× Q 翻訳訳語辞典
I like it   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I like it: これはいい
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 141
The trouble with me is, I like it when somebody digresses: 困ることはですね、僕は、ひとが脱線するのを聞いてて、ちっともいやじゃないんですよ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 285
I’m not sure I like it: それがどうも気に入らない
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 250
sb liked whiskey; sb accepted it eagerly: 酒好きの〜は安心してウィスキーを飲んだ
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 220
accept like Holy Writ sth: 〜をバイブルのように信奉する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 195
collapse like an accordion inside it: くずおれるように腰を下ろす
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 21
it is unlikely that anyone can actually do: 〜しえたであろうか
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 156
with what have seemed like acute dissapointment: 大いにがっかりした様子で
ライス著 小鷹信光訳 『時計は三時に止まる』(8 Faces at 3 ) p. 37
there are unlikely to be additions to the list of the twenty wealthiest countries in the century ahead: 世界の富裕国の上位20位までに食いこむのはもう無理だろう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 294
it is affair like many others: よくある情事のパターンだ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 550
was devastated when she rejected him and after that rejection sb began writing like sb for the first time: 彼女に袖にされた(人は)深く傷ついたが、それをきっかけに、初めて(人)らしく書きはじめた
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 449
again, one say it like ...: 〜という例の調子だ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 105
make it sound like an agonized confession: それがいかにも苦しい告白ででもあるかのように見せかける
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 80
don’t like it all: ぜんぜん楽しくない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263
don’t like dealing with people at all: あんまり人に会いたがらない
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 102
the move is so gracefully executed that it looks to sb almost like a dance-step: (人の)眼には、その優雅な身のこなしがダンスのステップを踏んでいるかのように映る
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 200
it’s always like this: たいていこういうことになる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 212
I suppose that in one form or another it always was like that,: 大なり少なり、前からそうだったといっていい
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
a resort like ... is always crowded with people: 何しろ人通りがむやみに多い温泉場だ
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 30
sound like a bit of an amateur: よっぽどまぬけなやつだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 68
And tell him I said I'd really like it if he came home for Christmas: ついでに、わたしから、クリスマスに会えたら嬉しいのだが、とお伝えいただきたい
indicate that any communication with sb is unlikely: (人と)の接触は、それがどのようなかたちであれ、遠慮してもらいたいと言う
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 505
have never seen anything like it: すごかったね
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 50
He didn't like cheese when it was hot and runny anyway: そもそもキートンは、熱くて糸をひくようなチーズが好きではなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 303
I'd like to hear it anyway: たとえそうなったとしても話のつづきを聞きたいですね
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 11
inevitable conclusion appears to be that is very unlikely ...: おほよそのところ答えは否である
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 35
feel like arguing that sb bear some of responsibility for doing: 〜してきた〜にも責任の一端はある筈だと、いいつのりたい
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 102
the roar of the city arises like muffled drums: 外からはパリ市のどよもしが、まるで葬送用の鼓隊のように送られてくる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 134
be like discovering arithmetic: 算数の問題を解いていくような気分だ
オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 244
You might ask what it feels like: どんな状態をいうのか、疑問に思われるかもしれませんね
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 84
some little kid, like the asshole who have stepped in front of sth: 〜の前にとびだしてきた少年を思わせるひとりのガキ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 151
sound like a person in authority yourself: こちらが役所の人間になったつもりで口をきく
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 163
sb’s head feels like it is awash with fluid: (人の)頭の中が液状のものでいっぱいになったような感じだ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 214
it has never been like this: こんなの……こんなの初めて
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 135
it look like ... might bear fruit: 〜に多少とも成算がある
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 167
I’d like to believe it is: そう願いたいね
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 161
the little bell-like front-door chimes sb installed: (人が)正面玄関にとりつけた小さな呼び鈴の形をしたチャイム
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 91
don’t look like one belong with sb in this place: 自分はここにいるみんなとは違うんだという表情を浮かべる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 206
commit hundreds of the like mistakes in the best humour possible: このような失敗は数えきれないほどだのに、この上なしの上機嫌だ
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 75
it looks like that’s the best I can do for you: これくらいの〜しか僕にはできないみたいです
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 404
the fish bite better on days like this: こういう日の方が釣れる
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 216
some small, like ..., some a little bigger, like ...: 小は〜から、大は〜まで
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 215
it is like a big plug of something: まるで何かの栓みたいな代物だ
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 222
sb do not sound a bit like one do: (人と)おれとはぜんぜんちがう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 234
sound like a bit of an amateur: よっぽど間ぬけなやつだ
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 68
like a bit of ...: どちらかというと〜がいい
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 42
it looks quite a bit like ...: 〜によく似てるんだな
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 237
be a bit like oneself: 自分にちょっと似たところがある
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 136
like a son of a bitch: いてもたってもいられないような
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 56
it hurts like blazes: 身を切る思いをする
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 49
sit like a block of wood: まるで懐手をしている人と同様だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 224
feel like being hit with a board: 板きれでぶんなぐられたような感じだ
バック著 五木寛之訳 『かもめのジョナサン』(Jonathan Livingston Seagull ) p. 37
it has been like a whole-body version of the coin tricks ...: なんといったらよいか、コインや〜を使った手品といった類のトリックを全身で表現しているような感じなのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 203
hit sb like a bolt: 稲妻のように(人を)直撃する
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 103
shoot home like a bolting rabbit: 脱兎の如く自分の巣に飛びこむ
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 200
like sharing breakfast with sb: (人と)朝食をともにするのが楽しみだ
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 163
be built like the brick shithouse: がっしりした骨格
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 149
bristle with quills like a monstrous pin cusion: 奇怪な針さしのように、針が何本も突き刺さる
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 73
man, it’s stuff like this that really bugs me: まったくコレだからいやになるんだ
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 229
half burnt with leaves sticking out in funny isolated bunches, like hands: 半焦げで、掌みたいな変な具合に葉を茂らせてゐる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 163
like what? I know that it’s none of my business: さしつかえなければ聞いてもいいかな?
