× Q 翻訳訳語辞典
Mr   訳語クリック→類語、*例文 †出典
▼詳細(例文など)を表示▼
先生
   
Messrs Carrington and Carpenter: キャリントン、カーペンター両先生 マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 163

●イディオム等(検索欄に単語追加で絞り込み)

Mr Bauer: バウアーさんよ
ハルバースタム著 常盤新平訳 『男たちの大リーグ』(Summer of '49 ) p. 302
a Mr AA: AAなる人物
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 222
He said abruptly to Mrs Goodman:: だしぬけにミセス・グッドマンに言った
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 260
Mr Gaunt agreed: ゴーントさんは否定しなかった
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 291
Ah, the efficient Mr Mellor,: やれやれ、メラー君は時間に几帳面だからな
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 290
Mr Entwhistle assented, though with no enthusiasm: エントウイッスル氏はあまり乗り気でもなさそうにうなずいた
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 49
Are you atheistic, Mr T?: きみは無神論者かい、亀公?
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 129
there never be a Mrs sb: (人の)人生にミセス・(人)なる女性が存在したためしはない
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 105
Besides, Mr Scranton,: それにね、ミスター・スクラントン
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 339
Oh, really, Mr Brenner, that's a silly, catch-all-: 冗談はよせ、ミスター・ブレナー、そういうあいまいな
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 330
a certain Mr John Marsh: ミスター・ジョン・マーシュなる仁
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 144
Mr Stranger Danger: 悪鬼
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
Mr Stranger Danger: 羅刹
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 247
Now, I just want to make sure, but it definitely was Mr Suguro?: でも念を押すけど、たしかに勝呂さんなのか
遠藤周作著 ゲッセル訳 『スキャンダル』(Scandal ) p. 20
Mr Brenner, you are borderline insubordinate and definitely pissing me off: ミスター・ブレナー、きみの態度は反抗の一歩手前であり、わたしを怒らせるに充分だ
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 207
Mrs Campbell is a doormat, and Ann Campbell tried to raise her consciousness: ミセス・キャンベルは主体性のない女で、アン・キャンベルは母親の意識を呼びさまそうとしていた
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 191
Mr Stiffy downstairs: 下のほうにいるミスター棍棒
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 173
Mr Fix-It: 相談相手
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 198
not a problem, my friend Mr sb: あ、気にしなくていいよ、〜くん
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 221
Good day, Mr Brenner, Ms Sunhill.: ご苦労だった、ミスター・ブレナー、ミズ・サンヒル
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 140
Mr Grand Manner: あーら、お偉いお方
フランク・マコート著 土屋政雄訳 『アンジェラの灰』(Angela's Ashes ) p. 156
Old Mrs Antolini's hair was full of those iron curler jobs,: 奥さんは頭にカールの金具をいっぱいくっつけていて、
サリンジャー著 野崎孝訳 『ライ麦畑でつかまえて』(The Catcher in the Rye ) p. 288
All right, Mr Knowitall,: わかったわ、地獄耳さん
ハメット著 小鷹信光訳 『赤い収穫』(Red Harvest ) p. 58
Mr Large and Reliable: 信頼できる大手筋
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 205
this rather unique likeness of the late Mr Presley: このプレスリー先生の晩年の肖像画、なかなかユニークにできてる
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 137
I'm sure you have some latitude, Mr Brenner: はみだしてもいい幅が少しはあるだろう、ミスター・ブレナー
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 237
Look, Mr Stern, this was an honest mistake: いいですか、スターンさん、あれは悪意のない間違いだったんです
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 76
Mr Man from Nowhere: 突然現れた正義の味方
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 114
So how'd you like Brian's Sandy Koufax card, Mr Rusk?: ねえラスクおじさん、ブライアンのもってるサンディ・コーファックスのカードどう思います?
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 102
Mr and Mrs ...: 〜のおじさんとおばさん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 288
MrBellboy: ベルボーイちゃん
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 75
Mrs ...: 〜の細君
