× Q  ?  翻訳訳語辞典
Lad
▼詳細(例文など)を表示▼訳語クリック→類語、*例文 †出典、マウスオーバー→例文
アイリッシュっ子: Irish lad トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 187
「サミーという若造」コーコランが思いうかべる表情でいった: "Lad called Sammy," Corkoran said dreamily ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 62

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

まだ子供だ: be still a young lad 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 50
たいしたガキだ: be quite a lad ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 108
とても気前がいい: be quite a generous lad 椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 41
ウィルマのような女はかならずやるんだ: Ladies like Wilma always do スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 82
不動産レディ: Real Estate Lady トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 115
不動産屋の営業レディ: a Real Estate Lady トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 113
あんた、ごたごたの意味がわかってないね: Lady you don't know what trouble is スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
「なあ奥さん、あたしはおまんま食うために一日十六時間ここで働いているんだよ」とパン屋は言った: "Lady, I work sixteen a day in this place to earn a living," the baker said カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 163
なんで昼前から女が笑いころげているんだ?: Ladies laughing well before noon! スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
進んで信じる: gladly accept 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 38
称賛:accolade 辞遊人辞書
親愛の表現: accolade of friendship マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 419
全国的名声: the national accolades トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 157
(人の)身の上は、不運の一語に尽きる、としか言えないものがある: the affairs of sb remain as doom-laden as ever 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 68
君のおふくろの財産を狙う: be probably after your old lady’s money 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
うれしくもなんともない: be not at all glad サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 137
姫、ご用はなんなりと: all part of the service, pretty lady スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 196
なかばうれしく思っている: be almost glad マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 88
年季の入ったバッグ・レディ: an ancient bag lady オローク著 芝山幹郎訳 『楽しい地獄旅行』(Holidays in Hell ) p. 47
すると奥さんらしい人が代って出て来た: A lady then appeared, whom I took to be the mistress of the house 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 15
淑女のように振る舞える: be able to appear more ladylike マイケル・オンダーチェ著 土屋政雄訳 『イギリス人の患者』(The English Patient ) p. 186
故ウラジミールの決死工作隊をふくめてだ: The late Vladimir's death-and glory artists included ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 76
タラップを降りかけたところで: as one begin to step off the ladder クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 24
上級になる: ascend the ladder of seniority レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 189
よろこんでさしむけます: gladly assign sb to you マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の探索』(Dragonquest ) p. 160
態度のでかい女だ: this is a lady with an attitude トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 148
これほど嬉しいことはない: I’m awfully glad that ... ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 333
民謡:ballad 辞遊人辞書
バラード:ballade 辞遊人辞書
譚詩曲:ballade 辞遊人辞書
へぼ詩人:balladmonger 辞遊人辞書
バラッド売り:balladmonger 辞遊人辞書
バングラデシュ:Bangladesh ハンス・ロスリング他著 上杉周作+関美和訳 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』(Factfulness ) chap. 3
もうろくした婆さん: batty old lady デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 101
ニューズには、いつも聞き耳をたてる: be always glad of a bit of news ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 59
黒衣の尼さんたち: the ladies in black sheets トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 81
膀胱が空になっていた: sb’s bladder had run dry トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 250
大胆不敵なやけっぱちのあばずれども: bold, desperate blades スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 60
手に何枚もかさねもった剃刀の刃で頬をなぶるように切り裂く: caress one’s cheek with a handful of razor-blades スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 332
剃刀: razor-blade スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 371
抜き身: naked blade 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 441
肩甲骨:bladebone 辞遊人辞書
〜のところへくる: be booted up the ladder to one’s office クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 221
ヴィレムはもうウラジーミルの葬儀に参列しているかのように、しっかりとすわっていた: Villem sat bravely as if he were already attending Vladimir's funeral ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 152
いくら酒をあおっても、ほんの束の間の喜びをさえ得られないような時: when wine have brought no transitory gladness to one ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 269
いかにも、昆虫がよろこんで住みつきそうな環境だった: It was certainly an environment in which insects would gladly live 安部公房著 サンダース訳 『砂の女』(The Woman in the Dunes ) p. 25
この気性: a lady of such obvious strength of character 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 166
品がよく、しかも気丈に、かたい信仰をもっているらしい婦人たちだ: look like well-bred ladies of firm character and strong religious conviction 竹山道雄著 ヒベット訳 『ビルマの竪琴』(Harp of Burma ) p. 92
鼻ぐすりの効く掃除婦: a venal charlady ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 19
〜をはおる: be clad in ... ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 338
