× Q 翻訳訳語辞典
letters  

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

across the top there’s writing in pink letters: てっぺんにはピンクの字が入っている
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 255
be beautifully printed on it in large letters: 大きな活字ではっきり書いてある
ルイス・キャロル著 矢川澄子訳 『不思議の国のアリス』(Alice in Wonderland ) p. 21
be painted in white block letters: 白い大文字で書かれている
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 70
bold letters: 手紙の大胆な書きぶり
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 99
be printed in bold letters: (文字が)大きく印刷されている
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 248
at the bottom of the letters is this notation ...: 返信には、末尾に〜という記号が残されている
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 223
There were also a quantity of letters thrown carelessly into a drawer: 手紙類も引出しの中に無造作に投げこまれていた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 329
be pleasantly charmed by the strength and swirls of the letters one produced: 堂々と力強い筆跡に一安心する
フィールディング著 吉田利子訳 『優しすぎて、怖い』(See Jane Run ) p. 27
letters are mostly chatty: 手紙の内容はだいたい他愛ないものだ
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 13
letters column: 読者からの投書
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 250
The letters however, give ample evidence of her concern and devotion: だが、ここに紹介する手紙は、彼女のただならぬ慕情と献身ぶりを雄弁に物語っている
ヴィラード、ネイグル著 高見浩訳 『ラヴ・アンド・ウォー』(Hemingway in Love and War ) p. 156
dash off letters: 急ぎの手紙を出す
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 52
letters are elusive on the matters of love: 手紙の内容は愛については一切触れられてはいない
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 13
write fervent letters: 心をこめた二通の手紙を書く
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 110
receive a steady flow of letters from around ...: (場所)各地から手紙をどっさり受け取り続ける
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 424
one’s frequent letters: (人の)たびたび書いた手紙
三島由紀夫著 ネイサン訳 『午後の曳航』(The Sailor Who Fell from Grace with the Sea ) p. 101
the letters are friendly: 文面はどれも心温まるものばかりだ
メイル著 小梨直訳 『南仏プロヴァンスの木陰から』(Toujours Provence ) p. 93
letters which ultimately proved fruitless: 結局はなんの実りももたらさなかった手紙
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
a giant neon sign with letters of screaming scarlet: けばけばしい緋文字のネオンサイン
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 306
six groups of letters: 6組の文字の組み合わせ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 23
a hell of a lot of letters: ずいぶん沢山の手紙
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『ノルウェーの森』(Norwegian Wood ) p. 200
Hey, don't step on the letters: おーい。字を踏んじゃだめだぞう
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 51
Their letters were impersonal: 手紙には個人的な感情をまじえないようにしていた
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 64
letters were impossible: 手紙は書くことができなかった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 52
write ... in large letters: 大書する
向田邦子著 カバット訳 『思い出トランプ』(A Deck of Memories ) p. 131
write sb letters: (人に)手紙をよこす
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 395
write angry letters: 怒りの手紙があいつぐ
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 284
the letters stops coming: ぱったりと手紙が来なくなる
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 111
the letters to the paper: 新聞社あての投書
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 123
letters sb wrote: (人が)したためた返信
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
the Sanskrit letters: 梵字
吉本ばなな著 シェリフ訳 『とかげ』(Lizard ) p. 48
in sb’s letters: 文通をとおして
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 444
The letters column was lively: 読者からの投書は、しかしなまなましかった
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 250
new letters: 届いたばかりの手紙
アーヴィング著 岸本佐知子訳 『サーカスの息子』(A Son of the Circus ) p. 200
the opinion letters: 意見書
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
long over-due unanswered letters: もうずっと前に返事をかくはずだった手紙
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 13
push a pen through so many letters to get the thing done: サインひとつするのに、こんなにたくさんの文字を並べる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 168
The red letters proclaimed: バッジには赤い文字でこう書かれていた
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 69
I’ve no letters above a couple of procrastinators from sb: あたしには、手紙なんかなにもない。(人)からきた逃げ口上が二通きり
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 55
letters purported to be from ...: 本来は〜が出すべき手紙
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 71
a quantity of letters: 手紙類
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 329
read the letters: 手紙をそっくり読む
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 506
Xeroxes of letters sb have written in reply: (人が)出した何通もの返信のコピー
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 222
letters become sparse: 手紙の回数がぐっと減る
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 149
trembling letters: わなわなとふるえる文字
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 225
further letters continue this trend: その後の手紙もだいたいこんな調子である
オースター著 柴田元幸訳 『鍵のかかった部屋』(The New York Trilogy ) p. 147
In my letters I behaved with unreserved boldness: 手紙のなかでは私は心おきなく大胆に振舞った
三島由紀夫著 Weatherby訳 『仮面の告白』(Confessions of a Mask ) p. 150
unwrap the letters: 手紙を取り出す
オブライエン著 村上春樹訳 『本当の戦争の話をしよう』(The Things They Carried ) p. 13
It seems wicked to be writing business letters on such a day: こんな素晴らしい日にビジネス・レターを書くのはもったいないような気がしますわ
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『ナイルに死す』(Death on the Nile ) p. 57
ツイート