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 34
call it what you like: どう呼ばれてもいいが
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 120
call it what you like: どう呼ぶにせよ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
sit down and calmly write a letter like this: こんな風に落ちついて手紙を書けるのも久しぶりのことです
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 159
feel a little like one can do ...: 〜できそうな気分だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 248
Don't you think they're a little careless leaving the key like that?: こんなところにいつも鍵をおいておくなんて不用心じゃないの?
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 129
They acted more like they knew they were celebrities and all: 自分たちは有名人だと意識してやってるって感じかな
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 195
You know, those centipedelike things with wooden beads in rows: そう、誰でも知っている、あの木の珠がずらりと並んだ百足のような文房具だ
It certainly made me look like a chump: 今日はすっかり評価を下げてしまった
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 181
I’d like to have a chat with you: お目にかかりたいんですが
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 122
with a kind of childlike awe: あどけない崇拝者の目で
クック著 鴻巣友季子訳 『緋色の記憶』(The Chatham School Affair ) p. 40
Chieko spoke with childlike joy: 千重子はあどけないよろこびの声で、
川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 103
be childlike compared with ...: 〜に比べれば、子どもだましのようなものだ
マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 98
J claimed it was just as effective, but now my whole face smelled like vodka: ジェイに言わせれば同じようなものだったが、顔じゅうにウォッカの匂いがした
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 144
"With my heart going like a complete steam engine," as he later claimed: 「おれの心臓はまるで蒸気機関のようだった」と、あとで彼は述懐している
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 445
From then on it went like clockwork: そこから先は正確迅速だよ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 91
cluster like nuptial families either side of the church aisle: 教会の通路をはさむ結婚式の両家よろしく、それぞれ寄り固まっている
ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 35
exquisitely more complex than anything like it humans knew how to build: とうてい人工的に作り出すことは不可能と思われる摩訶不思議な姿だ
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 86
feel like sb is at a summit conference or something: 深刻な気持ちになってしまう
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 65
'Don't like that fellow one bit,'Jerry confessed: 「どうもあの野郎は気に入らん」ジェリーは正直にいった
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 306
It was an interesting conjecture, rational, very much like you, sir: いかにも先生らしい、筋のとおった、面白い推理でしたよ
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 110
My constitution dislikes crowded places, Sir Magnus: わたしのからだは人込みをきらうんだよ、サー・マグナス
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 232
load up one’s live with crap like that: そういうくだらない仕掛けを使いたがる
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 140
Wilma crouched, holding her knife out like a giant switchblade: 巨大な飛出しナイフをもつ手つきでナイフをつかみ、ウィルマは姿勢を低くして身がまえた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
When you have a situation like a weak hitter up, you crucify him: バッティングの下手な選手が出てきたら、徹底的にやっつけるんだ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 416
be curious about what it is like: どんな世界なのかも見ておきたい
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 226
Sister Beatitude shook her head like the dumb dairymaid she was: シスター・ビアティチュードはばかな乳しぼり女みたいに--じじつそうだけど--かぶりをふった
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 432
with a head of shocked whitish hair that stands erect like a dandelion gone to seed: 髪がタンポポの綿毛のようにおっ立って
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 193
be in the habit of doing things like this most days of the week: こんなことは日常茶飯事だ
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 92
'I liked him,' said Selene, definitely: 「好きよ」セルニはきっぱりと言った
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 294
end up with what looks to sb like a devastated life: (人の)目から見ればこんに落ちぶれたた生活を送ることになる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 563
Tweet