〜を着て: clad in ... マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 150
身だしなみもよく、服装もきちんとしていて: well-groomed and trimly clad ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 128
猿股一つで済まして皆なの前に立っている: stand so lightly clad in our midst 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 10
綺羅を飾る: be most magnificently clad スウィフト著 中野好夫訳 『ガリヴァ旅行記』(Gulliver's Travels ) p. 30
商店正面の大理石: marble cladding of the shops ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 183
プロペラの羽根がたえまなく立てるかたかたという音: the enormous clatter of the blades プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 51
ビル掃除のおばさん: cleaning lady プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 198
おたくの清掃係のおばさん: your cleaning ladies タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 175
〜へ刃がしっかりと刺さる: blade cut cleanly into ... 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 300
老婆特有の、空気に穴をあけるような、いやにはっきりした声: clear and piercing old-lady voice スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 321
着々と階段を上ってゆく: steadily climb up the ladder of success 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 167
ラッタルをおりる: climb down the ladder ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 331
上昇志向にとりつかれる: be of necessity climbing a ladder ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 196
他人の不幸は鴨の味とばかりに、うれしそうに: glad to have found a mischief so close to home ウィンターソン著 岸本佐知子訳 『さくらんぼの性は』(Sexing The Cherry ) p. 15
冷たい指は刃のように、勲の刈り上げられた項に触った: Her cold fingers were like a sword blade against the close-cropped nape 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 314
ヘアネットをかぶる: be clad in a hairnet ル・カレ著 村上博基訳 『リトル・ドラマー・ガール』(The Little Drummer Girl ) p. 13
病院のなかで履かされるビニールのスリッパを、彼はずるずるとひきずっている: His feet, clad in elasticized hospital slippers, shuffled on the linoleum スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 334
晴れ着が脱ぎ捨てられて部屋を乱雑に彩っている: see the ladies’ going-out dresses lying in colorful disarray on the floor 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 230
つれがいればありがたい: be glad for the company カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 398
ね、今夜は会えないかな?: want some company tonight, pretty lady? スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 149
(人)から逃げられるのがうれしそうに〜のほうへ歩き去る: escape gladly from sb’s company and headed for ... トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
艶聞がつきまとう: be a man of considerable reputation with the ladies ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 204
(人の)部下の掃除婦たち: one’s corps of charladies セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 189
「全部倒れたらな」台についている男がいった: "They all gotta go, lady," the counterman said プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 194
たいへん心のしっかりしたご婦人: a lady of great courage and spirit ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 45
梯子をころころころげ落ちる: crash down the ladder ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 206
〜といっしょに住んでる頭のおかしい女とは、いったいだれだっけ?: what crazy lady with ... live ... スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 159
巨大な飛出しナイフをもつ手つきでナイフをつかみ、ウィルマは姿勢を低くして身がまえた: Wilma crouched, holding her knife out like a giant switchblade スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 320
残酷な光が宿っている: be laden with a dense, cruel light トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 242
教養あるレディ: a cultured lady デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 305
(人の)隠し女: sb’s dark lady ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 379
心やさしきお方: dear lady スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 145
まともなサラダ: a decent salad ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 73
婦人の髪の色を鑑定する: decide on the tints of ladies’ tresses ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 28
思ったより以上に洗練された女の心を打つ: touch the worldly lady more deeply than sb knew 三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 110
歩く大八車とでも呼ぶほかないような姿: in a state which can only be described as heavily laden スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 110
小柄な白人の先生: a diminutive white lady ミシェル・オバマ著 、長尾莉紗+柴田さとみ訳 『マイ・ストーリー』(Becoming ) chap. 2
それがこの少年にとってかえっていけない: it is a disadvantage to the lad E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 58
風雨激しく不吉の色濃い午前なかば: a swirling, sopping doom-laden midmorning ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 29
うれしさも倍になる: doubly glad スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 275
これはレディーが着るものじゃない: this is no way for a lady to dress クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 106
貞操観念のない婦人: a lady of easy virtue セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『殺人は広告する』(Murder must Advertise ) p. 53
老人: elderly lady 吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 19
このとらえどころのない女性: this particular elusive lady アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『フランクフルトへの乗客』(Passenger to Frankfurt ) p. 81
いちばんうまみのある麻薬課へとつながる道が拓ける: earn a tour in the big enchilada--Narcotics エルロイ著 二宮磬訳 『ビッグ・ノーウェア』(The Big Nowhere ) p. 56
胆嚢を除去するとか、その手の手術を受けるために入院する: enter the hospital to have one’s gall bladder removed or something similar ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 386
ツイート