× Q 翻訳訳語辞典
I mean it   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I mean it: いいか、冗談と思うなよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 114
I mean it: 嘘じゃありません
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 310
I mean it: 嘘じゃない
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 132
I mean it: 本当にやるぞ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 140
I mean it Yogi, I'll fight you in the clubhouse: 本当にやるぞ。クラブハウスでたたきのめしてやる
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 140acceptable
see exactly what it all meant: いっさいのことがはっきりわかる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 64
be almost completely deprived of any means of communication with sb: 〜との連絡のみちは一切たたれたようなものだ
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 98
almost thought one meant it: それは自分の本心ではないかと信じそうになった
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 26
it always means that they have a history: そういう連中はきまって曰くつきの過去をもっているのだから
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 153
too habitual to mean anything: あまりにも型通りなんでなんの気持も伝わってこない
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 204
mean anything positive: いい兆候
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 272
it may mean anything: どうとでもとれる仕種だ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 163
don’t think it means anything: 特別な意味はない
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 359
if sth will make one’s love go sour, then it isn’t meant to last anyway: 〜で2人がだめになるならなればいい
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 78
possibly A’s apparent frankness was a means of seizing the initiative and warning B not to intrude into this mystery: 磊落を装って、先手を打って、その秘密には触れるなと警告を発しているようでもあった
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 55
It was never meant to be inflated this way, it was pumped up artificially: 本来膨らむはずのないところを、無理のあるやり方で膨らまさないかぎり、これほど急激に成長するはずがないのです
宮部みゆき著 アルフレッド・バーンバウム訳 『火車』(All She Was Worth ) p. 180
have no meaningful authority: 公式の権限はない
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 69
speak of sb, not bitterly or meaning to bear hard upon sb: 悪口だとか、含むところがあって言ったのではない
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 46
it meant business: 決まって何か話がある
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 118
it mean that ... can do: 〜が〜する可能性が高いだろう
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 483
quite casually and not really meaning anything nasty: 何げなしに
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 38
it means a certain amount of conflict: かなりの葛藤が生じている
アシモフ著 小尾芙佐訳 『夜明けのロボット』(Robots of Dawn ) p. 18
as though mean to charge it crash it down: 今にもドアに体当りして押し倒さんばかりの剣幕になる
カポーティ著 龍口直太郎訳 『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's ) p. 22
You know that smile, civil, but too habitual to mean anything: あの笑いは知ってるだろ、慇懃なんだが、あまりにも型通りなんでなんの気持も伝わってこない例の笑いだ
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 204
exchange views with sb by means of a complicated sort of sign language that seems to involve the use of every joint in one’s body.: (人と)手ぶり足ぶりチャンポンな言葉で応酬する
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 165
contrive a situation in which sb’s return would mean real trouble: (人が)ここへ来ては絶対に困る状況を編み出す
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 141
I had meant to sound cool, but it didn't quite come off: なるべくあっさりと聞えるように言ったつもりだったが、あまりうまくはいかなかった
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 191
it means that sb is finished as a man, sb is deadwood: 人間として半分終わってる、死んでるつまらない人間っていうことだ
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 163
when I say that it means a deal: わたしがこういうからには並大抵のことじゃない
スティーブンスン著 阿部知二訳 『宝島』(Treasure Island ) p. 158
decide what it means: それが何を意味しているのかわかる
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 191
with meaning so deep that few would have understood: おそらく余人にはわからぬ深い意味がこめられている
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 58
sb’s face stripped of its professional demeanor: (人の)顔から急に専門家の落ち着きが消え
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『別れのシナリオ』(Death Mask ) p. 98
be determined to do, even if it means ...: 〜になるのを覚悟のうえで、〜しようとしている
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 449
have got a mean disposition: 汚い扱いをうけた
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 103
I will tell you exactly what it means: はっきりいいましょう
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 207
that’s exactly what it means: まさにおっしゃるとおりの意味なんですよ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 185
I mean I finally quit worrying about whether they'd catch me home or not: つまり、うちに帰ってることをつかまるか、つかまらないか、くよくよ心配するのを、やっとやめたというわけだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 253
find out for oneself what it really means to grow old: 老いがどういうものかをはっきりと知る
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 278
It was flyproof but really rusty--I mean that rust was extreme: ハエ除けにはもってこいだが、猛烈な錆びかただった--つまり、その錆びかたは度をこしていたということだ
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 26
frightful, mean-spirited yelling matches: すさまじい怒鳴りあい
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 261
it would mean only having a good laugh together: 笑い話ですむことだ
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 162
Life's a gyp, you know it I mean look at us: 人生ってのは、盛りあがるもんだな、そうだろ? つまりさ、おれたちをごろうじろってことだ
キング著 山田順子訳 『スタンド・バイミー』(Different Seasons ) p. 195
I mean do you hate it ?: ぼくがいうのは、いやでいやでたまんなくないかっていうのさ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 202
when the Crimean War was at its height: クリミア戦争たけなわなる
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 123
What we call ideology is a means by which we know reality, isn't it: だって、主義ってのは、認識の方法でしょ?
