× Q 翻訳訳語辞典
HE shell   訳語クリック→類語、*例文 †出典


HE shell: 榴弾
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 248
wince and crawl back into one’s shell of nervous anticipation: 次第に萎縮してゆく
北杜夫著 デニス・キーン訳 『楡家の人びと』(The House of Nire ) p. 208
fire a couple of artillery shells into ...: 弾を二、三発、〜に撃ち込む
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 160
Blond Bombshell: ブロンドのすごい美女
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 256
find a way to drop a bombshell into the conversation: 会話の途中でびっくりするようなことを言いだす
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 101
a Blond Bombshell: ブロンドの豊満な女
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 82
shellfish-and-onion broth: タマネギと貝を塩ゆでにしたもの
北杜夫著 マッカーシー訳 『どくとるマンボウ航海記』(Doctor Manbo at Sea ) p. 101
the cockleshell that was the Ulysses: ユリシーズという小舟
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 149
little things made out of coquina shells: 貝殻でつくった小物
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 72
miserable yellowish eggshell lacquer: 貧乏たらしい黄白色のラッカー
トゥロー著 上田公子訳 『有罪答弁』(Pleading Guilty ) p. 287
an entirely different man inside the shell: 人物の外殻とまるで異なる中身
ル・カレ著 村上博基訳 『影の巡礼者』(The Secret Pilgrim ) p. 150
the violence of shell explosions: 砲弾が炸裂する轟音
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 51
play a shell game: 神出鬼没を演出する
ストール著 池央耿訳 『カッコウはコンピュータに卵を産む』(The Cuckoo's Egg ) p. 52
the half-shell of a hen’s egg: 半欠けの卵の殻
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 125
have grown too big, too many-sided, for that rigidly symmetrical shell: あの端正な形をした貝に再び納まるのには、余りに大きく、また多面的になり過ぎた
リンドバーグ夫人著 吉田健一訳 『海からの贈物』(Gift from the Sea ) p. 79
a mysterious Blond Bombshell: 神秘的な感じをただよわせたブロンドのすごい美女
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 256
risk one’s neck amid shot and shell: 弾雨に首をさらす
ル・カレ著 村上博基訳 『パーフェクト・スパイ』(A Perfect Spy ) p. 154
there it was in a nutshell: 要するにそういうことだ
フィールディング著 吉田利子訳 『秘密なら、言わないで』(Tell Me No Secret ) p. 55
say it in a nutshell: よくわかってんじゃない
カーヴァー著 村上春樹訳 『大聖堂』(Cathedral ) p. 181
in a nutshell: ずばりいわせてもらうけどね
タランティーノ著 芝山幹郎訳 『フォー・ルームス』(Four Rooms ) p. 29
in a nutshell: 要するに
村上春樹著 アルフレッド・バーンバウム訳 『羊をめぐる冒険』(A Wild Sheep Chase ) p. 44
in a nutshell: 要約すれば
レンデル著 小尾芙佐訳 『死を誘う暗号』(Talking to Strange Men ) p. 355
pump the odd shell among ...: 思いだしたように撃ってくる
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 239
two shells ricochet off the water: 二弾が水面をはね返る
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 336
a shell luminous from the pattern inside it: うち側のあやに光る貝殻
川端康成著 サイデンステッカー訳 『眠れる美女』(House of the Sleeping Beauties ) p. 128
impatiently shucking off its protective shell: それまで守ってくれた殻を苛立たしげに振り捨てる
フィールディング著 吉田利子訳 『わたしのかけらを、見つけて』(Missing Pieces ) p. 64
pump shells: 砲弾をあびせかける
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 478
the shells strike ...: 砲弾がつづけて〜に命中する
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 185
shatter like a walnut-shell: 胡桃の殻のように木っ端みじんにこわれる
ディケンズ著 中野好夫訳 『二都物語』(A Tale of Two Cities ) p. 51
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 337
shell each other: 互いに鉄砲玉を浴びせ合う
カズオ・イシグロ著 土屋政雄訳 『日の名残り』(The Remains of the Day ) p. 102
the first shell: 初弾
マクリーン著 村上博基訳 『女王陛下のユリシーズ号』(HMS Ulysses ) p. 185
be shell-shocked in World War I: 第一次世界大戦の後遺症に悩む
ヘプバーン著 芝山幹郎訳 『キャサリン・ヘプバーン自伝』(Me ) p. 273
shell-shocked sybarites: 神経のおかしくなった遊び人たち
グールド著 芝山幹郎訳 『カクテル』(Cocktail ) p. 9
be still shell-shocked: まだ、戦場のショックが消えていない
グループマン著 吉田利子訳 『毎日が贈りもの』(The Measure of Our Days ) p. 45
be shell-shocked: 一種のトラウマの状態にある
ギルモア著 村上春樹訳 『心臓を貫かれて』(Shot in the Heart ) p. 521
suggest the incessant shelling: ひっきりなしの爆撃を想起させる
プリンプトン著 芝山幹郎訳 『遠くからきた大リーガー』(The Curious Case of Sidd Finch ) p. 51
Well, didn't you just tell me your shell was green?: だって自分で緑だといったばかりじゃないか
ホフスタッター著 柳瀬尚紀訳 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』(G_del, Escher, Bach ) p. 190