× Q 翻訳訳語辞典
ex   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
離婚した妻
   
have an ex: 離婚した妻がいる トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 263

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

they conceal/express and express/conceal the mind (kokoro): 心を表現するとともに隠し、隠すとともに表現する
土居健郎著 ハービソン訳 『表と裏』(The anatomy of self ) p. 20
Sex Education 101: 性教育の授業
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 90
: excrement is a symbol for the earth: 何故なら糞尿は大地の象徴であるから
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 10
impart a peculiar delicacy to the complexion: 顔には一種独特の色つやが加わる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 164
be an extraordinary experience: 何か只ならぬ感じがする
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 61
Race and Poirot exchanged glances and then abruptly left the room: レイスとポアロは互いに目を見合わせて、だしぬけに部屋をでていった
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 369
Abruptly sb’s tone of voice shifted from expansive to matter-of-fact: (人の)口調は突然、大言壮語調から実務的なそれに変った。
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 294
there is a half-smile on sb’s face and an absent expression: うっすら笑みをたたえた、どこか茫洋とした表情
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 285
with a peaceful absentminded expression: 放心した顔で
村上龍著 アンドルー訳 『限りなく透明に近いブルー』(Almost Transparent Blue ) p. 12
make sth something absolutely extraordinary: 文句のつけようのない、りっぱなものにする
クラーク著 深町真理子訳 『闇夜に過去がよみがえる』(Stillwatch ) p. 63
sexual abstinence is becoming increasingly allied with God: 性的な禁欲と神が結びつけられる傾向が強くなる
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 79
found her expression largely abstracted: 彼女の表情はとらえどころがなかった
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 227
the absurdity of existence: 存在の他愛なさ
三島由紀夫著 サイデンスティッカー訳 『天人五衰』(The Decay of the Angel ) p. 7
victim of sexual abuse: 性的虐待の被害者
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 205
sexual abuse: 性的虐待
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 204
astonishing acts of violence and sexual abuse: 目を覆うような暴力と性的虐待
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 228
be subjected to intense acts of sexual abuse: 過酷な性的暴行を受けてる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 302
sexual abuse: 性的な悪戯
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 402
continue one’s assault, alternating abuse with painstaking explication: なおもなじり、かきくどく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 124
Next step, the abyss: あと一歩で奈落の底だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 209
do extremely well academically: 学業がたいへん優秀だ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 116
accept this explanation: この話を鵜のみにする
ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 189
do not accept excuse: 言い訳には耳を貸さない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 94
next reasonably acceptable person who comes along: 次に出会うほどほどの相手
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 44
at least, be the accepted explanation: いちおう納得のゆく解釈だ
ル・グィン著 小尾芙佐訳 『闇の左手』(The Left Hand of Darkness ) p. 149
one’s accidental merriment expiring quickly into one’s habitual moroseness: (人の)一時の快活な様子はもう消え失せて、平生のむっつりに返っていた
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 26
invariably accompany one’s explanation of ...: 必然的に〜の釈明にもなる
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 341
a chemical high that accompanies a range of experiences including infatuation: そんな化学的状態になる経験はたくさんあり、恋の情熱はそのひとつでしかない
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 48
accomplish by dexterity and cunning: 手ぎわよく巧妙にやってのける
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 187
what would that exercise accomplish?: 〜していったい何が得られるだろう?
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 325
charm sb with extravagant accounts of one’s upbringing: (人を)波乱に満ちた身の上話で魅了する
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 222
put it on one’s expense account: 必要経費につける
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 153
on account of the exceptional height of the tower: 塔そのものの高さがなみはずれているせいで
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『ナイン・テイラーズ』(The Nine Tailors ) p. 45
begin an excited account of what one witnessed the night before: 昂奮して昨夜の逐一を話してきかせる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
begin an excited account of ...: 興奮して〜の逐一を話してきかせる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 50
expensive accoutrements: 高価な付属品
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 42
accumulate the rank to match one’s expertise: 経験に見合う階級を得ている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 297
one’s body rigid with accumulated fears of the sexual act: 長いこと貯えてきた性の知識の恐怖に身をこわばらせながら
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 202
excite accusation that ...: 〜と疑われる
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 122
be accustomed to being an executive: 重役の身分に慣れている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 87
achieve real power over existence: 存在に対する実権を握る
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 57
learn to acknowledge the existence of a world other than one’s own: 自分以外に世界のある事を悟る
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 201
The President merely exhaled acquiescing: 大統領は吐息をついて、先を促した
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 172
exchange smiles across the table: テーブルごしに微笑をかわす
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 226
across the complexity of dials on the watch face: いろんな表示が集まった文字盤の上を
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 82
for all one’s talk and acting sexual: 色っぽいしなをつくったり、淫らな話を好む割りに