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 17
AA would mean inevitable BB: AAならばBBしかない
司馬遼太郎著 カーペンター訳 『最後の将軍』(The Last Shogun ) p. 46
be a sneaky, mean underhanded, intimidating little bastard: 姑息で、陰険で、抜け目なく、人をすくませるようなところもある
ウィンズロウ著 東江一紀訳 『カリフォルニアの炎』(California Fire and Life ) p. 227
it means possible public intoxication: となると公然泥酔罪の疑いがある
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 372
Jurisdictional meaning criminal activity, or meaning something else?: その縄張りというのは犯罪捜査上の? それとも何かほかのことかね?
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 198
it means just what one say: 何もあてつけてなんかいない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 216
know sb mean it: それが演技でないことはわかっている
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 222
don’t know its meaning: 訳のわからない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 129
with the languid public school demeanour: パブリック・スクール流儀の悠然としたものごしで
フリーマントル著 稲葉明雄訳 『亡命者はモスクワをめざす』(Charlie Muffin and Russian Rose ) p. 53
for someone of one’s limited means: 一部の人にとって
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 374
I don’t mean literally: ものの喩えってものよ
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 118
there is little sympathy for the meaningless problem of ...: 〜といった愚劣な悩みはまるで同情を買わない
リーマン著 池央耿訳 『黒海奇襲作戦』(Torpedo Run ) p. 44
mean little to one: (人には)気にならない
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 179
a lot of it’s meaningless to sb: あまりにもくだらないこと
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 16
be by no means predisposed to fall in love with ...: (〜に対して)先入観念をもたぬ
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 145
be powerless to make out what it means or would be at: 何のためのものか、何をしようとしているのかがわからない
ディケンズ著 村岡花子訳 『クリスマス・カロル』(A Christmas Carol ) p. 69
What could it ever mean: いったい何を言いたがっているのか?
安部公房著 ソーンダーズ訳 『第四間氷期』(Inter Ice Age 4 ) p. 30
mean it: おどしじゃない
ロアルド・ダール著 永井淳訳 『来訪者』(Switch Bitch ) p. 217
It isn't mean you know: こまかいことじゃありませんよ
川端康成著 月村麗子訳 『みずうみ』(The Lake ) p. 51
it means putting sb off: これで〜との約束は延期だ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 388
It was a lie, of course, but the thing is, I meant it when I said it: むろん、嘘なんだけど、実を言うと、それを言ったときにはほんとにその気だったんだ
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 194
somebody meant to do it: だれかが、その気でやったことなのよ
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 331
be mean with sth: (物)までケチる
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 383
Wilma meant it: ウィルマは本気なのだ
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 174
know sb mean it: (人が)本気だと気づく
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 339
nobody was supposed to mean it: どちらも本気でこんなことをするはずではなかった
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 172
The terrible part, though, is that I meant it when I asked her: ところが、こわいじゃないか、彼女を誘ったときには、本当にその気だったんだから
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 209
What in the world does it all mean: 一体こりゃ、どう云う了見だね
夏目漱石著 マシー訳 『』(Mon ) p. 157
without sb knowing what sb mean: (人が)ろくにわけもわからず
シリトー著 河野一郎訳 『長距離走者の孤独』(The Loneliness of the Long-Distance Runner ) p. 60
Tweet