× Q 翻訳訳語辞典
joint   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
つなぎ合わせた
   
carry their joint byline: 二人の名前をつなぎ合わせた署名がはいる ウッドワード著 常盤新平訳 『大統領の陰謀』(All the President's Men ) p. 65
へのこ
   
<例文なし> タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 135

安酒場
   
a sleazy strip joint: ストリップを見せる安酒場 イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 120
躯の節々
   
sleeping in such a cramped position makes sb’s joints stiff: 窮屈な姿勢で寝ると覿面に躯の節々が凝る 向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 76
結びつくもの
   
<例文なし> スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 75
節々
   
the joints of sb’s body become stiff: 体の節々がかちかちにこわばる カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 316
   
enter one joint that, judging from the exterior, sb expect to be a swanky nightclub well beyond sb’s price range: (人の)財布ではとても無理と思われる高級ナイトクラブみたいな構えの店にはいる 北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 101
<例文なし> グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 20

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

out of joint: 変だ
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 118
one’s joints: 節々
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 224
one’s joint appearance: そろって顔出しする
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 146
every joint in one’s body: 身体の節々
北杜夫著 デニス・キーン訳 『幽霊』(Ghosts ) p. 131
be out of joint: くいちがう
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 70
My chinch and Dick's are together at your client's joint: おれのカモとディックのカモがつるんで、あんたの依頼人の家にいる
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 192
exchange views with sb by means of a complicated sort of sign language that seems to involve the use of every joint in one’s body.: (人と)手ぶり足ぶりチャンポンな言葉で応酬する
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 165
gin joint:酒場
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 8
despite the improvement sth make in the joint-ail in hip and shoulder: 〜が腰や肩の関節痛をやわらげてはくれたものの
マキャフリイ著 小尾芙佐訳 『竜の反逆者』(The Renegades of Pern ) p. 106
juke-joint:きたない飲み屋
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 68
The Black Cat was a sleazy strip joint on a narrow side street off Hamra: 《ブラック・キャット》は、ハムラ通りからはいった狭い裏通りの、ストリップを見せる安酒場だった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 120
their joint tribute to violent death: 変死を遂げた人に対する彼女たちの共同のお悔み
アガサ・クリスティー著 永井淳訳 『カリブ海の秘密』(A Caribbean Mystery ) p. 208
ツイート