× Q 翻訳訳語辞典
stomach   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
そのためのしたたかさは持ち合わせない: do not have the stomach for it
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 329
みぞおちにずしりとくる重苦しさをおぼえ: with a sinking sensation in the pit of one’s stomach
バッファ著 二宮磬訳 『弁護』(The Defense ) p. 358
(人の)みぞおちにパンチをたたきこむ: belt sb in the stomach
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 164
みぞおちを蹴られる: be kicked in the stomach
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 96
(人の)胃の状態を考えたら、〜が良いわけはない: with sb’s stomach in that terrible shape, you can imagine how healthy ... is
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 529
胃弱で: with a nervous stomach
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 87
胃に入れられた管: the tubes that are in sb’s stomach
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 434
胃がひきつる: stomach sinks
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 292
胃がむかむかしてくる: stomach is getting jumpy
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 157
胃がおかしくなる: one’s stomach is upset
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 182
胃があいかわらずむかむかする: one’s stomach is still in a ball
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 116
心配で胃に穴をあける: eat one’s stomach up with worry
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 134
〜のおかげで胃の具合がいくらかよくなる: ... make one’s stomach feel a little better
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 290
胃の腑:stomach
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 181
そういう胃袋の持ち主: just have that kind of a stomach
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 111
胃袋がひっくりかえるような吐き気を催す: feel one’s stomach curl up on itself
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 242
胃袋:stomach
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 129
下腹がしくしくする: have griping pains in the stomach
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 166
(物事をすると)(人は)胸が締めつけられるようだ: it makes sb’s stomach hurt to do sth
カポーティ著 大澤薫訳 『草の竪琴』(The Grass Harp ) p. 75
食べること:stomach
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 98
旱魃の被害、自分たちの食欲が被る被害: the effects of the drought on sb’s stomachs
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 203
腹がごろごろ鳴らずに: without making one’s stomach rumble
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 417
丸めた腹のなかに隠れてしまう: tuck in some recess of one’s stomach
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 170
腹をこわす: suffer from stomach trouble
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 45
一向に腹の足しにはならない: provide no satisfaction to sb’s stomach
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 393
〜して、やわらかい腹にそっと押しつけてくれる: place ... against one’s stomach
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 216
腹をかかえて笑いころげる: howl, holding one’s stomach
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 202
腹の前で: across the stomach
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 194
腹のなかがひっくり返るのを感じる: feel one’s stomach turn
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 21
外科医はケリーの顔を見る勇気を欠いた: The surgeon didn't have the stomach to look at Kelly's face
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 213

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

太鼓腹: vast stomach
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 299
いやらしい: turn my stomach
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 170
空きっ腹: an empty stomach
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 245
弱気の虫をわかせる: suffer from a weak stomach
コイル著 村上博基訳 『軍事介入』(Trial by Fire ) p. 58
(人に)キャッキャとまとわりつかれても嫌な顔ひとつ見せない: stomach so much giddy affection from sb
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 239
(人は)気分がわるいんだ: sb’s stomach is sour
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 18
咎められてちょっぴりむっとなる: one’s stomach churns a little at the rebuke
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 524
〜する気がおきない: have no stomach for sth
トゥロー著 上田公子訳 『推定無罪』(Presumed Innocent ) p. 108
〜するガッツを(人に)与える: give sb the stomach to do ...
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 146
ガバッと俯伏せになる: flop on one’s stomach
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 256
胸がむかむかする: feel sick at one’s stomach
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 146
みぞおちを突かれたような気がする: feel one’s stomach lurch
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 364
空きっ腹に三本たて続けに流しこむ: drink three as fast as possible on an empty stomach
ジョーンズ著 岸本佐知子訳 『拳闘士の休息』(The Pugilist at Rest ) p. 82
すきっ腹じゃ眠れない: cannot sleep on an empty stomach
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 178
食べたものを全部もどしてしまう: can’t keep anything on one’s stomach
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 323
(物の)においに閉口する: be unable to stomach the disgusting smell of sth
芥川龍之介著 ボーナス訳 『河童』(Kappa ) p. 74
おなかを押えて青い顔をしている: hold one’s stomach and appear weak
ハイスミス著 小尾芙佐訳 『風に吹かれて』(Slowly, Slowly in the Wind ) p. 199
えらい腹痛で: with an awful pain to one’s stomach
セイヤーズ著 浅羽莢子訳 『五匹の赤い鰊』(The Five Red Herrings ) p. 151
びっくりするほど穏やかに胃袋に収まる: settle in one’s stomach in a surprisingly benign manner
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 186
腸が蠕動を怠ける: a stomach decides it can take a break from vermiculating
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 24
腹がふくれると、動きたくなくなるものだ: a full stomach conduces to inaction
ロンドン著 白石佑光訳 『白い牙』(White Fang ) p. 102
単に胃から吸収される: pass direct from the stomach into the bloodstream
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 375
その薬はびっくりするほど穏やかに胃袋に収まった: The drink settled in his stomach in a surprisingly benign manner
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 186
腹具合がおかしい: one’s stomach feels queasy
デイヴィス著 酒井邦秀訳 『青銅の翳り』(Shadows in Bronze ) p. 187
胃のうしろ側あたりがすとんとふいに重くなってくるような気分を感じる: have a sinking feeling in the pit of one’s stomach
椎名誠著 ショット訳 『岳物語』(Gaku Stories ) p. 47
腹の痛いのに利く: be good for the stomachache
宮沢賢治著 ジョン・ベスター訳 『なめとこ山の熊』(Wild Cat and the Acorns and Other Stories ) p. 291
胃袋はふだんとても丈夫なほうだ: usually have quite a strong stomach
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 305
しくしく胃のあたりが差込んで: a jabbing pain in the stomach
井伏鱒二著 ジョン・ベスター訳 『黒い雨』(Black Rain ) p. 172
(人の)腹を(人に)引きはがされるまで何分も蹴りつづける: kick sb in the stomach for several minutes before sb can pull sb off
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 393
「わたしは、胃なんです」ウィルは、自分からいった: "It's my stomach" Will offered
ボイル著 柳瀬尚紀訳 『ケロッグ博士』(The Road to Wellville ) p. 151
サタンの所業に対して強靭な胃袋を持っている: have a pretty strong stomach for the working of Satan
ニコルソン著 宮脇孝雄訳 『食物連鎖』(The Food Chain ) p. 180
胃痛:stomachache
辞遊人辞書
腹痛:stomachache
辞遊人辞書
真珠色の胸あて: pearl stomacher
ワイルド著 福田恆存訳 『ドリアン・グレイの肖像』(The Picture of Dorian Gray ) p. 210
〜にはゲロが出そうだ: turn sb’s stomach
太宰治著 ドナルド・キーン訳 『斜陽』(The Setting Sun ) p. 159
ズボンを寛ろげて、腹を出した: he unfastened his trousers, exposing his stomach
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 445
ツイート