× Q 翻訳訳語辞典
de  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

The green of the pines ... and the parade: 松のみどりどす。そら、行列は見てまっせ
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 194
go through the 3rd degree with ...: 〜のことで拷問のような尋問責めにあう
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 99
a modern Nimrod: 旧約聖書に出てくる狩人、ニムロデの生まれ変り
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 263
if you hear of a dealer: どなたか、いいセールスマンをご存じなら
in a Hannover beer garden: ハノーヴァーのとあるビアガーデン
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 249
a Major de Wildman of Load knew whose army: 何国の軍に所属するのやら、ド・ウィルドマン少佐などという男
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 157
consider oneself a soldier first: 自分は一介の兵士だという思いがある
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 33
impart a peculiar delicacy to the complexion: 顔には一種独特の色つやが加わる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 164
a queer, nameless pride: 一種名状しがたい自尊心
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 171
be understandably taken aback by crudeness of sb: (人の)口からこんな下品な言葉を聞かされて、腰を抜かさんばかりに驚く
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 148
turn with the reckless air of a man who abandons himself to his destiny: すてばちな態度で、どうでもなれとひらきなおる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 194
abandon oneself to despair: 絶望にわが身を委ねる
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 24
an inhuman abandonment consideration not easy to be understood in these days: 今の人にはほとんどわからないような冷酷な非情さ
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 197
be condemned to spend sb’s whole life in humiliation, apologies, and abasement: 恐縮し謝罪しはにかんで生きていなければならない
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 162
decide to abdicate one’s throne: 退位を決意する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 76
simply abhor the idea of doing: 〜するのは厭なのだ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 223
mysteries abide: 謎は依然として存在する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 280
abide:我慢する
辞遊人辞書
abide:甘受する
辞遊人辞書
abide:守る
辞遊人辞書
cannot abide unnecessary activity: 無駄手間に我慢がならない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 11
can not abide ...: (〜には)忍びない
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 40
one’s ability was already identified by sb: (人の)才幹が〜によってつとに着目されていた
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 34
theologian of considerable ability: 稀にみる神学的才能に恵まれ
遠藤周作著 ジョンストン訳 『沈黙』(Silence ) p. 5
demonstrate incredible ability: すばらしい才能を発揮する
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 223
lose one’s ability to understand: わからなくなる
吉本ばなな著 ワスデン訳 『アムリタ』(Amrita ) p. 105
not be able to find one’s way around the kitchen with a map and a guide-dog: 台所まわりのことに眼がとどかないものだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 302
be able to use a financial bucket-loader: 湯水のように使える財源を手にする
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
be able to set one’s hysteria aside: パニック状態を脇へ押しやる余裕をおぼえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
be able to remember and understand: 憶いだし了解する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 204
be able to cast all doubts aside: なんのはばかるところもない
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 30
as far as one have been able to determine ...: (人が)調べたかぎりでは
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 87
And yet I had an abnormally strong fear of death: そのくせ、死の恐怖は人一倍つよかった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 24
set out wires around one’s abode: 住まいのまわりにロープや鉄条網をめぐらす
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 53
That's about two minutes' worth of life and death: ざっと二分間の人口動態である
just about decide to do: よほど〜しようかと迷っている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 210
have an idea about the audit: そうか、あの会計監査には対処する手があるぞ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 297
be not about to be dissuaded: 引き下がる気のない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 90
about ten miles wide and ten miles long: たてよこ十マイルもありそうな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 246
a new set of feelings about one’s death: (人の)死をめぐって湧き上がってきた一連の新たな感情
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 217
one’s ideas suffer an abrupt about-face, and ...: 手の平を返したように〜
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 301
get orders from above to do: 上司の命令によって、〜する
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 256
get ideas above one’s station: 身のほど知らずの考えをいだく
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 287
above all, one hideous figure: 中でもひときわ目立つ恐ろしい姿
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 163
abrade ...: 〜をけずる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 170
abrade:すり減らす
辞遊人辞書
despite one’s long stay abroad: 短からぬ期間異国に暮したあとにもかかわらず
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 247
be abroad in the land and defiant: 大胆にも、この土地に踏みこんできている
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 10
since one’s student days abroad: 留学以来
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 316
