 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 382
若いほうの
   
"University's full up," the junior paramedic advised: 「大学病院は満員だ」若いほうの救急隊員がこたえた クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 187
若い第二の
   
try to prevent their husbands from taking a juniour spouse: 夫が若い第二の妻をめとるのをいやがる フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 59
若手
   
a good junior: 優秀な若手 ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 415
年下
   
be XX years sb’s junior: (人より)XX歳年下だ ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 54

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

junior varsity: 二軍
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロスノフスキ家の娘』(The Prodigal Daughter ) p. 129
junior staff: 下っ端の者
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 301
junior people: 若手
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 172
junior boy: 新入り
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 502
I’m far too junior for that: ぼくみたいな下っ端には雲の上だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 476
a very junior agent: 下っ端の社員
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 6
a junior member of one’s tribe: チビの同族
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 187
"As good a junior field officer a I can remember," Dexter admitted: 「わたしの記憶ではきみが最も優秀な工作担当官だ」と、デクスターは太鼓判をおした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 241
be in junior college: 短大へ通っている
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 96
It occurred to me that a junior male partner would not be so disrespectful: そのとき気づいたのだが、仕事で組む部下が男だったら、わたしに対してこんな無礼な態度はとらないはずだ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 44
be a dozen years junior to sb: (人より)一まわり年下
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 210
It was my junior high school emblem,: ぼくの中学の徽章ですから
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 191
be given on entering junior high school: 中学の入学祝いに買ってもらう
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 44
'Your language is unbecoming to a junior officer,' said Brooks solemnly: 「きみの言葉は次席士官にふさわしくないぞ」ブルックスは威厳をこめていった
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 266