× Q 翻訳訳語辞典
wil  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

will be abhorrent: ぞっとする
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 340
be willing or able to do: 〜してくれる意志なり能力を持つ
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 296
wild talk about ...: 〜なんて物騒な話
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 67
will give just about anything for ...: 〜を手に入れられるんだったら、なんでもしちゃうんだけどなあ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 367
unwillingly absorb sb’s opinions: 望みもしないのに、(人の)意見を何度となく拝聴させられる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 56
Some have mocked his views; but I will show the absurdity of their mockery: 師の見解を嘲る者もおるが、わしはその嘲りの愚かなることを示したい
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 48
will not give in even to abuse: ふまれてもふまれても笑うことができる
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 98
will accept that ...: 〜かもしれません
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 47
be united in its willingness to accept ...: 〜で一つにまとまって満足し我慢出来る
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 50
will meekly accept sth: 〜におとなしく甘んじる
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『白い竜』(The White Dragon ) p. 132
will not accept responsibility: いっこうに非を認めるけはいはない
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 67
be willing to accept ...: 〜を甘受する
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 186
suggest not so much bewilderment as an acceptance: そう驚かずに受け止めてくださいな、と無言のうちに語る
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 349
live one’s life in accordance with one’s own free will: 自分の自由意志で人生を生きている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
will not be achieved until long after ...: 〜したあとでもまだ達成できまいと思われる
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 225
as those of you who may have already made sb acquaintance will remember: おなじみのかたがたはすでにご存知のように
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 7
the will to act: 行動力
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 336
the will to act: 殺意
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 403
teach oneself to be outgoing and enthusiastic by an act of will: 意志力で外向性を養い、ファイトを外に出すよう鍛練する
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 293
will need actually to examine the machine to be sure: 実物を見ないことには正確なところはわからない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 110
actually, sb will come to see ...: あとでわかることだが
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 38
with a wild swell of voices added to them: わき上がる異様な喊声までまじえて
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 134
In jockeying for competitive advantage, they will force each other to adjust: 競争優位を勝ち取るために、日米欧はたがいに相手のほうこそ譲歩すべきだと言い合うだろう
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 29
You will please advise all ships under your command at once, Admiral: 指揮下の全艦艇に即刻下令してくれたまえ、司令
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 19
will admit to an awkward thing: ひどいこともした
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 127
be willing to admit: (人が)首を縦にふる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
have wildly adored sb: 熱狂的な崇拝を(人に)寄せていた
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 208
by the work of adult will: 成人したいま、意志の力によって
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 233
will just take advantage of you: つけあがってくる
瀬戸内晴美著 バイチマン訳 『夏の終り』(The End of Summer ) p. 72
wily adversary: したたかな敵手
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 204
will not take anybody’s advice: 誰の忠告も受けつけない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 529
what happens to sb will not affect sb: (人が)どうなったところで、(人に)は影響ない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 492
be afraid sb will be furious: うんと油を絞られそうだってひやひやしてる
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『死が最後にやってくる』(Death Comes as the End ) p. 35
be afraid that if one can’t do, one will never do: 〜しないことには、〜できないかもしれない
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 467
will be after sb like nobody’s business: しゃかりきになって(人を)追いつめるにきまってる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 128
will naturally crop up again in ...: 再び論ずるはずである
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 37
will never again in one’s life see ...: 〜を目にすることはこの先二度とあるまい
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 95
will never again feel like a good person: 自分を善い人間だなんてみなすことは二度とあるまい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 490
will never again in one’s life be so free from responsibility: 生涯で一番気楽かも知れない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81
swear to oneself that one will never talk to sb again: もうこれで絶対終わりだと思う
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 74
spin wildly back against sth: 派手に一回転して〜にぶちあたる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 357
much against sb’s will: 勧まない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 7
be made to say things against one’s will: 云いたくないことまで云わされる
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 78
almost against one’s will: どういうわけなのか
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 115
against sb’s will: 誰かに強制されて
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 246
be willing to agree to any arrangement which would enable one to do: どんな条件でも〜出来れば好い位に考える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 153
agree to do willingly: すぐ引受ける
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 43
all one’s will: ありったけの勇気
