× Q 翻訳訳語辞典
sigh   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
ざわめかせる
   
a little wave of uneasiness seems to sigh through the room: かすかな不安の影が部屋の中をざわめかせる アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 278
ためいき
   
with a sigh: ひとつためいきをついて ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 245
the violin note like a sigh: ためいきのようにかぼそいヴァイオリンの音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 151
let out one’s breath in a long, tortured sigh: (人は)苦しげなためいきを長々と吐く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 226
let out one’s breath in a long sigh: 長いためいきとともに、(人は)大きく息を吐く スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 150
give an unrestrained sigh of relief: だれにも気がねのいらぬ大きな安堵のためいきをつく ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 183
give a long sigh: ひとつ大きなためいきをつく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 438
ためいきをつく
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 500
ためいきを洩らす
   
sigh with relief: 安堵のためいきを洩らす スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 181
ため息
   
give a little sigh: かすかなため息を洩らす 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270

一息する
   
sigh with relief: ほっと一息する 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 174
空気
   
a sigh of relief: 安堵の空気 デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 86
吹きつける
   
the warm air sights to sb: あたたかい空気が(人に)吹きつける ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 422
吐息
   
let one’s breath out in a long, whistling sigh: 喉の奥をひゅうっと鳴らし、(人は)長い長い吐息をつく スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 130
吐息をつく
   
sigh pathetically: 情けなさそうな吐息をつく 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 482
sigh oneself: そっと吐息をつく レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 251
吐息をつくようなエンジン音
   
the sigh of a bus pulling away from ...: 〜から発車するバスの吐息をつくようなエンジン音 プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 269
吐息をもらす
   
sigh wearily: ものうい吐息をもらす マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 377
溜め息
   
sit down on ... with a sigh: 溜め息をつきながら〜に腰を下ろす カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 332
溜息
   
let out a sigh: 溜息をつく 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 55
溜息をつく
   
sigh and look straight at sb: 溜息をついて、(人の)顔をまっすぐ見る ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 511

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

with a sigh: あきらめて
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『どんぐりと山猫』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 21
with a sigh: 一息ついてから
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 41
sigh out: うめく
O・ヘンリ著 大久保康雄訳 『O・ヘンリ短編集』(41 Stories ) p. 119
sigh helplessly: 呆然として嘆息する
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 15
sigh deeply: ひとつ大きくためいきをつく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 300
sigh deeply: 深呼吸をする
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 109
sigh to oneself in relief: 内心ほっとする
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 248
sigh and stay silent for a few moments: 口を閉ざして、ひとしきり黙っている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 248
sigh and give it up: やれやれ、お手上げだ
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 174
say on a long sigh: 長大息する
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 475
no sigh of the plane: 機体のかけらどころか
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 121
let out a long sigh: ふうっとため息をつく
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 148
heave a long, deep sigh: 太い息をもらす
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 16
heave a deep sigh: ああ、と深く息する
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 123
give a sigh of relief: ほっとする
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 166
give a little sigh: 小さくほっと息をする
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 108
breath a sigh of relief: ほうっと溜息をつく
有吉佐和子著 タハラ訳 『紀ノ川』(The River Ki ) p. 23
to acquiesce with a sigh: ため息をついて言う
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 42
give a nervous, angry sigh: 不安と不機嫌の入り混じったためいきをつく
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 347
sigh in bliss: 満足のためいきをつく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 260
sigh like one is bored: いいかげんにしてくれというようにため息をつく
エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 240
Only a man who's still in love (or thinks he is) can fetch a sigh that deep: 恋をしてる男か、自分が恋をしてると思いこんでいる男でなきゃ、あんなに深々とためいきをついたりしないぜ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 14
utter a deep sigh: 溜息が(人の)口から洩れる
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 42
sigh deeply: 重い吐息をもらす
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 83
a sigh of frustration escapes sb: がっかりした溜息が(人から)洩れる
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 99
heave a groaning sigh: 悲鳴のような溜息をつく
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 58
sigh heavily: ふかぶかとためいきをつく
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 52
sigh at this injustice: 不当な仕うちにためいきが出る
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の歌』(Dragonsong ) p. 38
insolent sigh: 生意気なためいき
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 248
sigh instinctively: 思わず吐息をつく
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 106
sigh inwardly: 聞きとれないほど小さなためいきをつく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 104
the words trail away in a mournful sigh: その言葉のしまいに、せつない吐息のような声をまぜる
竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 137
with a noisy sigh: 聞こえよがしにため息をつくと
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 14
a sigh of relief: 安堵の吐息
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 287
sigh several times: 頻りに溜息をつく
谷崎潤一郎著 マッカーシー訳 『猫と庄造と二人のおんな』(A Cat, A Man, and Two Women ) p. 38
sigh stolidly: のっそりとためいきをつく
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『風の十二方位』(Wind's Twelve Quarters ) p. 135
a sigh that stretches to the tips of sb’s toes: 全身を突き抜けるようなため息
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 230
Then she gave a little sigh: やがて微かな溜息を洩らしました
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 270
tired sigh about her son: 彼女の子供に対する力を失った溜息
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 146
sigh unhappily: 不安げに溜息をつく
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 303
ツイート