Chieko's confession was so abrupt that Hideo could find no words: 秀男は二の句がつげないほど、思いがけない
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 146
turn abruptly high-handed: にわかに強引になる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 15
Abruptly, the inside of the carriage was flooded with white light: にわかに、車のなかが、ぱっと白く明るくなりました
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『銀河鉄道の夜』(Night Trains to the Stars and Other Stories ) p. 76
abscondence:逃亡
辞遊人辞書
absconder:逃亡者
辞遊人辞書
an absence of enryo is ideal: 遠慮しないに越したことはない
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 36
distracted, absent-minded demeanour: 心ここにあらずといったうつろな表情
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 35
incredibly absent-minded look: なんともいえないとぼけた顔つき
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 107
with a dignified and absent-minded air: のっそり
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 197
stand somehow absent-minded: ひどくぼんやりして立っている
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 63
be carried out in an absent-minded sort of way: 何気ないふうに行われ
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 200
... as though absent-minded: 放心したように
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 19
sit absent-mindedly: ぽかんと喪心したように坐っている
井上靖著 横尾・ゴールドスタイン訳 『猟銃』(The Hunting Gun ) p. 56
absent-mindedly:見るともなしに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 211
become abesntminded, so giddy, so optimistic, so gregarious: 心ここにあらずぼうっとしていたり、やたら明るくなったり、ひとあたりがよくなる
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 46
the benign absentminded professor type: 研究一途でほかのことは上の空の学者タイプでもない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 245
with a peaceful absentminded expression: 放心した顔で
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 12
absentmindedly:いつの間にか
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 133
absentmindedly:うっかり
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 109
She absentmindedly spun the ashtray on the table: 彼女はテーブルの上の灰皿をとくに意味もなくいじりまわしていた
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 40
absentmindedly raise one’s hand in a regal gesture: 思いだしたように片手をそっと優雅にあげる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 92
absentmindedly:放心したように
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 216
absentmindedly let the music wash over sb: その曲が耳に入ってくるに委せる
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 10
Dandyism, which is an attempt to assert the absolute modernity of beauty: 美のまぎれもない現代性を主張しようと試みるダンディズム
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 192
marks the absolute rejection of prudence: 非常識の真骨頂をあらわす
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 304
order absolute quiet: 絶対に安臥を命じる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 118
absolute confidence: 全幅の信頼
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 32
take an absolute powder: 雲隠れする
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 15
an absolute identification of ...: 〜に自分を完璧に同一化させる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 84
I absolutely condemn: おれにはがまんがならない
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 442
depend absolutely on sth: ひとえに〜に頼る
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 360
be absolutely forbidden: 一切厳禁である
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 58
understand how absolutely and completely true they are: 百パーセントの真実だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 292
have absolutely no idea who one be: 自分が誰なのかはわからない
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 7
have absolutely no idea what you’re talking about: なんの話か皆目見当もつかない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 257
have absolutely no idea: 皆目見当もつかない
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 331
be absolutely determined to do: 〜するといってきかない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 56
absolutely delicious picture: よだれが出そうな絵
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
the absoluteness of one’s dedication: 徹底した献身ぶり
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 17
absorbed thousands of details about ...: 〜について細微にわたるまですべてを頭に入れている
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 242
become almost completely absorbed in developing one’s theory of ...: もっぱら〜の問題を追求する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 2
muse in a queerly detached abstraction: 妙に人ごとのようにぼんやりと考える
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 468
wonder, sort of abstractly: もうろうとした頭をひねる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
an unspeakably absurd accident: お話にもならないほどにバカバカしい事故
サリンジャー著 野崎孝訳 『大工よ、屋根の梁を高く上げよ』(Raise High The Roof Beam, Carpenters ) p. 12
Slavery provided abundant labor: 奴隷がいたから、労働力にはこと欠かなかった
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 68
think I made it abundantly clear that ...: 〜だと、くどいほど明確に申しあげたはずだ
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 234
as is made abundantly clear to sb: (人が)すばらしい事例を発見しているとおりだ
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 36
academe:学界
辞遊人辞書
academe:学校
辞遊人辞書
ツイート