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
Europeans talk as if they all will be winners in 1993: ヨーロッパは1993年になれば猫も杓子も金が儲かるかのように浮かれている
サロー著 土屋尚彦訳 『大接戦』(Head to Head ) p. 114
will be in ... all night: 〜にかんづめ。徹夜になるみたい
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 336
will be all right: なんでもないこと
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 107
everything will be all right: もう大丈夫だ
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 431
concentrate all of one’s will: 意志を総動員して神経を集中させる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
all it will do ...: 〜するには〜で十分だ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 363
tell oneself it will be all right somehow: これは何とかなるだらうと高をくくる
丸谷才一著 デニス・キーン訳 『横しぐれ』(Rain in the Wind ) p. 152
lunch and a beer will allow us to consider it in comfort: ビールとランチのあとでゆっくり考えようじゃないか
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 61
almost wish one will say yes: 思わずうんといいそうになる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 352
almost sure sb will: ほぼまちがいなくそうするはずだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 298
will not let sb alone: しつこく(人に)つきまとう
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 130
will leave you alone: あなたたち、ふたりっきりにしてあげるからね
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 77
will be right along: すぐに合流する
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 189
will be content to drone along as ... for the rest of one’s life: 死ぬまで〜をつとめられればそれで満足しているような(人)
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 228
They're already asking what the Soviet posture will be, even now: はやくも連中、これでソ連の姿勢はどうかわるのかと、いまからきいてくる始末だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 381
have to do although one know one will hate to do it: いやでも〜しなければならない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 43
look altogether willing: 大の乗り気を示す
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 62
we will always find a few ...: 〜はいつだっている
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 140
But it is always the facts that will not fit in that are significant: ところがその当てはまらない事実こそ、えてして意味深長なことが多いのです
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 358
will not oneself dwell with us always: 四六時中、僕たちとともにいるわけではない
seem always willing and obedient: 甚だ素直だ
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25
always have been and always will be: 従来も今後も変りなく
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 376
will always remember ...: 〜は忘れられない
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 41
will always remember: 生涯忘れられない
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 330
will always get you in trouble: 〜はトラブルのもと
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 273
I will always believe: 一生信じる
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 344
I will always be sth: わたしは永久に〜だ
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 348
be confident sth will amaze you: きっと度肝を抜かれるだろうよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 248
be amazingly gracious in one’s willingness to do: 驚くばかりに親切に、進んで〜する
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 589
will never amount to anything, for good or for ill: 毒にも薬にもならない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 15
wild amours: 奔放な愛
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 271
drive out the anchorite to feed with the wild animals of the dessert: 中世の隠遁者を沙漠に駆りやって、野獣どもと一緒に餌を漁らせる
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 193
And he had lopped off his wild hair, which gave him a forlorn, bald look: おまけに蓬髪をばっさり切って、なんだか以前とくらべるとまるでたよりないような丸坊主姿になっていた
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 69
and I am afraid you will hardly understand it: だいいち、きみにはおそらくわかってもらえまい
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 15
a means of angering the blood, bewildering the senses, and steeling the head: 血を興奮させ、感覚を攪乱し、そして心情を鋼鉄のようにするためだけの手段
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 172
wild with anger: 怒り狂う
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 326
speak in a low, angry growl sb will not recognize: (人が)聞いたら耳を疑うような怒りにみちたうめき声
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 357
ringmaster and wild-animal trainer: リングマスター兼猛獣使い
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 40
will be willing to do another time: この次来たときに〜したい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 574
in another moment sb will do ...: 次の瞬間にも(人は)〜することだろう
ミルハウザー著 柴田元幸訳 『イン・ザ・ペニー・アーケード』(In the Penny Arcade ) p. 157
answer willingly enough: 快く答える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 12
want something which will relieve one’s feelings of anxiety: 不安感をとりのぞいてくれる薬を処方してもらえないか
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 173
will say anything to do ...: 〜のためならどんな手だってつかう
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 300
will do anything to please the boss: その上役のためには犬馬の労をつくそうと思う
松本清張著 ブルム訳 『点と線』(Points and Lines ) p. 179
if sth will make one’s love go sour, then it isn’t meant to last anyway: 〜で2人がだめになるならなればいい
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 78
will go everywhere and anywhere: どこにでも出没する
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 138
And her manner, when she appeared, seemed always willing and obedient: 返事をして出て来る奥さんの様子も甚だ素直であった
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 25a
Ladies like Wilma always do: ウィルマのような女はかならずやるんだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
ツイート