× Q 翻訳訳語辞典
I thought so   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

I thought so: だろうと思った
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 297
be entirely absorbed in one’s own thought: 思索に心をうばわれている
ドイル著 阿部知二訳 『回想のシャーロック・ホームズ』(Memoirs of Sherlock Holmes ) p. 22
Apparently, she now shared some of the same thoughts Stern had had earlier: スターンが前に考えていたのとおなじことを考えているのだろう
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 53
associate the two in one’s thoughts: 一緒に(人の)頭にのぼる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 116
An awesome thought took form in Isao's mind: 彼に恐れ多い空想が生れた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 279
I thought him--I may as well say so--rather a charlatan: さあ、なんていうのかしら、--ああいう人、山師というんじゃないかと思うのだけど……
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ひらいたトランプ』(Cards on the Table ) p. 57
sit quietly, deep in some melancholy thought: ただ沈んでいる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 251
So he doesn't talk to her about it, thought Jonathan, encouraged: 彼女の耳には入れたくないんだな、とジョナサンは思って、意を強くした
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 44
rumble out every free-associated thought: 思いついたことを片端から吐き出す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 154
everyone in town thought is so fascinating: 町じゅうの人間が口をそろえて魅力的といいかわしている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 364
there is something one cannot put one’s finger on in one’s own thoughts: (人の)考えごとにはどこかとりとめのないところがある
吉行淳之介著 ジョン・ベスター訳 『暗室』(The Dark Room ) p. 94
That would require more forethought and surer resolve: それにはもっと深慮遠謀と確たる決意が必要だ
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 326
I was not happy with Kent's performance and lack of forethoughts so far: これまでのケントのやり方と配慮のなさは、どうもおもしろくない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 68
looking so forlorn that I thought ...: ひどくみじめな感じで〜ではないかと思ったほどだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 141
sb’s thought is without solid foundations: (人の)考えには何らの背景もない
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 147
give some thought to ...: 〜についてはまったく考えないわけではない
ウッドワード著 染田屋・石山訳 『司令官たち』(The Commanders ) p. 63
give little thought to the person doing ...: 〜しているのが誰なのか、気にかけようともしない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 172
"Who would have thought the Mullinses!" I heard someone say: 「それにしてもマリンズとはなあ」そんな声を、わたしは小耳にはさんだ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 368
He thought he must indeed be the plainest, most honest person in the world: そうだ、自分ほど素直な人間はいないのだという気がして来ると、
川端康成著 サイデンステッカー訳 『雪国』(Snow Country ) p. 70
sound out a man’s inner thoughts: 男が女から気を引いて見られる
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 183
I thought his behavior not so much irritating as odd: 私は面倒よりも不思議の感に打たれました
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 226
say ... like it’s something one have just thought of: たった今思いついたみたいに〜と言う
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 366
give some long thought to ...: 〜について腰を据えて考える
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 500
measure some private thought: プライベートな思いにふける
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 202
without so much as a thought: 反射的に
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 546
remain the sole object of sb’s thoughts: (人の)頭は〜の事で一杯になっている
夏目漱石著 マクレラン訳 『こころ』(Kokoro ) p. 230
Not some participant in this mini-Mafia, John thought: このミニ・マフィアの仲間じゃないな、とジョンは思った
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 157
It was a resolute thought that persisted for perhaps thirty seconds: それは確たる思いになって、三十秒ほど頭をはなれなかった
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 483
give little thought to the person doing ...: 〜しているのが誰なのか気にかけようともしない
デンティンガー著 宮脇孝雄訳 『そして殺人の幕が上がる』(Murder on Cue ) p. 172
Like a piazza in some foreign city, he thought milling with tourists: 外国のどこかの街の広場みたいに、観光客でごったがえしている
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 270
sense something about the thought: (人の)思いをいくらか感じとる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 101
share some of these thoughts and feelings with sb: こうした考え方や気持ちを(人に)話してみる
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 37
Isao shuddered as the thought came to him that he would soon give birth: 自分はやがて生むことをはじめるのだ、と思って勲は慄然とした
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 360
the thought sours the close air and sb is sickened: するとせまい場所の空気が、俄かに甘酸っぱく、耐えがたくなる
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 8
So Jonathan had retreated into his own thoughts: しかたがないから、ジョナサンは自分だけの想念にひたった
ル・カレ著 村上博基訳 『ナイト・マネジャー』(The Night Manager ) p. 176
She thought he looked traque - hunted - as so many Parisians did these days: 彼女は男が、なんだか追われ(トラケ)ているみたいだと思ったーこのごろパリジャンにはそういうのがとっても多い
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 9
give some thought: 熟考
池波正太郎著 フリュー訳 『梅安蟻地獄』(Bridge of Darkness ) p. 276
sometimes I have thought that ...: いろいろ考えてみましたけれど
ドイル著 中田耕治訳 『シャーロック・ホームズ傑作選』(Adventure of Sherlock Homes ) p. 215
Massot thought again, and suddenly brighten up: マッソーは再び考え込んだ。と、彼はぱっと顔を輝かせた
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 166
So do you, thought Jerry, catching that first-wife's scent again: 「おまえさんもな」ジェリーはまた昔の妻のにおいを嗅ぎとりながら、胸の内でつぶやいた
ル・カレ著 村上博基訳 『スクールボーイ閣下』(The Honourable Schoolboy ) p. 34
so ... you’d have thought ...: 〜といっても通るほど、〜
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 171
Tweet