× Q 翻訳訳語辞典
Will   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
〜してみせるよ
   
will do ...: 〜してみせるよ トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 54
〜することにする
   
First I'd call the FBI: 手はじめに、FBIに電話することにした ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 292
〜するはずである
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 120
〜するものではない
   
will never tolerate ...: 〜を断じて許すものではない マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 21
〜するようになるはずである
   
<例文なし> メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 92
〜する考えである
   
I'd protect my Unix-8 castle with a one-way moat: 私はUNIX−8の城塞に一方通行の濠をめぐらせる考えだった ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 61
〜する方針
   
<例文なし> ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 25
〜ておく
   
I will pass that along to my crew: クルーに伝えておく クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 551
〜てくれ
   
you will mess with sb: 食事は(人と)いっしょにやってくれ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 162
〜のだ
   
we’ll learn the limits of our power: 我々の力には限界があることを学ぶんだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 395
〜みる
   
I’ll take my chances: おれは賭けてみる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 106

いずれは〜する
   
We'll announce the strike,: いずれは発表する ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 35
おいおい〜する
   
you will learn: 追い追いわかるわさ タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 90
かも知れない
   
will never again in one’s life be so free from responsibility: 生涯で一番気楽かも知れない 夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 81
きっと
   
He'll look harmless: きっと見た目は無害な人物です クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 574
きっと〜してくれる
   
he will play ball: きっと協力してくれる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 81
きまってる
   
will do: 〜するにきまってる トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 182
したがる
   
want to do A before sb be willing to do B: Aしてからでなければ、Bしたがらない トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 134
してもいい
   
will even do: 〜してもいい 川端康成著 ホールマン訳 『古都』(The Old Capital ) p. 232
つもりだ
   
I will be back: そちらへ行くつもりだ クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 566
できる
   
<例文なし> トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 63
はずである
   
will naturally crop up again in ...: 再び論ずるはずである 土居健郎著 ジョン・ベスター訳 『甘えの構造』(The anatomy of dependence ) p. 37
みせる
   
I will survive this: おれはこれに耐え抜いてみせる クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 449
やぶさかではない
   
be willing to do ...: (〜するのに)やぶさかではない デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 122
よび起こす
   
will sth on sb: (人の)頭に〜を呼び起こす ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 306

   
to one’s will: こちらの意のままに デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 424
意志
   
sb’s whole will becomes suspect: (人の)意志そのものが色眼鏡で見られてしまう ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 504
live one’s life in accordance with one’s own free will: 自分の自由意志で人生を生きている クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 381
go near ... of its own free will: 自分の意志で〜に近づく ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 508
concentrate all of one’s will: 意志を総動員して神経を集中させる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 271
by the work of adult will: 成人したいま、意志の力によって トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 233
beyond the power of even sb’s will: (人の)意志の力をもってしてもどうにもならぬ トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 361
意志の力で〜しようとする
   
... being willed to oblivion: 意志の力で押し殺そうとしている〜 トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 219
意志力
   
<例文なし> マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 248
意思
   
depend on the will of sb: (人の)意思にかかる プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 231
意地
   
become a contest of wills between sb and sb: 〜と〜のあいだの意地の張り合い的な様相を呈する ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
遺言
   
make one’s will: 遺言をする 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 279
leave sb out of one’s will: 遺言から(人の)名をはずす フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 209
遺言状
   
sb’s last will and testament: (人の)遺言状 ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 375
遺産
   
will cut sb out of one’s will: 遺産を分けてくれなくなる スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 253
any time a will was involved, one ...: こと遺産問題となると〜はいつも トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 185
遺志
   
an award funded from the will of sb: (人の)遺志によって創設された賞 フルガム著 池央耿訳 『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』(All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten ) p. 262
遺書
   
make one’s will: 遺書をきちんと書いておく レンデル著 小尾芙佐訳 『ロウフィールド館の惨劇』(A Judgement in Stone ) p. 138
羽目になる
   
will be given a terrible dressing down: こっぴどく油をしぼられる羽目になる 北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 132
気力
   
strengthen one’s will: 気力が充実する 三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 161
<例文なし> 井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 57
財産
   
beneficiary of one’s will: 財産の相続人 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 239
将来
   
cling to life because of the things one hopes will happen: 将来起こって欲しいと願っていることを心の支えにして人生にしがみつく ロアルド・ダール著 永井淳訳 『飛行士たちの話』(Over to You ) p. 17
寸法です
   
it’ll put sb right in the middle of the cash-drawer: 宝の山にあぐらをかけるという寸法です ハメット著 小鷹信光訳 『影なき男』(The Thin Man ) p. 264
念じる
   
He stared at the phone, willing to ring: 電話をにらみつけて、早くかかってこいと念じた ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『メディア買収の野望』(Fourth Estate ) p. 25
念力をかける
   
will sb to do: 念力を用いて(人に)〜させる ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 279
will a card: 一枚のカードに念力をかける ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 306
<例文なし> ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 108
目に見えている
   
will do: 〜するのは目に見えている トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 181
勇気
   
all one’s will: ありったけの勇気 スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 283
予定
   
How long will you be here?: いつまでの予定? デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 8
   
the will to act: 行動力 デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 336