レナード著 高見浩訳 『ラム・パンチ』(Rum Punch ) p. 42
act too rushed to explain: 今忙しいからいちいち説明をしている暇はないというそぶりを見せる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 109
can act independently of the neocortex: 新皮質の世話にならなくても機能できる
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 41
sexual act: 性行為
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 353
be sexually active: あっちのほうは活発
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 114
Was she sexually active?: 彼女は性的に放縦だったんだろうか?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 119
will need actually to examine the machine to be sure: 実物を見ないことには正確なところはわからない
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『狙撃』(Run Around ) p. 110
have actually exhibited self-control: 自己抑制に成功してきた
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
explain what have actually happened: その実情を説明する
ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 60
although one actually experience neither ... nor ...: 〜でも〜でもないのに
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 99
... is actually an expression of ...: 〜が〜にとっては〜の表われである
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 26
be not so much addiction as exhaustion and undernourishment: 薬物中毒よりも疲労と栄養失調ね
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 94
each remark become an excuse for additional laughter: 何かひとこと言うたびにわっと笑い出す
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 57
be an adept in the art of how exactly to make the proper approach: どういう時にどういう態度に出たら一番良いかそのテクニックを充分会得している
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 115
be extolled as admirable: 称揚される
土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 159
reluctant admiration greets sb’s exploit: (人の)わざの巧みさをみとめないわけにはいかない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 266
exclaim in unfeigned admiration: 思わず感嘆の声をあげる
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 91
"As good a junior field officer a I can remember," Dexter admitted: 「わたしの記憶ではきみが最も優秀な工作担当官だ」と、デクスターは太鼓判をおした
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『盗まれた独立宣言』(Honor Among Thieves ) p. 241
adopt the tone of one who explains the self-obvious to a child: 自明の理を子供に説明する大人のような口調になる
マキューアン著 宮脇孝雄訳 『異邦人たちの慰め』(The Comfort of Strangers ) p. 89
adopt a serious, reverent facial expression: 真顔になる
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 229
And inexpressible adoration for those trousers was born in me: いわん方ない傾倒が、その股引に対して私に起こった
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 11
answer sb with a terribly adult expression: いっぱしの大人のような顔をして言う
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 52
explore the amorphous tangle of human adultery: ひとの不倫という、もつれてとらえにくい問題にふみこむ
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 56
sexual advances: 性行動
フィシャー著 吉田利子訳 『愛はなぜ終るのか』(Anatomy of Love ) p. 26
have exceptional advantages in one’s power of doing: 〜という特殊技術がある
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 197
a sexual adventuress: 淫奔な女性
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 451
They waited, amenities exhausted on the outskirts of adversity: 社交の言葉も底をつき、ふたりは対決を控えて待っていた
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 196
an advertising executive: 広告会社の重役
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 77
exactly as sb advise one: (人に)入れ知恵されるままに
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 67
sb’s expression and attitude is uplifted and aerial: 天にものぼるような表情とかっこう
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 212
laugh with unexpected affability: 案外人なつこく笑う
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 14
a sexual tie makes sb dense when it comes to affairs of the heart: 肉体でつながっていると(人は)心の面では鈍感になる
山田詠美著 ジョンソン訳 『トラッシュ』(Trash ) p. 19
this is a very unexpected turn of affiars: 思いもかけない展開を見せたものだ
ドイル著 大久保康雄訳 『シャーロック・ホームズの冒険』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 31
this is a very unexpected turn of affairs: それは意外な成りゆきだった
a very unexpected turn of affairs: 意外な成り行きだ
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 32
cannot expect to affect many improvements: たいした改善をおこなうことはできない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『アンの青春』(Anne of Avonlea ) p. 60
affluence one day, the gutter the next: 昨日まで贅沢三昧だったのが今日は一文無し
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 245
can’t exactly afford ...: 〜なんてことは、なんとも及びのつかねえこった
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 16
after a careful examination of sth: (物を)ためつすがめつしたあげく
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『鏡の国のアリス』(Through the Looking-Glass ) p. 80
think of one excuse after another: 色々の弁護を自分の胸で拵える
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
after coming out with the expected apology: 一応詫びは言いながらも
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 84
in the aftermath of an exam: 試験のあと
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 67
Lamont did not expect to hear from Bronowski again: ブロノフスキーからその後連絡があるとはラモントは期待していなかった
アシモフ著 小尾芙佐訳 『神々自身』(The Gods Themselves ) p. 53
Ted starts away again, perplexed: 困惑していたテッド、またもやびっくりして飛び上がる
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 50
Again Yamamoto was extremely taciturn: 山本はやはり極めて無口であった
阿川弘之著 ジョン・ベスター訳 『山本五十六』(The Reluctant Admiral ) p. 93
be expressionless again: 元の無表情に返っている
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 394
the next time he would hide too good again: 前回同様、彼は隠れたが最後、絶対に見つからない
feel again the rough texture: ざらっとした手ざわりがよみがえる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 168
against all expectation: 予期に反して
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 289act
Tweet