E・ブロンテ著 大和資雄訳 『嵐が丘』(Wuthering Heights ) p. 72
Mrs ...: 〜のおばさん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 131
Mrs ...: 〜の奥さん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 158
all right, Mr A, I get the picture: だいたいのところはわかりましよ、Aさん
ダニング著 宮脇孝雄訳 『幻の特装本』(The Bookman's Wake ) p. 129
Mr Entwhistle prompted, oblivious of Miss Gilchrist's disappointments: エントウイッスル氏は、ミス・ギルクリストの失望を無視して話を促した
アガサ・クリスティー著 加島祥造訳 『葬儀を終えて』(After the Funeral ) p. 55
Mr Gaunt had offered to wrap her purchase for her, but Miss Ratcliffe refused, saying she wanted to hold it.: (人は、)手にもっていたいといって首を横にふった。
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 186
Oh, Mr T, how can I repay them?: おい、亀公、どうお礼をしたらよいものかね?
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 124
saintly Mrs Hilda: 聖女みたいなヒルダさん
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 100
That meant Mr Lindsay must have spotted him going out to the drop: ということは、リンゼイ先生は、受け渡し場所におもむいた彼を目撃したということだ
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 175
How could the chief surgeon ever tell saintly Mrs Hilda about it?: 聖女みたいなヒルダさんではまさか、部長も打明けられないわね
遠藤周作著 Gallagher訳 『海と毒薬』(The Sea and Poison ) p. 100
But you must have a theory or two, Mr Brenner: しかし、きみにもなんらかの説があるだろう、ミスター・ブレナー
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 133
The Reverend Mr Hunnings thinks he has the answers: かの聖なるハニングズ師はその答えを知っている気でいる
デミル著 上田公子訳 『ゴールド・コースト』(Gold Coast ) p. 37
No, Mr Brenner, it's not usually something so trivial: いや、ミスター・ブレナー、こういう場合は、ふつう、そうした些細なことではない
デミル著 上田公子訳 『将軍の娘』(The General's Daughter ) p. 248
Don't go to any trouble on my account, MrGaunt: ぼくのためだったら無理しないでください、ゴーントさん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 44
Mrs Washington: 善良なる市民
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 101
Well, I'll wish you a very good day, MrGaunt--: ではここで失礼します、ゴーントさん
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 63a
armrest:肘掛け
辞遊人辞書
the staccato drumroll in one’s chest: みじかくはげしいリズムを刻んでいた胸の動悸
スティーヴン・キング著 芝山幹郎訳 『ニードフル・シングス』(Needful Things ) p. 281
we are comrades: 同志ふたり
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 307
a time to remember fallen comrades: 斃れた同志をしのぶ日
クランシー著 村上博基訳 『容赦なく』(Without Remorse ) p. 120
She pulled him to her in a kind of gratified, comradely hug: 彼女は感謝のしるしともとれる一種の同志的な抱擁で彼を引き寄せ、
トゥロー著 上田公子訳 『立証責任』(The Burden of Proof ) p. 173
comradery:友情
辞遊人辞書
a steady drumroll of ...: 増加の一途をたどる
バーンバウム著 土屋京子訳 『EQ〜こころの知能指数』(Emotional Intelligence ) p. 6
Ura fervently performed the rite of Ukei on his comrade's behalf: 浦は同志のために一心に宇気比を立てた
三島由紀夫著 ギャラガー訳 『奔馬』(Runaway Horses ) p. 86
a comrade of high standards of integrity: 廉直の同志
ル・カレ著 村上博基訳 『スマイリーと仲間たち』(Smiley's People ) p. 368
I'm not sure how much longer I can last, Comrade Major: これじゃいつまでもつかわからんよ、同志少佐
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 323
be merely possible good comrade: よい戦友でしかない
ルーシー・モード・モンゴメリ著 村岡花子訳 『赤毛のアン』(Anne of Green Gables ) p. 402
a modern Nimrod: 旧約聖書に出てくる狩人、ニムロデの生まれ変り
メイル著 池央耿訳 『南仏プロヴァンスの12か月』(A Year in Provence ) p. 263
ramrod:陽根
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 136
stand ramrod straight: 身を強ばらせる
セーガン著 池央耿・高見浩訳 『コンタクト』(Contact ) p. 154
as straight as ramrod: 四角四面の堅苦しい人物
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『100万ドルを取り返せ』(Not a Penny More, Not a Penny Less ) p. 237
The Black Cat was a sleazy strip joint on a narrow side street off Hamra: 《ブラック・キャット》は、ハムラ通りからはいった狭い裏通りの、ストリップを見せる安酒場だった
イグネイシアス著 村上博基訳 『無邪気の報酬』(Agents of Innocence ) p. 120
True, Comrade Zaborski,: そのとおりだ、同志ザボールスキー
ジェフリー・アーチャー著 永井淳訳 『ロシア皇帝の密約』(A Matter of Honour ) p. 6