× Q 翻訳訳語辞典
belong   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜のもの
   
belong to sb: (人の)もの サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 134
〜のものだ
   
I belong here: おれはここのものだ ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 108
〜のものになる
   
belong to sb: (人の)ものになる 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 224

つきものだ
   
belong ...: 〜がつきものだ ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 489
つく
   
belong both a reward and a threat: 報酬がつき脅迫がつく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 473
ぴったり
   
the woman belonged in Marat’s bath: 女はマラーの浴槽がぴったり ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 193

位置する
   
people who belong to the underclass: 社会の下層に位置する人々 ステファン・シュミットハイニー著 BCSD訳 『チェンジング・コース』(Changing Course ) p. 5
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 397
帰属する
   
belong somewhere: 帰属する場所がある アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 26
向き
   
belong on television: テレビ向きだ バフェット著 芝山幹郎訳 『ジョー・マーチャントはどこにいる?』(Where is Joe Merchant? ) p. 150
参加
   
<例文なし> サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 124
持ち主
   
it more rightly belongs with sb: (人の)ほうが持ち主としてふさわしい ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
持ち前の
   
a sense of the little conventions that belong: 持ち前のささやかなしきたりにたいする観念 O・ヘンリ著 大津栄一郎訳 『オー・ヘンリー傑作選』(41 Stories ) p. 59
自分の場所
   
do not belong here: ここには自分の場所はない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 491
自分の場所は〜だ
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 345
住処にする
   
belong sth: (物を)住処にしている カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 21
身内
   
it would make one feel as if one really belonged to sb: ほんとうの身内みたいな気がすると思う ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 81
属する
   
belong solely to ...: 〜にのみ属する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 58
仲間だ
   
belong to the same bright crowd: 同じ派手な連中の仲間だ セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 69
仲間はずれにならない
   
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 99
当然の
   
a sense of the little conventions that belong comes: 当然の世の習わしに従う気持ちが少しは起きてくる オー・ヘンリ著 飯島淳秀訳 『オー・ヘンリー傑作集』(41 Stories ) p. 139
馴染む
   
belong in that picture: その風景に馴染む 村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 148
離れられない
   
belong to each other: 決して離れられない仲である オースター著 柴田元幸訳 『幽霊たち』(The New York Trilogy ) p. 54

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

where sth belonged: もとに
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 48
belonging to sb: (人が)持ってる
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 26
belong to sb: 〜のもの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 73
belong to ...: 〜のメンバーである
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 162
this place belongs to sb: ここは(人の)土地だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
the knowledge that ... belongs to sb alone: 〜を知るのは(人)ただひとりだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 235
the joy that sb feel in belonging: (人が)感じている仲間意識の喜び
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 41
sb belong to this place: (人は)この土地の人間だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 262
put the phone back where it belonged: がしゃんと受話器を置く
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 253
our lives belong to you: おためとあらば命は惜しみませぬ
ワイルド著 福田恆存訳 『サロメ』(Salome ) p. 29
have the looks and feel of a building that doesn’t quite belongs: まわりの建物と妙にちぐはぐだ
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 52
don’t look like one belong with sb in this place: 自分はここにいるみんなとは違うんだという表情を浮かべる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 206
don’t look as if one belongs here: ちょっと場ちがいのような
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 144
don’t belong to sb: (人と)世界が違う
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 222
do not really belong in ...: 〜の範疇に入らない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 159
belong to that period: その時代の産物だ
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 290
belong to someone else: ほかの人のもの
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 162
belong to sb’s entity: (人の)受け持ちである
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 79
belong to a family: 家族の一人
arrive somewhere sb belong: 安住の場所を得る
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 141
belong to the ranks of the healthy: 健康者の部類に属している
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 382
belong to another room in one’s mind: 頭のなかのべつの仕切りの内にある
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 139
Technically, the grain the farmer is trying to sell does not belong to him: 理屈からいえば、農民が売ろうとしている穀物は農民のものではないのだ
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 134
They belong out there in the sticks; uncomplicated, unfashionable, and unfailingly profitable: 郊外の寂れた場所が拠点で、ややこしい戦略を考える必要がない、流行とは無縁の場所だからこそ、どんな場合でも一定の利益を上げることができる
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 37
ツイート